自分のスイングは合っている?ゴルフのアイアンのスイング軌道

アイアンのスイングはドライバーと違い、振り下ろすようなスイングです。ミスショットが続いてしまう場合、意識を変えることで改善できます。今回はゴルフのアイアンのスイング軌道をまとめました。

アイアンのスイング軌道はダウンブロー

アイアンのスイング軌道は、クラブを振り下ろして打つダウンブローで、ボールを捉えることにより、高弾道のボールを打つことができます。ボールが高く打ち上がってしまう、飛距離が思っているほど伸びないミスショットは、振り上げて打つアッパーブローになっている恐れがあります。

ダウンブローでボールを打つことによって、クラブがボールの下に潜り込み、ボールにバックスピンがかかります。バックスピンのかかったボールは空気に当たることによって浮力が加わり高弾道のボールになります。

ダウンブローを意識しすぎないのがコツ

アイアンのミート率(ボールに効率良くエネルギーを当てる指標)が悪い、ボールが思っているよりも上がらないと悩んでいる人は、ダウンブローを意識しすぎてしまっている恐れがあります。ダウンブローの意識が強すぎると打ち込みすぎて、ボールに上手く当たらないことがあります。

無理に上からボール叩きにいくと、頭と手首がボールより前に動きます。頭の位置がずれることでスイングが不安定になり、ボールが上がりにくくなってしまいます。

インパクトまで頭の位置をボールの後方にキープすることによって改善されます。

アドレスに注目

打つために構えるアドレスでは、体重のかけ方に注目しましょう。アイアンはドライバーと違い、シャフトが短くヘッドがボールに当たる時間は短いです。そのため、スムーズに体重移動をするために、アドレス時から体重は左足にかけておきましょう。慣れていないうちは、体重を左足にかけると、体の重心まで左にかかってしまうので注意しましょう。下半身は左側、上半身は右側に体重をかけることによって、バランスが取れた重心になります。

スイングの精度を上げるには?

スイングの精度を上げるには、スローモーションでクラブを振り、ボールを打つ練習がおすすめです。スイングの大きさはフルショットです。ヘッドスピードを上げる意識は持たずにボールを打つことがコツです。

スイング中は、自分なりにクラブがどのような軌道で上がって降りてくるのかを確認しましょう。アイアンの理想のスイングはバックスイングとダウンスイングで同じ軌道をクラブが通ることです。

今回紹介したアイアンのスイングを元にして、練習してみてはいかが?