ミスにつながる?ゴルフの「アップライト」ってなに?

ゴルフのスイングには縦振りの「アップライト」と横振りの「フラットスイング」があります。アップライトはアウトサイドインになりやすく、スライスが出やすいです。今回はアップライトを解説しました。

「アップライト」と「フラットスイング」

ゴルフのスイングは「アップライト」と「フラットスイング」に分けられます。アップライトは「縦振り」のスイングで、クラブヘッドが振り子のように縦に半円を描くスイング軌道です。一方フラットスイングは「横振り」のスイングで、真上から見て半円を描くようなスイング軌道です。

一般的に、身長の高い人は前傾角度が大きくなり上半身が倒れがちなのでアップライトのスイングになり、身長の低い人はフラットスイングになりがちです。アップライトのスイングは、フラットスイングに比べ体重移動の力を多く使いボールを打ちます。

アップライトではスライスが出やすい

アップライトのスイングはスライス(意図せずボールが右に飛ぶミスショット)が出やすいです。縦にゴルフクラブを振り上げるため、トップ(振り上げきったところ)でグリップの位置が高くなり、ダウンスイング(振り下ろし)はアウトサイドインのスイング軌道になります。アウトサイドインはボールに右回転がかかりやすく、スライスにつながります。

特にドライバーをアップライトで打つと、シャフトが長いためアウトサイドインの軌道が大きくなり、スライスにつながりやすいです。

アップライトはインパクトゾーンが長い

アップライトのスイングはボールを正面から捉えられる区間「インパクトゾーン」がフラットスイングに比べて長く、ボールの方向性がいいです。

スイングを真上から見たとき、飛球線(ボールと目標地点を結んだ線)とスイング軌道が交わる場所がインパクトゾーンです。フラットスイングは真上から見て円に近いスイング軌道を描くのに対して、アップライトは長い楕円のようなスイング軌道を描くためインパクトゾーンが伸びます。

インパクトゾーンの長さがアップライトのスイングのメリットです。

ドライバーのスライスを直すには?

ドライバーでアップライトのスイングが原因でスライスが多い場合、フラットスイングを意識することでスライスを減らせます。

練習場などでボールを打つ際、頭のすぐ上に天井があるイメージで練習するとフラットスイングが身につきます。バックスイングもフォロースルーも天井に当たらないように振ることでトップ時のグリップの上げ過ぎを防ぎ、アップライトを防げます。

スライスに悩む初心者も多いのではないでしょうか?アップライトのスイングはスライスの原因の1つです。アップライトのスイングにはインパクトゾーンが長いという利点はありますが、ドライバーでのスイングには向いていません。スライスが多い人は、一度自分のスイングがアップライトかフラットスイングか確かめてみてはいかがでしょうか?