初心者必見!ゴルフのハンドファーストってなに?

ハンドファーストをすることで、飛距離が伸びる、ボールに方向性を持たせることができます。今回はゴルフの動作の1つである、ハンドファーストについてまとめました。

ハンドファーストってなに?

ハンドファーストとは、ボールより手が目標方向にある状態のことです。ハンドファーストでボールを当てる瞬間であるインパクトをすることで、飛距離が落ちてしまうダフリなどのミスをなくすことができます。また、ボールに方向性を持たせることができ、狙った方向へボールを運ぶことができます。ハンドファーストの度合いはクラブのシャフトが短くなるほど強まります。

アイアンやウェッジなどの上から下に打ち込むダウンブローの軌道は、ハンドファーストができていなければ上手くできません。アイアンでは、ハンドファーストを意識してスイングしましょう。

ハンドファーストができない原因

ハンドファーストができない原因は、インパクトのタイミングが早くすくい打ちになってしまうことが挙げられます。すくい打ちは、多くのミスショットの原因になります。すくい打ちになる原因の1つで、ボールを捕まえたいという、飛距離を出したいという意識を強く持ってしまうことです。意識しすぎてしまうと、右手を押し込むような動きになり、ハンドファーストでインパクトを迎えることができなくなります。

また、左脇が空いてしまい、右サイドに体重が残りクラブが寝てしまうことも原因の1つです。

ハンドファーストの注意点

正しい形でハンドファーストができた場合、力強いボールを真っ直ぐ飛ばすことができます。ハンドファーストを意識しすぎてしまうと、正しい位置でアドレスができなくなる、ボールに当てることができなくなります。その結果ボールが引っかかってしまい、右曲がりのスライスや左曲がりのフックなどのミスショットにつながります。

ボールの軌道がフックになる場合、正面からインパクトを見たとき、左太ももの前から左サイドにグリップの端があるのが正しい位置なので意識しましょう。

スライスになる場合、振り遅れが原因なので、ダウンスイングでの左脇の動きを修正するのが効果的です。

ハンドファーストの練習方法

ハンドファーストの練習方法は、ゆっくりとしたスイングを心がけてやりましょう。普通のスイングだとバックスイングや切り返しなど、様々なポイントが出てくるので、あまりスイングをしないアプローチショットで練習をしましょう。

ボールを普段通り体の中央付近に起き、左肩・左手・ヘッドが一直線になるように構えます。スイングするときは、肩で回転する意識でします。また、左足に体重を載せながら練習をしましょう。

ハンドファーストはスイングで重要な動作の1つです。今回紹介したポイントを確認しながらスイングしてみては?