ゴルフのスイング時で左手の親指で意識したい4つのこと

ゴルフのスイング時に左手の親指を意識することで、スイングが安定し、ミスショットを防げます。今回は、ゴルフのスイング時で意識したい左手の親指の動作を4つまとめました。

左手の親指の腹でクラブを支える

左手の親指の腹でクラブを支えることで左手が緩まずスイングのフォームが安定します。左手の小指・薬指・中指の3本を緩まないようグリップを握り、左手の親指の腹でクラブを支え持つよう意識しましょう。左手を少しかぶせて、力強く握る人の場合、左手の親指にクラブを乗せにくくなります。この時、左手の全体でクラブを支えるイメージを持ちましょう。

左手の親指の腹でクラブを支えることで、クラブヘッドの面であるフェースの向きが変わりにくくなりミスショットを防げます。

ショートサムでグリップを握る

ショートサムとは、左手の親指を縮めるようにしてシャフトの上に添えるグリップの握り方です。ショートサムの場合、左手の親指に力が入るため、スイング時にシャフトを抑えられシャフトが暴れるのを防げます。また、クラブとの一体感を感じられ、感覚でクラブを振りやすくなります。

ショートサムで握ることで、左手の親指・人差し指・中指でつまむようにクラブを握れます。親指を伸ばしてクラブを握るロングサムと比べて手元が本来の位置より下がるハンドダウンを防げ、ボールが左方向へ飛ぶフックになりにくいです。また、指を痛めることもありません。

アドレス前に左手のみでコックをする

アドレス前に左手のみでコックをすることで、親指付け根の膨らみを確認できます。左手の親指の付け根が膨らむことでクラブをしたから支えるだけでなく、フェースの向きを変えずにトップでクラブが垂れるのを防げます。クラブが垂れないことで、インパクトの衝撃でグリップがずれることを防げ、効率よくパワーをボールに伝えられます。

左手の親指の付け根に力を入れて締める感覚を作り、クラブを押さえつけると上下から力を加えられ、親指の付け根が膨らみます。

左手の親指でクラブを引く

左手の親指でクラブを引くイメージでスイングをしましょう。左手の親指に集中することで、ボールの方向性が上がる左手主導のスイングになります。グリップの際に左手の親指に少し力を入れ、テークバックで左手の親指を使ってクラブを引きましょう。

左手の親指に集中することで余計な力が左手に入りにくくなり手の動きが抑制されます。不必要な手首を折る動作を防げスイング軌道が安定します。

左手の親指はスイングの軌道を安定させるために重要です。今回紹介したポイントを確認してショットを成功させましょう!