フェースローテーションを極めよう!安定したゴルフスイングを確立するトレーニング

フェースローテーションは、正しいスイングを行っていれば自然と出てくる動作です。正しくフェースローテーションができれば飛距離が伸び、フォームも安定します。正しいフォームを身につけてスイングを安定させてみましょう。

フェースローテーションとは

フェースローテーションとは、ゴルフスイングを行う時に、バックスイングを行いながらフェースを開き、フェースを閉じながらショットする方法です。一般的にはバックスイングのピークにて90度ほどフェースを開き、インパクトの瞬間にフェースがボールに対して垂直になるように戻します。ゴルフボールに対して、縦方向の遠心力に加えて横方向の遠心力を加えることで、飛距離を伸ばすことが可能です。また、この一連の動きは、右腕の動きを考慮すると、自然な動きとなるため、フォームも安定します。

フェースローテーションのコツ

フェースローテーションは、ある意味自然なスイングです。そのため、あまり意識しないこともマスターする近道となるでしょう。ゴルフヘッドにはある程度の重みがあるため、自然とフェースはローテーションするのです。アドレスのコック角度を維持して右腰から左腰まで2回から3回左右に軽く振ることでフェースローテーションが実感できるでしょう。練習時にはフェースローテーションを意識してみるのもたいせつですが、実際のゴルフプレーの時には意識しない方のが得策です。フェースローテーションがどのくらいできているのかはスイング解析機を利用することで確認できます。

フェースローテーションで飛距離が上がる?

飛距離を伸ばす一つの大切な要素として、ヘッドスピードがあげられます。そういう意味では、フェースローテーションを導入すると、縦方向の遠心力と横方向の遠心力が同時に働くため、ヘッドスピードは倍増します。そのため、フェースローテーションをマスターすると飛距離もアップするのは自然なことです。しかし、あまりフェースローテーションを意識しすぎるとクラブの根元にボールが当たってしまうシャンクになる可能性が高まりますので注意が必要です。また、ローテーションを意識するあまり体の回転が遅くなるとフックが出やすくなりますので、その点も注意が必要です。

フェースローテーションの練習方法

フェースローテーションがうまくできない場合、左腕が邪魔をしている可能性があります。左腕はフェースを固定する力が働くためです。そんな場合には、右腕だけの片手でのショットの練習をおこなってみましょう。右腕の片手を使用すると自然に振るだけで、フェースがローテーションするのを実感できます。片手打ちである程度フェースローテーションを実感したところで、次には両手打ちをおこないますが、その際は左腕に対する意識を減らし、右腕の回転に意識を集中しながら練習するとうまくいきます。