飛距離を伸ばそう!ゴルフスイングで重要な遠心力を活用するテクニック

遠心力をうまく利用できるようになれば、ゴルフの飛距離は格段に伸びていきます。そのためには、グリップの握り、下半身の回転、しなりの戻りのタイミングなどをチェックして、無駄のない力の使い方をマスターしましょう。

クラブを力いっぱい振り回すだけでは伸びない飛距離

初心者がゴルフで飛距離を出そうとすると、めいっぱい体に力を入れて、クラブを振り回そうとします。しかし、その力は、飛距離に対して有効に作用することはありません。無駄な力が、スムーズなスイングを阻害するからです。飛距離を生み出すのは、クラブの遠心力です。腕の力でスイングを制御しようとすると、遠心力は弱まってしまいます。逆に、体の力を抜いて、クラブに振り回されるような感覚の方が、ボールは遠くまで飛んでいくものです。飛距離を出すには、まず、スイングの際に生じる遠心力を意識する必要があります。

力みが消えるグリップの握り方

クラブの遠心力を生み出すのはヘッドのスピードです。しかし、スイングに力みがあるとスピードは上がりません。力みを消すには、グリップを軽く握るのが大切なポイントです。具体的には、クラブを胸の高さまで上げて、ヘッドの重みで手首が曲がる寸前くらいがちょうどよい力加減です。簡単なようですが、夢中になるとついついグリップを強く握りしめてしまいます。グリップの握りはゴルフの基礎なので、自然にできるようになるまでは、握りを意識しながらスイングを行いましょう。スイングをしている時に常にヘッドの重みを感じるようになれば、力みのないフォームの完成です。

ヘッドのスピードの鍵となる下半身の力

いくら肩の力を抜くといっても、クラブをゆっくりと振りおろしたのでは、ヘッドのスピードは上がらず、遠心力は弱くなります。ヘッドのスピードを上げるためには、バックスイングのトップから、一気にインパクトゾーンまで振り下ろす必要があります。この時、力を入れるのは腕ではなく、下半身です。上半身は、あくまでのヘッドの遠心力に振り回されている感覚で、腰の回転だけでクラブを振り抜きます。感覚がよく分からない人は、インパクトの直前にグリップの動きを止めてみましょう。そうすると、ヘッドが腕より先行して前に行くので、上半身の力を使わずに振り抜く感覚が掴めてきます。

遠心力を最大限に生かすためのインパクトのタイミング

ヘッドに十分な遠心力がかかるとクラブはしなり、それが戻る力で、ボールは遠くまで飛んでいきます。ところが、スイングに無駄な力が入っているとインパクトゾーンの手前で、しなりが戻ってしまうのです。これでは、遠心力が十分にボールへ伝わりません。適切なタイミングをマスターするために、まず、素振りをして自分のスイングをチェックしてみましょう。クラブのしなりが戻るとヒュンという風切り音が聞こえます。それが、右足の方で聞こえたならまだ力が入りすぎています。逆に、風切り音が左足の方から聞こえるようになれば、遠心力を生かしたスイングができている証拠です。