ゴルフのアイアンでひっかけてしまう原因と解消方法について

アイアンでひっかけることはゴルフをする中で良くあることですが、正しいスイングをすれば克服できます。今回はアイアンでひっかけてしまう原因と改善策についてまとめました。

原因はアウトサイドインのスイング?

ゴルフで重要なアプローチですが、アイアンで打つときにひっかけてしまうことはありませんか?その原因はスイングの軌道がアウトサイドインになっていることが考えられます。スイングが外から中に入るのでフォロースルーがやや窮屈になるのがアウトサイドインスイングの特徴です。アイアンで打つと打球が思ったように飛ばせないと悩んでいる方は一度自分のスイングを他の人に見てもらい、フォロースルーの感覚を確かめてみると良いでしょう。

インパクト時のフェースが閉じている?

アイアンのひっかけにはスイング軌道の他にインパクト時のフェースも関係してきます。ひっかけてしまうとき、インパクト時のフェースは閉じた状態になっています。そのため打球は打ち出しから左方向に飛んでいくのです。フェースが閉じる原因として、スイングが手打ちになってしまっており、右手の力が強くかかっていることが考えられます。また、ひっかけるのが怖いあまりスタンスがクローズになってしまっている場合もフェースが閉じた状態のインパクトに繋がります。

引っ掛けを解消する対処方法

ひっかけを防ぐには、スイングの軌道とインパクトに注意しましょう。まず、アウトサイドインを防ぐために、左手はなるべく体から離す意識でスイングをすることです。そしてフォロースルーの際に腕をなるべく高く上げるようにすることで腕が体に巻きつくのを防ぎます。インパクトについては手打ちを防ぐために力を抜き、きちんと体の回転を意識したスイングを心掛けましょう。もしアプローチで飛距離が不安な場合、思い切ってクラブを1つあげてみるのも力を入れすぎないためにはいいかもしれません。

引っ掛けを解消する練習方法

ひっかけを防ぐ練習は、ボールを打つ前にインパクトの形を準備して、その形をなぞるようにスイングを繰り返すのが良いです。その際には腕の力は極力抜き、回転によるスイングを徹底的に意識するようにしましょう。また、感覚をつかむためにボールの位置に何か物を置き、それを捉える練習を繰り返すのも有効です。こうすることで、腕でボールを捉えるのではなく、回転の中でボールをインパクトする感覚を体得することができます。

正確なアプローチがゴルフのスコア向上に繋がりますので、練習から気をつけてみてください。