引っ掛けが出やすい?ゴルフでハンドアップに構えるメリットとは?

ハンドアップとはアドレスでクラブを構えた時にグリップの位置が基本の位置よりもやや下側にある状態を指す言葉です。

ハンドアップ気味にクラブを構えるとダウンスイングでクラブが鋭角かつ直線的に下りてくるのでスピン量が増えたり、結果的にヘッドスピードが速くなったりします。

スライスやシャンクダフリといったミスに悩んでいる方はややハンドアップに構えることでクラブが立った状態で下りてきやすくなるのでそういったミスが出にくくなることがあります。

今回はハンドアップが主なテーマです。ハンドアップに構えることでショットはどのように変化するのか、また具体的なハンドアップの構え方などについても色々な情報を皆さんにご紹介します。

クラブが遠回り?前傾角度とライ角がどうなった状態のことをハンドダウンっていうの?

ハンドアップとはアドレスで構えた時にクラブを構えた両手のグリップが自分にとって最適な位置よりも若干高い位置にある状態を指す言葉です。ハンドダウンにグリップを構えるとクラブがライ角通りに地面に接地しておらず、ヒール(クラブヘッドの底)が少し地面から浮いてしまうので、この浮き加減でハンドアップの度合いを測ることができます。

なお、ハンドアップの基準はソールが浮いているか否かという判断基準だけでなく、ソール(クラブヘッドの底)が地面に接地している場合でも真後ろから見たときにある程度、手元がある高い位置に収まっている場合もハンドアップになる場合もあります。

ちなみに、ハンドアップの逆の概念としてハンドダウンというものがあります。これはハンドアップとは逆に前傾角度が深めで、手元が最適な位置よりもやや下側におさまった状態のアドレスになっている状態を表す言葉です。このような構え方をすると通常はややトゥ(クラブヘッドの先端)が地面から少し浮く形になり、真後ろからクラブを見たときは明らかにクラブを吊って構えているように見えます。

どちらの構えも間違っているというものではなく、ボールをヘッドでいかに上手く捌いていこうかと色々と試した結果、自然とそのような構え方になっている人もいます。それで上手くいっているということであれば構え方を変える必要はありません。また、クラブのライ角調整を図ることでハンドアップな構えを道具の力でハンドダウン気味にすることはできますし、その逆も可能です。ただ、傾向として、ハンドアップやハンドダウンでアドレスした時のクラブのスイング軌道というのは、クラブが直線的に動かないため、テークバックやダウンスイングで遠回り動いてしまいます。

これはどういう意味かというと、例としてハンドダウンのケースを考えてみましょう。テークバックはややアップライトにヘッドが上がりますが、ダウンスイングではそのアップライトを修正するためにインサイドからクラブを降ろしてくる必要があるのでそのぶん、遠回しで降ろしてくる必要が出てます。

その反対に今度はハンドアップのケースを考えてみると、テークバックでクラブがアウトサイドに上がっていくため、今度はダダウンスイングでこれを引っ張りこむ動き、つまりはインサイドから入れていかないとボールは真っすぐ飛びませんから、結果的にクラブを遠回りに振らないといかなければなりません。

ハンドアップ、ハンドダウンなアドレスを作るための構え方のポイント

ハンドアップ、もしくはハンドダウンにアドレスで構える時には、まず首元の力感がとても重要になってきます。アマチュアの方に多いのは構えたときに両肩がぐっと上がるくらいに怒り肩になってしまうパターン。必要以上に両肩に力が入ってしまうとインパクトで詰まってしまう原因にもなるため、気をつけましょう。また、両肩に力を入れないようにするには背筋をピンと伸ばす感覚をもってアドレスに入ることも大切です。後ろからだれかにまっすぐにシャフトを立ててもらってしっかりそのシャフトに背中が当たっているような感覚で構えられるようになると、両肩の力感が抜けたいいアドレスを作ることができるようになります。ただし、このときに上体ばかり意識するのではなく下半身とくに両膝のクッションを使って体を上下動させてヘッドの高さを変えられるような練習をしておくと、多少ハンドアップ、もしくはハンドダウンにくらぶを構えてもブレない安定感のあるアドレスを作ることができます。

そのほか、ハンドアップ、ハンドダウンに構えたときには以下のポイントに注意すると良いショットにつながります。

【ハンドダウンの時】

前傾角度を深めにとった方がハンドダウンなアドレスはショットが上手くいきやすい。ハンドダウン派は両膝を必要以上に曲げたり、体重をつま先にかけすぎた状態でハンドダウンにするのはもっともNGパターン。重心の位置が足裏の真ん中にくるようにして構えると姿勢が前のめりにならずにすむ。

【ハンドアップの時】

ハンドアップ派のアドレスはグリップを指2本ぶん程度、短く握るのがおすすめ。短く握ることで自然な形で体とボールとの距離が近くなって、手元が高くなる。手元が高くなると両肩も自然に上がりやすく、首元のすわりが悪くなりすぎてしまうことがあるので無駄な力を排除して、スムーズなアドレスを作ることを心がけたい。

インパクトでハンドレイト?手元が詰まると手足が浮いてしまうのはなぜ?力が抜ける理由とは?

ハンドダウンとハンドアップと似たような概念としてハンドレイトというものがあります。これはダウンスイングで手元が遅れてきた結果、ボールを正面でとらえられなくなった結果、野球でいうところの「つまり」のような状態になる場合によくこのような表現をすることがあります。

手元が「つまる」状態になってしまうと、結果として腕や手元を振り切るだけの空間がなくなってしまうため、手足が浮いたり、力が抜けてクラブが手元から離れてしまったりします。このような現象が起こる原因のほとんどは下半身と上半身の動きのズレが原因であることがほとんどです。

上体の動きと下半身の動き、これが一定のリズムを刻むように体を動かしてあげれば、基本的には手元が「つまる」ということは起こりえません。そのような動きを修正するドリルとしては例えばクラブを短く握り、グリップエンドを「おへそ」につけたまま動かす素振りの練習や小さなボールを両腕の間に挟んで打つ方法など様々なドリルがあります。また、上体と下半身との同調などのテーマでインターネット検索すれば、専用の練習器具なども打っていますのでそういったものを試してみても良いかもしれません。

バンカーはハンドダウンで打った方が良いってホント?

バンカーショットは様々な打ち方のテクニックがありますが、フェースを開いてややアウトサイドにテークバックに上げてスタンスなりにクラブを振り抜いていく打ち方で脱出をはかる場合はハンドダウンに構えた方がバンカーショットは上手くいきます。

よく、練習場などではボールの近くに立ちクラブをハンドアップで構えてしまう人がいますがこれはNGです。ハンドアップが強すぎると、テークバックでフェース面が開きにくくなり、フェースを開いたままの状態でクラブを振ろうとしても、インパクトでクラブが閉じ気味に下りてきてしまいます。

バンカーショットを打つ時は目標方向よりもやや右に構えた状態でクラブをややハンドダウンに構えて、どっしり腰を落とた状態からクラブを遠く放り投げるようにアウトサイドに振り上げます。こうすることで、フェース面が真上に向くように上がりフェース面が開いたまま、アップライトにクラブを振り上げ、アウトサイドからスッパリとボールを切るように打っていくことが可能になります。

ハンドダウンは引っ掛けが出やすい?

冒頭でもお話しました通り、ハンドダウンという構え方はソール(クラブヘッドの底)がフラットな状態で接地しておらず、ややトゥが少し浮いた状態になりやすい構え方になります。クラブがヘッドというのはトゥが浮いてくるとヘッドが閉じやすくなるため、当然ですがこの状態で打ったボールというのは左に飛びやすくなります。

これは、つま先上がりの状況を想定すると非常に分かりやすいのですが、つま先が上がった状態のアドレスはやや手元が体の近くに来ているので打ち出しからボールが左に飛んでいきやすいですよね。これと全く同じことがハンドダウンに構えたときには起きている訳です。

逆にハンドアップに構えたときにはどうなるかというと今度はトゥが下を向いてヒールが浮いた状態のアドレスになりやすいのでこのようなセットアップではフェース面はやや右を向いた状態のインパクトでボールは打ち出しから右に飛んでいきやすくなります。

ハンドダウンは確かに右利きであれば、確かに左方向への引っ掛けが出やすい構え方ではありますが、ダウンスイングの軌道がややインサイドアウト気味でクラブが寝て入ってきやすいゴルファーはインパクトでライがフラットになるため、ややハンドダウンにアドレスした場合でも真っすぐボール飛んでいくこともあります。

ただ、これはあくまで自分のスイング特性を知っている人が取り入れているテクニックなので特にそういう理由がない人がハンドアップに構えると確かに左にばかりボールが飛んでいくことに悩んでしまうことになるでしょう。どうしても気になるようであれば、フラット構え方に直した方が良いかもしれません。

ドライバーやフェアウェイウッドはハンドアップが良いってホント?

ここまではハンドダウン、ハンドアップについて色々な話をさせていただきましたが、ドライバーやフェアウェイウッドの場合、どんな構え方をした方がボールは真っすぐに飛ぶのかということを考えると結論としてはややハンドダウン気味に構えた方がボールは真っすぐ飛びます。この傾向は特に欧米人よりも背が低く、座高もそれほど高くない日本人の方が顕著で長いクラブをよりフラットなスイング軌道に乗せて打っていこうとすると自然とハンドアップな構えになります。

具体的にどれくらいハンドアップに構えた方が良いかというと、ドライバーであれば、だいたいトゥ(クラブヘッドの先端)の真下に10円玉が1枚か2枚くらい入るくらいにヘッドのソールが浮いているように構えれば、ダウンスイングでドライバーがずっとフラットな角度で入ってくるようになります。

もし逆にドライバーでボールのつかまりが悪いと感じる場合はヒールではなく逆にソール(ヘッドの先端)の真下に10円玉が1枚か2枚くらい入るぐらいヒールを浮かして構えることでボールのつかまりが良くなり、ボールが右に飛びにくくなります。

今回はハンドアップをテーマに色々な話をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?ハンドアップやハンドダウンは一見、間違った構え方のように見なされてしまいがちですが、考え方によっては自分のスイング特性に合わせて取り入れることで今よりももっと良いパフォーマンスを発揮できるようになることがあります。もし、今のスイングに悩んでいるという方は是非、ご自身のスイングに取り入れてみてはいかがでしょうか?