スライスの原因?カット打ちを矯正する練習方法

カット打ちとはインなパクトの瞬間にクラブヘッドに対してボールに斜めにこするように当たる打ち方のことでスライスの主な原因のひとつです。カット打ちを直すことができればスライスが減り、飛距離のロスや方向性のバラツキがを出にくくなります。今回は、カット打ちを矯正する練習方法をいくつかまとめてみました。

「カット打ち」とは

「カット打ち」とは、フェース面とボールが正面からぶつかるように当たらなければならないものがクラブヘッドに対してボールがやや斜めから横滑りするようにして当ったしまうこと。結果的に極端なスライス回転がかかってしまう打ち方やミスショットのことをそのように表現します。

カット打ちは目標方向によりも外側からクラブがおりてきてボールにヒットするため、ヘッドが外側から内側に抜けていくアウトサイドインのスイング軌道で打つショット技法のひとつでもあります。

カット打ちで放たれたボールには基本的にはスイング軌道による強い右回転が発生するため、落ち際でボールが右へ右へと流れる性質があります。

軌道はカットだけどインパクトでフェース面が左を向いて当たった場合はやや左に飛び出したボールが目標より少し左側に落ちる。逆にフェースが開いて当たると右に飛び出したボール目標方向よりもさらに右側に流れるように弱々しく落ちる。そういったボールが出やすいです。

アマチュアの場合、フェース面が開いて当たるかもしくは閉じて当たるかのインパクトになりやすいですが、プロやトップアマはフェース面をしっかり目標方向に向けてカットボールを打っていく技術を持っています。したがってアマチュアほど大きくは曲がりません。曲がり幅が大きくなければコントロールの計算もしやすくなるのでホールによってはあえてカット打ちで打っていくなどマネジメントに実際に組み込んでいる選手もいます。

カット回転のボールばかり出る時は目標より左側に飛び出す時は閉じて当たっている時、逆に右方向ばかりに飛んでいく場合は開いて当たっていることを覚えておくと良いでしょう。

直し方1:片手打ち

カット打ちを直す方法のひとつとして「片手打ち」があります。どちらか片方の手だけで打つことで、インパクト時の肩の開きや小手先でのしゃくり打ちなど、左右の手の正しい使い方を身につけられるのでアウトサイドインのスイングが修正されてカット打ちを改善することができます。

右手はボールにパワーを与えます。右手だけで打ってもある程度の飛距離は出ますが、方向がバラバラになります。方向性がバラバラなのは、遠くに飛ばそうとするあまり腕の力でスイングしているからです。体の回転で打てるようになれば、飛距離を維持したままでもまっすぐ飛ばせるコツが掴めてきます。

また左手は方向性を定める役割を果たします。左手だけで打つときは、飛距離は気にせずにボールをまっすぐ飛ばすことを意識して練習します。フェース面をしっかり整えながらインパクトでしっかり「面」が変わらないように意識しながらスイングすることが大切です。

それ以外に注意しなければならないこととしては左右どちらで片手打ちする場合もインパクト時の肩の開きはなるべく抑えるように気をつけて下さい。肩が開いてしまうとクラブを内側からインサイド軌道で下ろすのが難しくなってきますので目標方向に近い方の肩が閉じた状態でクラブを腰の回転力で振り抜くイメージでスイングしましょう。

直し方2: クローズスタンス

カット打ちがミスショットで出やすい人の多くは目標方向に対し、体が開いてアドレスしているという人が非常に多いです。アドレスを作る時は肩のライン、腰のライン、そしてスタンスの踵ラインが目標方向より左を向きすぎていないかどうか、今一度チェックし直してみて下さい。

そもそもターゲットラインに対して開いた状態でアドレスを作っているとなるとスイング軌道をいくらインサイド軌道にしようとしても外側からのアウトサイドイン軌道でしかクラブは降りてきません。アドレス方向が常にターゲット方向に対して平行になることで初めてスイング軌道を修正し、カット打ちを治すことが可能になるのです。

どうしても開いて構えてしまうクセがあるという方は目線をなるべくターゲットよりも右側(左利きであれば左側)に設定してスタンスもクローズした状態で構えてみて下さい。肩のラインや腰のライン、膝のラインなどにも気をつけながら体全体が少し閉じた状態でアドレスしましょう。右肩を後ろに下げないように意識しながら、両足を結んだラインだけが右を向いていれば、インサイドインにクラブを下ろしてくる感覚や自分がいかに開いてかめているかを強く実感できるはずです。原因が分かれば、対処法を実践するだけなのでクローズしなくてもスタンスがいつも平行に構えられるようにあとは訓練するだけです。

直し方3:バックスイングで肩をしっかり回す

最後にカット打ちの原因のひとつとして腕の力だけでスイングするいわゆる「手打ち」の修正方法をご紹介します。そもそも手打ちでゴルフを覚えた人に対して右手を使いすぎるのを辞めて、左腕や体の回転力を使ってスイングする感覚を身につけてもらうのはとても大変なことです。

どうしても右手の腕力でクラブをひっぱたいてゴルフを覚えてきた人はアウトサイドイン軌道をすぐに修正することはできません。そうなるとカット打ちというよりかは右手の使い方が間違っているということになりますので軌道の修正よりももっと大胆なスイング改造を図っていく必要があります。

しかし、いつもより右手の握力を少し抑えて腕力を少し軽減されることぐらいは簡単に実践できます。そういった場合はまずはグリップの力の入れ加減を見直すことから初めてみてはいかがでしょうか?右手の握力を抑えるドリルは様々な方法がありますが、私がよくおすすめしているのはグリップの片手部分におしぼりを巻きつけてスイングするドリルの実践です。グリップはこうすることで左手は通常と同じ太さで同じように握れますが、右手はグリップが太くなるので力が入りづらくなります。この状態でスイングすることで自分がいかに右手に力を入れすぎてスイングしているかが非常によくわかるようになります。

右手の小手先でフェース面をコントロールしようとする方はどうしてもクラブが外側から降りてきやすいのでタオルを巻くことでそういった「ムダな動き」を抑制することが出来ます。素振りが慣れてきたら、実際にタオルを巻いた状態でボールを打ってみましょう。右手のコントロールが効かなくなるので左腕主導で打っていくことの重要性についての理解が深まるまずです。

なお、右手に力が入りやすいゴルファーはバックスイングで両肩を大きく回す意識が足りていない人をたまにお見かけすることがあります。さすがに左肩があごの下に来るまで回転させるとまでは言いません。しかし、肩の入りが浅いと下半身より上体が早く回りやすくなるので手打ちのショットになりやすいことも事実です。しっかり下半身の回転で打っていきたい時ほど振り急ぎに気をつけながら、両肩のしっかりした捻転を使ってボールを打っていくことが大切です。

カット打ち=スライスだと思っている方も多いですが、正確にはスライスが出る場合のひとつのパターンとしてカット打ちというショットの種類があると理解したほうが正確な表現なのかもしれません。もしカット打ちに深く悩んでいる方がおられましたら、今回の記事をきっかけにカット打ちの上手な使い方について深く勉強してみてはいかがでしょうか?