飛距離が伸びる!?ゴルフのスイング時の重心移動2つのコツ

ゴルフスイングの重心移動のコツを知り、それを生かすことによって、体の持つパワーを無駄にすることなく飛距離アップに生かすことができます。安定した軸回転に不可欠な理想的な重心移動をするための重要な点を2つにしぼってご紹介します。

重心移動でナイスショット

理想的なゴルフスイングを身につけるためには体の各部が関係します。腕の位置、肩や腰のひねり方、ボールとの距離など、基本的に大切な点を踏まえながら自分のフォームに当てはめていくことが必要です。

そのように細かい点に目が行き始めるとつい忘れがちになるかもしれませんが、常にゴルフスイングの基本は「回転運動」であるということを意識しておきましょう。上手に回転しながらパワーを伝えることこそ、ゴルフスイングの基本です。

回転運動で大事なのは軸がぶれないことです。しっかりと安定した軸を中心にして回ることができれば、スムーズかつ力強いスイングができるようになります。ゴルフの場合はボールを意識して前傾姿勢をとりながらクラブを振るという動作が伴います。

そのため、どのような重心移動を身につければ安定した軸でスイングができるのか、ゴルフスイングの重心移動のコツをしっかりと理解し、練習に生かすことは良いスイングへの近道といえるでしょう。

どんな重心移動が理想的か

理想的な重心移動とは、ボールに体重を乗せること、つまり安定した軸によって前に飛ばすためのパワーを分散させてしまわないことです。

前に飛ばすためのパワーを損することなくボールに伝えることこそ重心移動の目的といえます。簡単に言うとダウンスイングの開始時には左足に体重をためておいて、バックスイングのトップの時には右足に体重が乗っている状態こそ、理想的な重心移動のできたスイングといえるでしょう。

重心に移動がうまくできていれば、例え華奢な体であったとしても、力強いショットができるようになります。

重心移動のコツ-その1-

理想的な重心移動を身につけるために何ができるでしょうか?

まずはゆっくりとスイングすることを心掛けましょう。勢いをつけるには素早く降るというイメージを持たれるかもしれませんが、かえってそれはせっかくのパワーを無駄にしてしまう要因ともなり得ます。

また、ボールにばかり気が向くとついつい手打ちになってしまいがちですが、ゆっくりとしたスイングでまず体重を移動させる感覚をつかむことが大切です。言い換えるなら体が動き出す前に体重だけが動き始める感覚です。

そのために体の稼働する順番を意識しましょう。バックスイングから膝を動かし、その動きにつられて腰が回転し、腰の回転につられて肩が回り始めるという順番です。この一連の体の動きを意識しながらゆっくりとスイングを確認します。

そうすると、回転はゆっくりでもしっかりと体重が乗った力強いスイングへと変化させていくことができます。徐々に左足に体重を乗せきる感覚で、体全体の力を飛ばす方向に押し出しましょう。

重心移動のコツ-その2-

ゴルフスイングの重心移動のコツとしてのもう一つの意識しておくとよいのは、クラブを振った後のフィニッシュの形です。

普段の自分のスイングはインパクトだけに気を取られて、その後の体の回転がおろそかになってしまっていないでしょうか?理想的なフィニッシュは、右肩が飛ばす目標方向を向いている状態です。体を完全に回し切らないとこの状態にはなりません。

この状態を安定してキープするにはクラブに気を取られないようにし、あくまで体の回転を基本に考えましょう。正しい回転の延長線上にフィニッシュのクラブの位置があります。その順序が逆になってしまうと、体重が乗らないまま中途半端なスイングになってしまうでしょう。