猫背は不利!ゴルフのスイング時に意識すべき背筋の角度

猫背はゴルフスイングに悪影響を与えます。ボールがまっすぐと飛ばなかったりダフりやすくなったりとトラブルのもとになります。背筋を伸ばして、さらには背筋を鍛えることでまっすぐとボールを飛ばし、さらには飛距離の向上にもつながります。

猫背はスイングを不利にする!

猫背はゴルフスイングを不利にします。猫背になってしまうとバッグスイングで体をスムーズに体を回転させることが困難になるからです。また猫背のスタイルを取ったままバッグスイング中に体重を右足に移そうとすると、上体が起きやすくなります。そうするとクラブのフェースが開きやすくなるため、ボールがスライスしてしまうことが多いのです。さらには、一度伸び上がって再度沈み込むスイングになるため、インパクトが安定しなくなり、トップやダフリの原因にもなってしまうのです。

正しい構え方とは

アドレス時の正しい構え方は、猫背ではなく背筋をまっすぐに伸ばすことです。この時、顔は正面を向くのがポイントです。もし、顎が下がっているようであれば猫背になっている可能性があります。ボールを正面に見るためには、背筋を曲げるのではなく足の付け根から上体を曲げるようにするのです。腰から曲げようとすると猫背になる可能性が高いので、足の付け根を曲げるイメージを持つことが大切です。また、ボールを正面に見ようとするのではなく、やや下目遣いでボールを見るように心がけるのも良いでしょう。

猫背の解消方法

猫背を解消するには、一般的に市販されている猫背矯正ベルトを装着してスイング練習を行う方法があります。器具により背筋が伸びるため、自然と猫背が解消されるはずです。また、体型上もともと猫背でいる人もいるかもしれません。その場合のポイントは肩の位置が重要です。適正な肩の位置を保つ感覚をつかむ方法を紹介すると、最初に直立の姿勢から両手を広げて手の平を地面に向けながら型と水平になるまで腕を上げます。次に、腕の付け根から手の平を上に向けながら腕を後ろに回します。そのまま腕を下ろすと適正な肩の位置が保たれています。そのまま腰を落とすようにアドレスに入ると腕と体の一体感があるスイングが可能です。

背筋を鍛えると飛距離がアップする

ゴルフで飛距離を伸ばすのには腕力だけが重要なわけではありません。背筋をぴんと伸ばすことと、背筋を鍛えることが重要です。鉄棒を利用した“チンニング”、バーベルを利用した”デッドリフト“、バランスボールを利用した”トランクエクセステンション“などのトレーニングを行い、背筋を鍛えることで、飛距離がグンとアップするのです。背筋を伸ばすことと鍛えることは飛距離に影響を与えるので、毎日すこしずつトレーニングを重ねてみてはいかがでしょうか。