徹底比較!ゴルフの正しいフォームとダメなフォーム

ゴルフのスイングは正しいフォームを身に着け、毎回正しいフォームで打つことでスコアが安定します。今回はスイングを動作ごとに分け、正しいフォームとダメなフォームを比較しました。

アドレス

アドレス(構え)が間違っているとゴルフのスイングは上手くいきません。グリップ(ゴルフクラブの握り方)、スタンス(アドレス時の足の配置)、前傾姿勢の3つの要素をチェックすることで正しいアドレスになります。

・正しいアドレス

構えた時にフェース(ゴルフクラブのボールに当たる面)がボールに対して正面になるように構えます。グリップは「スクエアグリップ」にし、スタンスは「スクエアスタンス」に構えます。背中をまっすぐにし、股関節から上半身を前に倒して前傾姿勢を作ります。

・ダメなアドレス

グリップが極端な「ウィークグリップ」や「ストロンググリップ」になるとフェースが正面を向かないため、スライスやフックなどのミスショットにつながります。またスタンスが目標方向から逸れると、ボールが意図しない方向に飛びます。

背中が丸まるとうまく前傾姿勢が作れず、手打ちのスイングにつながります。手打ちのスイングはスイング軌道がぶれやすく、力も入りにくいため様々なミスショットの原因です。

バックスイング

バックスイング(振り上げ)は、スイングの勢いをつけるために必要です。バックスイングでは下半身を固定し上半身を回転させることで体を捻転させ、スイングの溜めを作ります。

・正しいバックスイング

下半身が動かず、上半身の回転で振り上げ、早い時点でリストコックするバックスイングが理想的です。

・ダメなバックスイング

肩の回転と合わせて腰が回転すると、下半身が不安定になり、スイングの軸がぶれミスショットにつながります。また肩の回転ではなく腕の力でゴルフクラブを振り上げると、スイングの形が崩れ手打ちのスイングとなります。

ダウンスイング

正しいダウンスイング(振り下ろし)ができれば、ゴルフクラブの芯であるスウィートスポットでボールを捉えやすくなり、ボールの方向性と飛距離がともに高まります。

・正しいダウンスイング

ダウンスイング開始直後は手首を固定したまま振り下ろし、インパクト(クラブヘッドがボールを捉える瞬間)時にアンコック(手首の固定を解除すること)します。また左足を踏み込むことで、右足から左足に体重移動させます。

・ダメなダウンスイング

体重移動に失敗しリバースピボットとなっている場合、体の回転より手が先に動いている場合などは手打ちになります。また早い時点でアンコックすると、すくい打ちになりダフリなどのミスショットにつながります。

フォロースルー~フィニッシュ

正しいフォロースルーとフィニッシュを意識することで、インパクトが安定し、ボールの方向性が高まります。

・正しいフォロースルー~フィニッシュ

正しいフォロースルーは左肘が伸び、スイングの遠心力を利用して振り抜きます。左肘が伸びきっており、へそが目標方向を向くまで腰が回転し、自然とフィニッシュにつながるフォロースルーが理想的です。

・ダメなフォロースルー~フィニッシュ

フォロースルーで肘が曲がると、遠心力が使えず、フィニッシュが不格好になります。また腰が回っていないと、右腕が左腕に届かなくなりフィニッシュが崩れます。フィニッシュが崩れるようなスイングでは、スイングが安定せず、打つたびにボールが違う方向に飛んでしまいます。

ゴルフでは毎回のスイングを正しいフォームで打つことが理想です。ダメなフォームから、偶然ナイスショットが出ても、意図的に出せない限りスコアは安定しません。正しいフォームで打つ癖をつけることで、スコアを安定させられます。