こっそり上達しよう!自宅でのゴルフの効率的な練習方法とは

ゴルフの練習といっても打ちっぱなしやコースに出る必要はありません。練習方法の中には自宅でできることもたくさんあります。今回は自宅でできる練習方法についてまとめました。

基本はやっぱり素振り?スイングの反復練習の大切さ

自宅で練習するならば、やはり基本かつ最重要である素振りでしょう。自分のスイングを確立してこそコンスタントにナイスショットが打てるようになります。芝の上とは感覚が違うかもしれませんが、フォームを固めてスイングスピードを上げることで飛距離の向上にもつながり、ゴルフスイングに使う筋肉を鍛えることもできます。スイングをするときに理想のスイングやコース上にいる自分をイメージしてみることも重要です。

パターマットを購入して地道なパッティング練習

ゴルフで難しいのは、プレッシャーのかかる場面のパッティングです。その練習方法として有効なのは、パターマットを使った練習でしょう。スイングと違ってパッティングは素振りをしても感覚をつかむことが難しいので、とにかくまっすぐ転がすことと力加減を体得するまで地道に練習することが求められます。パターマットであればそれほど場所も取らないので、家の部屋などで練習することができるかもしれません。こっそり上達するにはうってつけの方法です。

身近な道具を使ってグリップの練習

傘でゴルフのスイングのまねをする方を見たことはありませんか?あれも実は練習になるのです。とはいっても、スイングではなくグリップの確認です。安定したスイングには適切なグリップが欠かせませんので、なんとなくではない自分の型を作る必要があります。練習といっても気張ることはなく、握りを確認する程度でもいいでしょう。傘の柄は太さもちょうどいいくらいの場合が多いため、グリップの確認にはもってこいです。他に似た感覚を持てる道具が身近にあればそれを使うのもよいでしょう。

プロの試合をみてイメージトレーニング

小さい頃、憧れの人になりきったことがある方はきっといることでしょう。憧れの人を見てイメージを膨らませるのも練習です。特にゴルフの場合、テレビで放送されることも多いので、自分だったらどのように打つだろう、どんなプレッシャーや心配があるだろうかなど、できるだけリアルにイメージしながら観戦することで実際のプレーに役立てることができます。ゴルフはメンタルのスポーツでもあるので、イメージトレーニングによる精神強化は有効な練習方法です。

今回紹介した練習をし、少しでもうまくなって、ゴルフの楽しさをより深く知るためにできることから始めてみませんか?