ゴルフスイングは右手が重要!菅原大地プロが教える右手の役割と使い方【動画】

今回はゴルフスイングの右手の使い方がテーマです。そもそもスイング時の右手ってどんな役割がるの?どうやって打てばヘッドが走る右手の使い方が可能なのか。レッスンプロの菅原大地さんが徹底解説!基本からしっかり学びたい方は是非参考にしてみて下さい。

「右手は使うな」というフレーズは右手が使えている人だけが分かる感覚?

どうもゴルフレッスンプロの菅原大地です。今日も横浜ハンズゴルフクラブからお送りしております。ということで今日はヘッドを加速させるための右手の使い方ということで前編をお送りしていきたいと思います。

前編においてはですね。主にこのグリップの握り方になりますね。なぜそういう風に握った方がいいのかっていうこととそのグリップ、右手のどこでクラブを押していく動きが実際にクラブを加速できるのかというお話なんですが、実際にこれは自分が意識してやっているっていう事よりかはこのクラブが加速できていない人はこういったところ気をつけて右手を上手く使っていった方がまずはいいんじゃないでしょうかというお話なんですけども、よく右手は使うなというようなフレーズは「一昔」って言うんですかね。

最近はあまり効かないかもしれませんが、よく前からですね。右手は使わない方がいいみたい。右手は悪さをするみたいなコメントを言う方もいると思うんですけど、それはね。私が思うには右が使えている人の発言であって、やっぱり右手がですね。実際にこうスクールレッスンをしているとこの右手が上手く使えていなくて、クラブを加速できていなかったり、よく右手に力が入ってしまうという右手で強く持ちすぎてしまうっていう方もそもそも右手のこのどういう風な役割を持っているかっていうところを理解すればグリップのプレッシャーも少し減ってきて、力が入りづらくなるんじゃないかなと思っておりますので今日はグリップの握り方、どこでクラブを押すのかという話をしていきたいと思います。

右手は掴むべきではない、指の付け根の部分で「押す」べし!

今回は右手に特化してお送りしたいと思うんですが、右手は前回の初心者の方の再確認をしましょう。グリップ再確認をしましょうという動画において、中指と薬指が引っかかって、第二関節ですね。真後ろにひっかかる。そして、人差し指も軽く引っかかって、親指が真ん中、もしくはちょっと左側ですね。グリップの左側に少し置いてあげるようなグリップの形が基本であるんですけども、よく右手を強く握ってしまうという方が多いんですね。

まあ、そういった意味合いで結構、以前から右手を使わない方がいいみたいな感じで使うべきではない、右手は掴むべきではないという風に言われていると思うんですよ。まぁ確かに右手は掴むものじゃないですね。右手でクラブを加速させるっていうのはつまりクラブをどうやって押すかかですね。クラブをこう掴んでこねて回すのではなくて、この右手のどこで押してあげるのか、そういう話なんです。中指の第2関節が引っかかってて、人差し指も軽く引っかかっているという状況で左手を離すと、この今小指と親指を離している状態なんですけど、単に「ここ」なんですね。ここというのは指の付け根の部分です。この付け根の部分でクラブをカメラ方法が進行方向だったらこういう感じで前に押している訳です。クラブが入ってきたらこう押し返す訳ですね。だから親指と小指の部分にはそんなに当たらなくても押し返せるような感じですね。これやっていただけるとわかると思うんですけど、結構クラブを力強く前に手首と肘のスナップで押すことができるんですね。

だからこれは別に強く掴まなくたってとこに引っかかってさえいれば、前に押すことができるんです。なのでまず初心者の方だったりクラブが加速しないという方は、

ここで深く握っていたり、手のひらの方で握ってしまう。これだとクラブを強く掴んでしまっているので今の動きをしようとすると手の中で遊んでしまっているので走らないです。ですので、そうではなくてここです。指の付け根の部分、ここに引っかかってさえすればクラブは押せるということです。

釣りの竿を投げるような、こうキャスティングって言うんですかね。まぁここの真ん中で引っかける人もいるかもしれませんけどもこうやって実感するのは、ここの方が不安定だして手に力が入りやすい。ここの3本、付け根に引っかって押す方が楽に押すことができるんですね。なので右手の役割というのはこの3本で押すことだとというのが今回の重要なお話でございます。

そこにさえ、クラブが引っかかってこれば、クラブを加速する腕、こうやってクラブを離してますしに握ってないですが、こういう動きでクラブがそこに入って来さえすれば、クラブヘッドを加速することができますし、強く握るっていう感覚にならないと思います。ちょっと分かりやすいに親指を取って話していきます。また人差し指ももわかりやすいようにちょっと離して下に向けて、話していきます。こんな感じです。

ワッグルで引っかかりを確認できればクラブは自然と加速しやすい

ただ、さっき言ったこの 指人差し指から中指薬指にかけてはこの押すところでこれは引っかかってる状態なので人差し指や親指がこのように空いていたとしてもちょっとこのまま打ってみたいと思いますが、クラブを本来、押すところでクラブが触ってさえいれば問題なく打てます。

クラブをそもそも掴んで振る訳ではないので右手に関しては左手はやっぱりこの掴むっていうよりかは指先の方に引っかかって、引っ張ってこないといけないんで左手の方がですね。右手の方はやはり押す方の役割が非常に強いと思います。

クラブが加速できないとか、そもそもクラブを強く掴んでしまってるって方はちょっと意識した方が良い場所、そしてそこに枕切り返しの時にもやはりちょっとクラブの重みを上がってきた時のクラブの反動や重さを使って、それを下にすっと投げていくような、そういう手のスナップでクラブを加速していきます。

なので私なんかはワッグルとか、こういうクラブを振る動作のことをワッグルというんですけど、ワッグルしたときにそこに引っかかっているがどうかをしっかり確認して、後はその引っかっている場所さえよければ、腕を振っていったらクラブは加速しやすい。腕を伸ばそうと思えば、加速してくれるっていう、なので右手を掴む感覚はあまりないということでございます。と差し入れてますが触れる所にはしっかり触れて押せる状況を作っているので問題なく触れます。ただ、もちろん一緒に親指と人差し指はちゃんと使った方がフェイスコントロールはしやすくなるんで、ただクラブをスピードを出して振っていうことに関しては掴まなくてもいいんですけど、コントロールするってことに関しては掴んだ方が絶対的にこれは精度が上がると思います。ということで今日はこの右手の人差し指から薬指までのこの引っかかる部分、そこに引っかかっていればクラブは加速しますよってことです。

クラブをこの右手が伸びた時に加速するこれを掴むってなっちゃうとそれは力が入りますよねっていう話です。掴まずに押せるっていうのはこの3本、ここが重要になってきますのでまずはそこを意識して振ってみることをお勧めします。是非参考になったという方はこういうことを試してみてください。ありがとうございました。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓