簡単に上達したい!ゴルフの練習でチェックしておきたい4つの項目

ゴルフを上達するためには、正しいスイングの方法を習得する必要があります。間違ったスイングの練習を続けてしまうと、次第にショットの安定性が無くなり、飛距離も伸びなくなってしまいます。今回は練習時にチェックしたい項目を4つまとめました。

グリップの位置を修正することが大切

ゴルフの初心者にとって最も大切な事は、ゴルフクラブのグリップを正しい方法で行うという事です。グリップが正しく行えていない事によって、打球が途中で曲がってしまうスライスの原因になります。

グリップは握り締めるのではなく、比較的ゆるく持つようにすることによって、ショット全体の動作がスムーズになります。手の力を抜く事によって、身体の力を抜く事が出来るようになるために、飛距離も伸びます。また、グリップを握る際の左手の親指の位置は、右横に置く事で、ショットの際にクラブが自然な回転をします。

アドレスの姿勢を正しいものにしよう

ゴルフの初心者は、アドレスの姿勢に注意することによってフォームが安定します。スタンスの幅は、全身を使って大きくスイングをした場合であっても、重心がぶれない位置である事が理想的です。

また、ショットの際の姿勢はやや前傾姿勢を取り、体重を親指のあたりに移動する事が大切です。クラブを振りかぶった時からボールにインパクトするまでの体重移動を意識して練習する事により、体全体を使ったショットが可能になるだけでなく、体重を利用してボールを遠くに飛ばす事が出来るようになります。

バンカーショットを練習する

ホールにおいて、バンカーにボールが入ってしまった場合、初心者にとってはスコアがダウンしてしまう大きな原因となってしまいます。しかし、バンカーからのショットを練習しておけば、スコアアップにつながります。

グリーンでは、肩と足の位置は並行になるように構えますが、バンカーでのショットはやや左を向くように構える事が重要です。更に、足を通常のショットよりも開いて打つことによって、打球が高く上がるために、バンカーから簡単に脱出する事が出来るようになります。

初心者は飛距離を出すためにヘッドスピードを上げよう

ゴルフで飛距離を出すためには、ゴルフクラブのヘッド部分のスピードを上げる事が必要です。ヘッドスピードが最も速い位置でクラブをボールに当てる事が出来れば、よりボールは遠くへ飛びます。どの位置でクラブがボールに当たるかの感覚を掴むためには、あえてボールを置かずにスイングする練習方法がおすすめです。

ボールを置かない事によって、自分のスイングの中で最もスピードが出ている瞬間を知る事が出来るようになります。それに合わせてボールを置く位置を調整する事によって、打球にスピードを与えられます。