自分で練習!ゴルフのスイング時の動画を撮ってチェックする方法まとめ

自分でゴルフスイングの動画を撮ってチェックするならば上達の近道です。現代スポーツではプレーの動画を撮って自分で見て分析することが当たり前になってきています。ゴルフ好きの方にもここで紹介するように動画でセルフチェックすることをおすすめします。

動画チェックは現代のアマチュアスポーツでは当たり前の練習方法

現代スポーツは、どのジャンルでもITが深く関係しています。高性能の映像解析が行われて、ありとあらゆるプレーのデータが電子的に現されて、パフォーマンスの向上に役立てられています。

ゴルフの場合もまったく同様です。特に、スイング時の身体やクラブの使い方など、微々たる違いが変化を生むスポーツですので、動画で撮って自分でチェックするならば、劇的に自分のスイングを改善することができます。

一昔前とは違って、最近では動画を撮影するアイテムもたくさん出ていますし、自撮りのテクニックも進んでいます。そうした技術をゴルフの上達に用いることができます。

正面から動画を撮ってチェックする

まず、動画を撮影するための機材ですが、ビデオカメラを揃えておくこともできますし、デジカメでも静止画だけでなく動画も、かなりのハイクオリティで撮影できるものが少なくありません。

さらに最近では、スマホの動画撮影もかなりの高画質ですので、こうしたアイテムを使って、自分のゴルフスイングを録画することがおすすめです。もちろんこの場合には、三脚を揃えることが大事ですので、持っていない方は購入を検討しましょう。

まず、自分のスイングを正面から撮影してみましょう。スイングする自分の手元、グリップあたりが映像の中心にくるように撮影することが大切です。三脚を用意すれば問題ないとは思いますが、毎回撮影のたびにアングルや距離が違うと、微妙に分析がしにくくなってしまい、しっかりと撮影ができません。

それで安定して同じくらいの距離、アングルで撮影するように心がけましょう。見え方が極端に変わるならチェックすべき部分が見えなるので気をつけましょう。

後方からの映像も撮って分析する

正面からの動画に続いて後方からのアングルの動画もしっかりチェックするようにしましょう。

この場合もやはりグリップ部を全体の中心にして撮影をおこないましょう。さらにはゴルフボールとショットの方向を結んだ直線に焦点を合わせた動画も役立ちます。それによってボールのインパクトの瞬間など出玉の分析を細かく行えます。

このように複数のアングルから動画を撮影することにより、自分が頭でイメージしているスイング像と、実際の自分のスイングにどれだけ差があるかが理解できます。こうした認識を繰り返すことによって自分のイメージ通りのスイングに近づけます。

文明の機器を使ってゴルフのレベルアップ

先ほども述べたようにスマホを使っての動画撮影もでき、自分のゴルフスイングを撮影するための便利なアプリまで出ています。無料のものもありますのでぜひ活用しましょう。そのようなアプリの中には撮影して自分のスイング動画をスロー再生でチェックできたり、画面上にペンで線や丸などを書いて分析できるような便利なものもあります。

こうしたアイテムを存分に用いて速度的にスイングレベルをアップできますし、ライバルに差をつけることもできます。ぜひ自分でゴルフスイングの動画を撮ってチェックしてみましょう。