方向性を良くするには?ゴルフのスイングで意識したい左手首の使い方

ボールを思い通りの方向へ飛ばすためにはインパクト時のフェースの向きをコントロールする術を身につけなければなりません。右利きゴルファーが再現性の高いスイングを目指す場合、最初に取り組むべきなのが左手首の上手な使い方をマスターすることです。今回は正しく、合理的な左手首の使い方とは何なのかを解説します。

スイング中の左手首の角度はなるべく変えてはいけない

アドレスからトップ、フィニッシュに至るまでのスイングの一連の動きのなかで皆さんは左手首を一体どのように動かしているでしょうか?実はボールを思い通りにコントロールするテクニックを身に付けるためには、左手首の使い方がとても重要となります。例えば、アドレス時に作った左手首の角度、これはスイング中にむやみに変えてしまったり、左右にねじってしまってはいけません。構えた時の角度を維持したまま、リスト部分はしっかりと固定し、肩を回す要領でトップの位置まで両腕を動かしていきます。

また、ダウンスイング時の左手首は少しでも伸ばしてしまうとヘッドのトゥ側が下に垂れ下がってしまい、ダフってボールを芯で捉えられなくなります。また、ダウンスイング時の左手首の急な垂れ下がりは、クラブの最下点が手前へとズレるとしまい、ダフリのミスに直結しますのでなるべくリストの角度をインパクト直前まで維持できるよう、がんばってください。

スイング中の左手首の間違った使い方は手首の「垂れ下がり」によるミスだけではありません。「垂れ下がり」以上に心配なのが、不必要なフェース面のターンを招く、開閉のミスです。スイング中の左手首に必要以上に回す(手のひらを反す)ような動き(ローリング)が入ってしまうとインパクト時のフェース面が開きすぎたり、閉じすぎたりしてしまうため、ボールが狙った方向に飛ばなくなります。左手首の「返し」の度合いが上手くコントロールできるようになると、ボールを左右曲げるためのフェースの動きをマスターできるだけでなく、打ったボールの左右へのバラつきが劇的に少なくなります。

飛距離アップにも役に立つ、正しい左手首のコッキング動作とは?

コッキングとは、バックスイングで手首を曲げる動作のことをいいます。コッキングには、右手首で行うコッキング法と左手首で行うコッキング法の2種類の方法があり、今回説明するのは左手首を使ったコッキングの方法です。

スイング中にコッキングを入れるタイミングは人それぞれですが、特にオススメのタイミングは、テークバックでクラブが腰の位置に来たとき、もしくはトップでクラブが目標方向と平行なる切り返し直前の瞬間にコッキングを入れる方法です。

なお、コッキングを入れる際はなるべく、横方向ではなく縦方向にコッキングをいれて下さい。手首が横方向に折れるようにコッキングするとフェースの向きが変わってしまいやすく、インパクトでフェース面が開いた状態でボールに当たってしまいやすくなります。

ゴルフクラブというものは横方向にコッキングを入れて振り上げてしまうと、トップで想像以上の重さを手首で受け止めなければならなくなります。一方、シャフトを縦方向に向けて上手に真上にコッキングすれば、ヘッドの重さは全て真下にかかるため、それほどヘッドの重さを手首で感じなくなります。つまり何が言いたいかと言うと、クラブはなるべく縦方向に動かした方がコントロールしやすくなるということを分かってもらいたいわけです。

スイング中の左手首の角度が保てなくなると球筋はどう変化するか?

アドレスでグリップをした時の左手首の角度は少しだけ手の甲側に少し折れ曲がっている状態が正しい状態です。もし、そうなっていないのであればグリップの正しい握り方を今一度勉強してみて下さい。

この少し折れ曲がった状態の左手首はダウンスイングからフォローにかけては、反対に手のひらが自分の方向を向くようにしてやや内側に向かって折れ曲がっていきます。左手首がこのような動きになれば、クラブのシャフトは立ち気味の状態かつアップライトな状態で降りてきますのでフェース面も少し左を向いた状態でのインパクトとなり、芝の抵抗も受けずに綺麗にヘッドが抜けていきます。

逆に、アドレス時はやや甲側に曲がっている左手首が振り始めと同時にさらに上を向いてしまうような、地面を押さえつけるような左手首の使い方をするテークバックの動きはNGです。スイング中に左の甲が上を向いてしまうと、フェース面が右を向いた状態でボールに当たってしまいやすく、右利きゴルファーの場合はスライスが出やすくなります。

また、フォロー時の左手首は必要以上に手のひらを自分の方向へひっくり返して振り抜きすぎてしまうのもNGです。インパクト時に手のひらがあまりにも自分の方向を向き過ぎるとインパクト時にフェースが左を向き過ぎてしまい、大きく左へとボールが曲がるフックボールが出やすくなる原因となります。

初心者はとにかく左手1本打ちで練習

アドレスからトップ、フォロー、フィニッシュまで左手首の角度を崩さないスイングの習得には左手1本のアプローチ練習がかなりおすすめです。最初は短い距離のアプローチ(20yard、30yard)で左手の角度をキープしながら、しっかりボールにコンタクトするため練習(ボールを50球くらい)に取り組んでみましょう。アプローチでボールを打つ際は、手首の角度と同時にフォローで手のひらを自分の方向にしっかり向けて飛ばすことだけを考えてスイングします。

スイング中に左手首の角度が崩れてしまうと左手1本打ちでボールを捉えることはできません。ある程度、ボールを打てるようになったら、今度はフルスイングに挑戦です。腕をフルに使ってフォローが大きくなるよう、のびのびスイングします。フルスイングで左手首の角度をキープするためには、①リズム良く振る②左腕と下半身の動きを同調させる③手元が体から離れないよう注意する④ダウンスイングで左脇をしめる⑤左肘を曲げて腕を鞭のようにしならせて打つ、以上5つのポイントを意識してスイングすることが大切です。

最近、いまいちボールが左右に散らばって方向性が安定しない、ダフリが多い、飛距離が出ないといった問題に悩んでいる方はぜひ一度、左手首の角度を意識したスイングに取り組んでみてはいかがでしょうか?