水平移動で飛距離アップ!?ゴルフのスイングで意識すべき左肩の4つのポイント

練習場でひっかけや極端なスライスが良く出るという悩みを抱えているという方は多いのではないでしょうか。そんな貴方はもしかすると左肩の使い方が間違っていているのかもしれません。左肩の使い方が良く分かってくるとスイング軌道が良くなり、ボールに対するミート率も向上するため、方向性の安定化や飛距離の大幅なアップが期待できます。今回はゴルフのスイングで意識すべき左肩の使い方4つのポイントをご紹介します。

そもそもゴルフスイングで左肩を意識するって何なの?

練習場やコースでプレーしているお客さん同士の会話に耳を傾けると「あ~。なんか左肩が開いちゃったよ。」とか「テークバックで左肩がしっかり回っていないよ」なんて会話をよく耳にすることがあります。ということは左肩の使い方を変えるだけで何らかの効果が期待できることは確かな事実のようです。

しかし、私は左肩の使い方を考えなけらばならない理由はもっと大枠で考える必要があると考えています。例えば、左肩がダウンスイングで大きく右を向けた状態でスイングしたら、どんな球が出るでしょうか?おそらく放たれたボールというのは初めか右方向に飛び出すでしょう。これは逆方向の場合でも同じことが言えます。インパクトで左肩が大きく左を向いた状態だとボールは左方向にしか飛ばなくなってしまうのです。

ここまでお話すれば、もうどんなことなのかは理解できている人も多いと思いますが、実はインパクト時の左肩の向きというのは直接ボールが飛ぶ方向に影響が出るということなのです。従って、ボールを高く上げようと思えば、左肩を少し上げて、右肩を少し下げた状態でアドレスすれば、ボールは自然と高く上がってくれます。また、低く出そうと思うのであれば、逆に左肩を下げて構えれば良いということになります。

私がここで述べたいのは左肩の向きというのがゴルフスイングにおいてのいわゆる舵取りのような役目を果たしているということをまずは知っておいてもらいたいのです。

アドレスの時点で意識すべき左肩の正しい使い方

コースでラウンドしている最中など、まずは後方からラインを確認して目標を決め、クラブを構えてアドレスすると思います。でもこのアドレスの時点で上級者はそのゴルファーが左肩をどのように使っているかを見抜くことができるそうです。

アドレスで意識すべき左肩のポイントはまず左肩の向きです。これは目標方向に対して平行に左右のスタンスは平行に立てていることが前提になりますが、このスタンスラインに対して両肩のライン、つまりは自分から見て左肩のラインがどこを向いているのかをしっかりチェックしておくことが大切です。

これは別にラインに対してしっかり平行に合わせて立つことが大切だと言っている訳ではなく、左肩をどのような方向に向けて打って、実際にどんな球筋のボールが出たのかをしっかり把握しながら、ボールを打ってもらいたいのです。こうすることで自分の打ちたい弾道の球筋の打つためには左肩をどのような方向に向けてアドレスすればいいかを勉強することができます。実際の現場では感覚だけが頼りになりますので練習場で向きや角度というものを感覚的に覚えておくことがドローやフェードの打ち分けといってもう少しレベルの高い話につなげていくための布石となります。

テークバックでスイングを始動する時の左肩の正しい使い方

次にテークバック時の左肩の使い方の解説ですが、これに関しては皆さんも知っていることが多いのではないかと思います。

まず、テークバック時の左肩というのは上体と下半身との捻転差を作るためにアドレスで右肩があった位置くらいまでは「グイっと」始動の段階で持っていくくらいの意識で平行に回す必要があります。

このとき、下半身にも大きな負荷がかかるためにアドレスと同じ状態のスタンスをキープしたまま上体だけを無理にねじって左肩を回そうとする人がいますが、若い方ならまだしも、年配者は無理をせず回らない時は下半身にも少しくらいのねじりを入れて肩を回した方が良いでしょう。

ただし、年配者であろうと若い方だろうとここでひとつ気を付けなければならないことがあります。それは左肩というよりかは下半身の使い方です。

テークバックで左肩を意識するあまり、本来なら受け止めなければならない体重を右膝が割れて、流れてしまって横にスエーしてしまった状態でボールを打っている人をたまに見かけます。しかし、これでは捻転のパワーが全く使えなくなってしまうのでこのようなスイングになってしまっている人はすぐにやめるようにしてください。

テークバック時の体重は右股関節に乗せるようにと良く言われことがありますが、右股関節に上手く体重を乗せるためには右太ももでしっかり体重を受け止める必要があります。また右利きゴルファーであれば、この段階で少し左ひざを右太ももの内側に入れるくらい少し内旋させてあげると、テークバックで右股関節に体重がより乗りやすくなります。

ダウンスイング時の左肩の正しい使い方

ダウンスイング時の左肩というのは本来ならば、右肩の動きと連動しているので一緒に考える必要があるのですが、まず両肩というのは平行に動かす必要があります。これは皆さん理解できている方が多いのではないでしょうか。

しかし、ゴルフスイングにおける平行というのは単に真っすぐのラインを方が平行移動する訳ではないいうことを知っておいてください。ゴルフのアドレスというのは皆さんご承知の通り、構えた時に少し前傾角度がついていますよね。

この前傾角度というものを無視して平行に肩を回すことはできないのです。したがって、ゴルフスイングにおける肩の平行移動というのは野球のバット振りのような真横方向への水平移動でありません。前方から見たときにダウンスイング少しだけ右肩が下がっているように見えるのが正解です。こうなると平行に左肩を回そうとすると左肩もフォローでは少し下がって見えるくらいがちょうどいいということになります。

身長の個人差などもありますので低身長の人がダウンスイングで右肩が大きく下がるのは一概に良いスイングだとは言えませんが、前傾角度の影響で少し下がって見えるくらいが実は平行であるということは知っておいて損はないでしょう。

インパクト時の左肩の正しい使い方

冒頭でもお話しました通り、インパクト時の左肩の向きでゴルフというスポーツはボールの飛ぶ向きが変わってしまいます。そのため、インパクト時の左肩というのは目標方向に対して真っすぐ向いているのが理想であると思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は左肩を真っすぐ向けた状態でボールを打とうとしてもボールは真っすぐ飛んでくれません。だけど右利きであれば、左肩を少し右側をむけた状態でボールを打とう、クラブを振り抜いてやろうと思うと自然とボールは真っすぐ飛んでくれます。不思議なものですよね。

ではなぜ少し右を向けたぐらいがちょうど良いかというと答えは下半身にあります。ゴルフは上体を使ってボールを打つスポーツなので下半身の動きはあまり意識しない人が多いかもしれませんが、下半身は上体よりも常に先行して回転しているので左肩がどうしてもインパクトで遅れてしまうのです。

そのため、自分では少し右を向きすぎていると感じてもインパクトでは高速に動く下半身のおかげでつじつまが合ってしまうのです。ですから、インパクトでの左肩は「少し右を向けて打っている状態」がベストなインパクトということになります。

フィニッシュ時の左肩の使い方

フィニッシュまでクラブを振ってしまえば、何もすることがなく左肩はただ惰性に合わせて収まるべきところに収めれば良いと考えるゴルファーも多いかもしれません。でも実はフィニッシュの時の左肩をどのようなポジションに収めてあげるかというのは意外と重要なチェックポイントだったりします。

冒頭でもお伝えした通り、左肩の向きはボールの方向性や高さを決めると言いました。そう考えるとフィニッシュで左肩が高い位置に収まっていれば、当然上手くいっていれば、高弾道の球筋になっているでしょうし、低弾道の球筋なのであれば、フィニッシュ時の左肩は低い位置に収まっていることが考えられます。

また、フィニッシュ時の左肩というのはなるべくしっかりと回転させてあげることが肝心だと私自身は考えています。アイアンやウェッジなど短いクラブであれば、中途半端なフィニッシュになってしまうことは多々ありますが、ドライバーやロングアイアンなどある程度のヘッドスピードがないと飛ばないような長尺クラブを使う時はそうではありません。しっかり左肩を回して、全体重が左足に乗るくらいのフィニッシュで振り切ることを意識した方がきっと良い結果が得られるでしょう。

ゴルフがもっと上達したいと思うのであれば、今回解説したポイントを元にプロや上級者の左肩の使い方を動画等でチェックしてみて下さい。きっと新たな発見が色々と見つかるはずです。是非試してみて下さい。