速い?遅い?ゴルフのスイングのリズム、どちらが良い?

スイングのリズムは人それぞれですが、自分のレベルに合わせてスイングのリズムを決めた方が良いです。今回はリズムが速いスイング、リズムが遅いスイングについてまとめました。

スイングリズムはゆっくりより速めの方が良い

スイングリズムは人それぞれですが、スイングリズムはゆっくり過ぎるよりは、速いリズムのスイングの方が良いことが多いです。

スイングを速めのリズムで行うことで、バネやゴムのように体が元に戻ろうとする力が大きく働きます。元に戻ろうとする力が正確にボールに当てることに繋がります。ゴルフに慣れていない場合は、左腕を伸ばしてバックスイングとリズムを速めることを意識すれば、遅めのリズムのスイングを速くすることができます。

ミスが続いたときは、スイングリズムを確認

ミスショットが続いたときは、スイングリズムを確認しましょう。ショットが崩れている場合、スイングのリズムが乱れていることが多いです。連続してミスショットを出さないよう強く意識してしまうことで、スイングリズムが普段よりも速くなることがあります。

ラウンド中にミスショットが続いた場合、スイングリズムを一定に戻すために実際のスイング前に素振りを必ずしましょう。

いつもよりもゆっくりめのリズムでスイングをすることで、スイング軌道が安定しやすくなるため、ミスショットが出にくくなります。

速すぎると手打ちの原因に

飛距離を伸ばすためには、速めのリズムのスイングが良いですが、自分に合ったスイングリズムよりも速い場合、手や腕だけでボールを打ってしまう手打ちの原因になってしまいます。手打ちのスイングは運動の主体が上半身にあるため、スイングのバランスが悪くなり、ミスが増えます。

手打ちのスイングはゆっくりクラブを振ることで解消されることが多いです。ゆっくり振るというのは、グリップをゆっくり振るということです。グリップをゆっくり振ることで、グリップと体の動きが同調し、体主体のスイングになりやすいです。

飛距離を伸ばすなら「速く」、手打ちを直すなら「遅く」

飛距離を伸ばす場合、スイングのリズムを速めた方が良いです。特にバックスイングのリズムを速くすることで、スイングのゆるみがなくなるので飛距離を伸ばすことができます。ただ、速く振ってしまうとスイングが暴れてしまい、スイング軌道が不安定になることがあります。ある程度スイングの基本が出来てきて、飛距離に悩んでいる人はスイングのリズムを速くしてみましょう。

早すぎると手打ちの原因になるので、ミスが続いた場合は、スイングのリズムをゆっくりにすることでスイング軌道が安定し、ミスを防ぐことができます。

スイングのリズムは人それぞれです。自分のレベルに合わせてスイングのリズムを決めていきましょう!