パターの握り方の1つゴルフの「スプリット・ハンドグリップ」ってなに?

スプリット・ハンドグリップってなにと思った方は、まずは体験してみると面白いです。違和感はありますがスイングの理論を体で感じる事ができます。スプリット・ハンドグリップでパター以外のアイアンやドライバーを打つという練習方法もあります。初心者から上級者まであらゆるスイングを見直す方法のひとつとしてスプリット・ハンドグリップを試してみてはいかがでしょうか?

スプリット・ハンドグリップとは?

スイングが安定しない時は練習でさまざまな問題点を解決して改善していく必要がありますが、どうしても自分のゴルフが上手くいかない理由が分からない時ってありますよね。

そんな時はゴルフ場や練習場でゴルフレッスンを利用する方法もありますが、まずは手軽に自分自身で修正できるドリルをを試してみてもいいかもしれません。

例えばグリップの握り方には様々なパターンがありますが、そういった握り方のひとつとしてスプリット・ハンドグリップというグリップの握り方があります。

試したことがないという方は一度この握り方を試してみてください。またスプリット・ハンドグリップってそもそもなに?という方もぜひ一度チャレンジしてみてください。通常のグリップとのその違いに驚き、同時に様々な自分のスイングの欠点を見つけることでしょう。そういった体験はゴルフ上達にはとても大切な経験です。こういった感覚に気付いた時、時として人は一種の面白さを感じることがあります。

説明はこれくらいにして早速グリップを握っていきましょう。スプリット・ハンドグリップの握り方は実は非常にシンプルです。通常のグリップは利き手とは反対の手にグローブをはめてグリップを握り、その手に利き手を被せるようにグリップします。これは右利きであれば右手を上、左手が下にくる位置でグリップするということを意味します。これは野球のグリップの握り方と同じですね。では、どうやって握るかというとこの手のポジションを上下逆に握ります。

つまり右利きであれば左手が下、右手が上に来るようにグリップを握れば、スプリット・ハンドグリップは完成します。いわゆる通常のグリップでは利き手とは反対の手のグリップの小指を利き手の小指と絡めるか、被せるか、それとも完全に離して握るか。そういったことでオーバーラッピングだとかインターロッキング、ベースボールなど色々な握り方を区別します。

しかし、スプリット・ハンドグリップはこういった握り方とは別物の感覚を手元で味わうことができます。単純な話、いわゆるクラブを逆手で握って操作する時と同じような感覚でグリップ&スイングしてみようというのがこの握り方の面白いところです。

このグリップを試すことでゴルファーはどんな気付きを得られるのか。実際にやってみた人だけが味わえる感覚ではありますが、例えば自分の様々なスイングの癖を修正することができたり、上体や指先の動きを制限する感覚でクラブを振れるようになり、インパクト時の再現性アップなどを図ることが可能です。なにはともあれ、まずは試してみることをおすすめします。

スプリット・ハンドグリップで分かることは?

まずスプリット・ハンドグリップでクラブを握る際は両手を思いっきり離した状態でグリップしてみてください。両手を離すことで今までは密着させて振っていたクラブが急に操作しづらくなり、右手と左手のそれぞれの手が果たす役割というのがよりわかりやすくなる。そういう点で多くの方が最初は違和感を覚えることになるでしょう。しかし、この違和感こそがこの握りの持ち味であり、効果的な練習が期待できるのです。

ゴルフを長年続けていると無意識に腕や体で覚えてしまった不必要なクセがついてきてしまいます。これは体のバランスだったり力の違いによって一人一人の体の特徴というのは違いがありますので振りやすい振り方をすれば、ゴルフスイングにおいては良くない動き、悪い動きというのは自然に覚えてしまうものです。ただ、そういった悪いクセに気づき、積極的に修正を図っていこうというゴルファーとそのまま怠けてしまうゴルファーとの間には上達のスピードに明らかな違いが出てきます。

右利きのゴルファーはどうしても左手より右手が器用なため、インパクトでフェース面をコントロールしようとなると、どうしても右手の人差し指や親指に力が入ってしまいます。これではダウンスイングの軌道はアウトサイドイン軌道でクラブが降りてきますのでボールは真っ直ぐ飛びません。ところが逆手であるスプリット・ハンドグリップでクラブを握るといつものように右手でボールを強く押し込むことができなくなるので結果的にダウンスイングがオンプレーン軌道に戻り、インパクトが安定して結果的にストレートボールが出やすくなります。

この感覚を覚えてしまえば、あとは簡単です。利き腕がいかに自分自身のスイングの邪魔をしているのかさえ分かってしまえばスプリット・ハンドグリップで練習することの意味は理解したも同然なので繰り返し打ち続けることで右腕の力はどんどん抜けていき、右手に頼った手打ちスイングはどんどん修正されていきます。ゴルフスイングは左手はスイングをした時にコントロールをする為に使い、右手は強弱をつけるために使うのが正解です。ただ使いすぎは禁物です。

パター以外でもスプリット・ハンドグリップ

スプリット・ハンドグリップについて、ここまで色々な話をしてきましたが、実は右手の力感を制御する効果と同時にもう一つ、肩の開きを抑える効果があります。これは実際にパッティングなどで試してみると分かりやすいのですが、スプリット・ハンドグリップでパターを握りでボールを打つと打ち出しが目標方向よりも右側、左利きのひとであれば左側に打ち出しやすくなります。

これはボールを打つ際の肩の開きが抑えられやすくなった結果、インサイドアウトの軌道でボールをコントロールしやすくなるからで思っている以上にボールは真っ直ぐ勢いのある回転で転がっていきます。

野球のピッチャーがボールをマウンドに投げ込むように目標方向にボールを投げ込めれば良いのですが、ゴルフは目標方向に対して正面を向いた上体でボールを運ぶという難しいスポーツです。そうなるとピンフラッグが見えている状態ではどうしても目線が先行して体の開きが早くなってしまいます。これは誰にでも起きうることです。今日は左に飛んでいくことが多いなとか、スライスが多くて困っているという時はぜひともスプリット・ハンドグリップを試してみてください。少しずつボールが真っ直ぐ飛ぶようになりシャンクや打ち損じといったミスが出にくくなるはずです。

パターのグリップ方法

プロゴルファーや上級者が時折パッティンググリーンでスプリット・ハンドグリップを試している姿を目撃したことがあるというゴルファーも多いのでは無いでしょうか。フルスイングをしている時は両手のバランスというものはさほど球筋に影響が出ませんが、バランスの違いが顕著に影響するのがパッティングです。

スプリット・ハンドグリップでパターを握ると利き手には力が入りにくくなるのでまず利き手の力みが原因で起こるダフリやトップが起きにくくなります。アマチュアレベルではここまでシビアになる必要は有りませんが、一打で賞金が何百万単位で変わってくるプロの世界ではたとえ1mのパットでも命がけでで入れにいかなくてはなりません。

そういった意識の違いがプロゴルファーとアマチュアの違いの差となって現れます。より正確なインパクトでより良い転がりを目指すプロにとってはこの方向性が格段にアップするというスプリット・ハンドグリップは試す価値が十分にあるという握り方なのです。

ただ、パッティングでスプリット・ハンドグリップを導入する際には距離感がつかみにくいという点には注意が必要です。利き手が鈍感になるので方向性は良くなりますが、一方で敏感な距離感は失われてしまうので普段から私生活で逆手をよく使っているという人はともかく、多くの人は距離感が突然合わせにくくなってしまうことでしょう。これは通常握りで利き手をより積極的に使って距離を合わせていたタイプのゴルファーに顕著に影響が出ます。スプリット・ハンドグリップも慣れてくれば自然と距離感も合わせられるようになりますが、パターの握りを全面的に見直すということになるとそれなりの覚悟が必要になるでしょう。

そこで、距離感の違いがどうしても気になるという方ははじめは短い距離のパットだけはスプリット・ハンドグリップで握り、距離が長くなったら通常のグリップに戻すなど色々なパターンを試してみても良いかもしれません。

今回はスプリット・ハンドグリップについて色々な話をさせていただきましたが皆さんいかがだったでしょうか?気になった方はまずは手始めに素振りからでも初めてみてはいかがでしょうか?