スイングが安定しない?ゴルフのオーバースイングの4つの原因

オーバースイングは、飛距離が落ちる、スイングの軌道が安定しないなどのデメリットがあります。今回は、スイングの軌道がオーバースイングになる原因を4つまとめました。

飛距離を出す意識が強すぎる

飛距離を伸ばす意識が強すぎるとオーバースイングになる恐れがあります。飛距離を伸ばす意識が強すぎる場合、左手首は手の甲側に折れ、体をねじる動きではなく回転になってしまいます。そのため、オーバースイングになってしまいます。

また、飛距離を伸ばす意識が強すぎてテークバックを大きくとってしまい、ヘッドが頂点にあるトップを意識できなくなり、コンパクトなスイングではなく、脇が開いた腕だけの大振りなスイングになってしまいます。

ゴルフクラブの重さが自分と合っていない

ゴルフクラブの重さが自分と合っていない場合もオーバースイングの原因になってしまいます。重すぎるゴルフクラブは、トップの位置で手がゴルフクラブの重さに耐えられなくなることがあります。左手甲側に手首が折れることで、オーバースイングになってしまいます。重いゴルフクラブは、体全体を使ったスイングをすることができ、スイングが安定しますが、自分にとって重すぎるゴルフクラブはオーバースイングの原因になりやすいので、注意しましょう。

トップを意識しすぎてしまう

オーバースイングは、自分の理想のトップの位置へクラブを運ぼうとする、トップの意識を強く持つことが原因で起こります。トップとは、クラブが方向を変える瞬間のことをいいます。そのため、あるべきトップの位置はありません。

トップを意識しすぎることで、脇が開いてしまい、腕だけが単独で動くようなオーバースイングはダウンスイングでクラブが振り遅れるので注意が必要です。体に対して腕の運動量が多くなりスイングの軌道が安定せず、十分な飛距離も得ることができません。

バックスイング時に体がぶれるため

オーバースイングの原因の1つとして、バックスイング時に右に体がぶれてしまうことが挙げられます。右に体がぶれるのは、バックスイング時に体重を右足側に移動させようと意識しすぎてしまうのが原因です。

バックスイング時に頭が右に流れ、体の軸が右寄りになることを「スウェイ」といいます。スウェイはオーバースイングの原因だけでなく、ボールが右方向へいくスライスの原因にもなります。

今回紹介した4つの原因を確認し、オーバースイングではないコンパクトなスイングを心がけましょう!