ゴルフスキルを上げる!右手グリップのポイントは?

ゴルフにおいてグリップ時の右手はとにかく力を抜くことが重要視されますが、繊細なコントロールのためには重要な役割を果たします。最初のうちは力加減が難しいかと思いますが、ゴルフ上達のためには重要です。今回は右手グリップのポイントについてまとめました。

力んで強く握りすぎない!

ゴルフのグリップの基本は強く握らないことです。遠くへボールを飛ばしたいと思うとどうしても手に力を込めてしまいがちですが、そうするとスライスやフックに繋がってしまい飛距離が出ません。特に右手はクラブを支える役割を果たしますので、添えるだけという感覚くらいで良いでしょう。また、右手に力が入りすぎるとフェース面が閉じやすくなるので、フックになりやすくなります。まずはリラックスして腕の力は極力抜くようにしましょう。

人差し指はトリガーの役割?

ゴルフのグリップに関して、右手のトリガーという言葉を聞いたことはありませんか?これはクラブを握った時、右手人差し指が拳銃のトリガーに指をかけたような形になっていることからそう呼ばれています。このトリガーはクラブの微調整のために欠かせないものです。右手人差し指に少し力を加えるだけでスイング軌道やインパクト時のフェースの向きが変わることが分かります。クラブコントロールの時には、このトリガーによって微妙な調整を加えることができます。

トリガーとフェースコントロールの関係

トリガーの力加減によってインパクト時のフェースコントロールが可能です。トリガーを緩めるとクラブのヘッドはやや下がり、逆にトリガーを少し強めにグリップするとクラブのヘッドが上がるのがわかります。そのため、自分のショットがスライスしたりフックしたりする場合にはトリガーの調整を考えてみると良いでしょう。力は抜くことが大前提なのでトリガーの強弱はプレーヤーの感覚によって異なります。素振りの時からトリガーとフェース面に注目しましょう。

ボールを捉える右手の重要性

ボールをインパクトする瞬間、クラブを握る右手の人差し指付け根辺りに打球の感覚を感じられます。スライスやフックの場合、ボールをフェースの正面で捉えることができていないためにその感覚は感じられても弱いものです。しかし、しっかりとボールをフェースの正面で捉えられた時には、右手に確かにボールを捉えた手応えが残ります。練習時やラウンド中でも、ナイスショットの場合には打った瞬間に独特の手応えがあるはずです。その感覚が右手でボールを捉える感覚です。

今回紹介したポイントを確認し、スコアアップを目指しましょう!