こんなに簡単!スコアが確実に伸びるゴルフの4つの打ち方

ゴルフは幅広い年齢層から愛されているスポーツですがコツを知らなければスコアアップが難しく非常に繊細なスポーツでもあります。しかし、4つの打ち方を意識して打てばスコアアップを目指せます。

第一ステップは頭を固定して打つ

ゴルフはアドレスで構えた位置を変えること無くそのままバックスイングからフォロースイングまでを行なうことが基本です。しかしこの位置を変えないということが非常に難しいことなのです。まず最初に気をつけたいのは頭の位置です。頭が上下左右に動いてしまうとどうしてもクラブとボールの距離が変わってくる為上手くミートしないことに繋がります。その為最初はまず頭を意識して目線を外さずに打つことが重要です。頭は回転をさせても上下左右には動かないようにすることが重要です。

これができるだけでトップやダフリを少なくさせることができます。

体重移動を意識すること

スコアアップに欠かせないのが体重移動です。これが出来ていないとボールに飛距離が出ません。ボールを飛ばそうと力むということは逆効果であり上手くミートできなくなります。力を入れるのではなく足を意識して右足から左足にスムーズに体重移動することを心がけます。特にアイアンなどでは体重移動を行なって完全に振り遅れるくらいがベストです。振り遅れても体重移動による力がアイアンを通してボールに伝わる為十分に飛びます。

飛距離を出す為には体重移動は欠かせないことなので足に気をつけて打ちましょう。

タメを作ると更に飛ぶ

ゴルフではタメが非常に大切だと言われます。このタメとは体重移動で生まれた力をクラブに伝えてミートするまで解放しないということでこれはクラブの角度によってタメを作ることができます。バックスイングに入ってスイングに入ってから手首と非常の角度を固定して振り抜きます。この際腕が伸びきっていたりすると力が逃げてしまう為せっかく体重移動で作った力が無くなってしまいます。

イメージが難しいかもしれませんがてこの原理をイメージしてヘッドが後から付いてくるような意識を持って打つことが大切です。

ルーティーンを決める

ゴルフは精神面が大きく影響するスポーツです。その為打つ前のアドレスに入るまでのルーティーンを決めておくと一定したスイングをすることができます。ルーティーンは人それぞれですので自分に合ったものを考えてもらえれば良いです。例えば構えに入るまでは素振り1回をして3歩でボールに近づくといったことやクラブを地面に置いてからそれを目印にして毎回同じスタンスを広げるなどです。

なぜこのルーティーンが大切かというとゴルフのスイングはこれを決めてなければ毎回同じスイングができないからです。大叩きをしてしまって焦ってしまうとどうしてもいつものスイングができなくなるのですがそれを防ぐ為にもルーティーンは大切です。