ゴルフ上達の決め手になる?肩甲骨の可動域の重要性とは?

肩甲骨はゴルフにおいて非常に重要な骨です。意識して使うと打球を飛ばせますが、体の歪みなどがあると痛めやすい箇所でもあります。今回はゴルフでの肩甲骨の可動域についてまとめました。

飛距離と肩甲骨の関係性とは

ゴルフでスイングをする際、肩甲骨は重要な役割を果たします。トップで力を溜める際には腰と肩いずれもより深い捻転を実現することでその後の力強いスイングを実現できます。肩の捻転の深さは肩甲骨の可動域に大きく影響されます。早くクラブを振りたいと考えるとどうしても腕力に頼りたくなりますが、腕力に任せるよりも深い捻転を行えるようにした方がより効率的にスイングスピードの向上に繋がりますし、力を入れない分だけミスショットの軽減にも役立ちます。

スイングを安定させるための肩甲骨の役割

テイクバックにおいて、腰と肩の捻転差が大きければその分だけ力を溜めることができます。肩の捻転においても肩甲骨は重要な役割を持ちます。肩を捻るときには肩に力を入れてはいけません。腰を十分に捻った状態から肩甲骨をローテーションさせると自然と肩は体の後方に移動していくことがわかります。体の自然な動きに任せることで余計な力を使わずに済むのでトップの位置が安定しやすくなり、結果として安定したスイングに繋がるのです。

肩甲骨を痛めてしまうのはなぜか?

ゴルフをしていると肩甲骨あたりを痛めることがありますが、なぜ痛みが起きるのでしょうか。それはスイングを行う中で肩や背中周りの筋肉が総動員されているためです。ただ動員されるだけならいいのですが、左右の肩の動きが異なっている場合、負担が集中する部分が出てくるので痛めやすくなります。アドレス時に猫背になっていたり、左右どちらかの肩だけ巻き込みすぎていたりする場合などは特に痛めやすいのでフォームの矯正が必要になるでしょう。

肩甲骨ストレッチとは

背中や肩周りを痛めるのを防ぐためにも、しっかりと背中や肩周りの筋肉をほぐしておく必要があります。ストレッチはしっかり行いましょう。効果的なストレッチはたすき掛けの動きです。片方の腕を上に上げ、もう一方は下に下ろし、それぞれの手を背中で結ぶようにしましょう。その時、左右でやりやすさが大きく異なっているという方がいるかもしれません。その場合、すでに筋肉が凝り固まってしまっているので、毎日少しずつでもいいのでストレッチを行ってほぐしていきましょう。

毎日ストレッチを行い、可動域を広げることでゴルフも上達しますし、体を痛めることも防げるようになるでしょう。