握り方の1つ!ゴルフの「フィンガーグリップ」ってなに?

ゴルフのフィンガーグリップについての解説です。手のひらで握るタイプのパームグリップとは異なり、指でしっかりと握るタイプの持ち方ですが、それゆえに絶妙な力のコントロールが可能とされています。その利点をご紹介しています。

ゴルフクラブの握り方

ゴルフクラブと体を結ぶ唯一の場所、それはグリップです。体重移動や軸回転などはゴルフにとって大切な要素ではありますが、その体のパワーを伝える上でグリップは非常に重要です。握り方には様々あり、どれが適しているかは個人の身体的な特徴、生まれ持った体の使い方などで変わってくるため、一概にどれが一番いいかという話はできません。

要するに、自分に合った握り方を見つければよいのです。

数ある握り方の中で、ゴルフのフィンガーグリップとは、その名の通り指で握るタイプのグリップのことです。手のひらで握るタイプのパームグリップとは異なり、魅力はその自由度です。指は一本一本に力が入り、絶妙な力加減も可能にします。実際、ショットを曲げたり飛距離を出したりするにはフィンガーグリップが不可欠と感じているプレーヤーは少なくありません。

フィンガーグリップの利点

フィンガーグリップがなぜ有効かというと、まず手首の稼働域が広がるからです。手首のコックつまり、手首を曲げることをしなければスイングの速度を上げることも、ヘッドスピードを上げることも難しいと言えます。

上手く手首を曲げながらインパクトの瞬間ベストな角度でボールに当たるようにコントロールするのが理想です。手の平で握るタイプですと、この手首の自由がかなり奪われてしまい、手首のコックを利用してボールをヒットさせる事が難しくなると言われています。

フィンガーグリップの確認方法

フィンガーグリップでクラブを握っているのかどうかを確認するためには、まずはクラブをいつも通りに握ってみましょう。そこから右手を離し、クラブを添えるようにして左手も開いていきます。

この時、クラブのシャフトに左手の手のひらが当たっているのであればパームグリップ、左手の小指から中指にかけてシャフトが当たっているのならフィンガーグリップと言えます。

もしくは、もっと簡単な方法としてペットボトルを握った時にどこに力が入るかで、自分が自然と力を入れる場所、適性を判断する事ができます。

自分に合った握り方を

フィンガーグリップの利点は数多くあり、メジャーな握り方でもありますが、フィンガーグリップがいいのかパームグリップがいいのかという話になると意見はまとまらないでしょう。なぜなら、個々のプレーヤーたちが自分に合った握り方を見つけて、精度を上げて言っているからです。そもそも、ものを握る力の入れ方には個人差があります。体のどの部分を使って物を支え、コントロールするのかには個人差があるのです。

ですから、今パームグリップで思うように結果が出ていない方は、もしかすると体の本来の力を悪鬼する握り方はフィンガーグリップなのかもしれません。逆にフィンガーグリップなのに言われるほど利点を感じないという方は、体の力の伝え方としてはパームグリップのほうが適しているのかもしれません。

実際、フィンガーグリップだと器用に力が入り過ぎて、かえってスイングが安定しなくなってしまうという場合もありますし、手のひらで握るのでは手首が使えないので飛距離を伸ばすスイングが完成しない事もあるでしょう。いずれにしてもこうしたグリップの形を選ぶところからゴルフは始まっています。是非、思考錯誤しいろいろ試しながら自分に合った握り方を見つけていきましょう。