ゴルフでの前傾姿勢を維持する3つのコツ

前傾姿勢が崩れやすいスイングはトップやダフリにもなりやすく、飛距離も大きくロスしている可能性があります。前傾姿勢は初めての方には不自然な姿勢のため、慣れるためには一定の時間が必要です。今回はそんな、前傾姿勢を維持するコツをまとめました。

前傾姿勢が崩れるとミスショットが出やすい

ゴルフスイングでは理想的な前傾姿勢を維持することが重要です。しかし前傾姿勢は不自然な体制なので維持したまま全力でスイングするのは難しく、慣れないうちは崩れがちです。

前傾姿勢が崩れるとスイング軌道が上下し、インパクトの位置がずれ、トップ(ボールの上部を打ち飛距離が出ないミスショット)やダフリ(ボール手前の地面にクラブが当たり飛距離が出ないミスショット)につながります。またボールの芯を捉えられないため飛距離も伸びません。

1:腰の高さを意識する

前傾姿勢は腰から体を曲げる動きのため、腰の高さが安定すると、上半身の前傾も安定します。この時、ズボンのベルトのバックルが斜め下を向くように意識すると、前傾姿勢を作りやすくなります。この時、バックルの向きと高さを意識し、腰の高さをキープするようにスイングすると良いでしょう。

また、ゴルフ仲間がいる場合は背中側のズボンのベルト通しを軽くつまみ上げてもらい素振りするというドリルも有効です。この時、背中側のベルト通しが動かない状態でスイングができるようになると、腰の高さを保ったスイングの感覚をつかめるはずです。

2:振り上げる時、目とボールの距離を変えない

次にバックスイングで前傾角度が起きあがってしまうスイングの対処法を説明します。起き上がりはアドレスからトップ(振り上げきったところ)まで、ボールと目の距離を変えないように意識すると、頭の位置が固定され、バックスイング時の前傾姿勢の崩れを防げます。

バックスイング時に上半身が起き上るクセがある人は「目とボールの位置」を意識するこ前傾姿勢が維持できるようになります。前傾姿勢は不自然な体制のため、慣れないうちは、大変ですが、一度、覚えてしまうと、後が楽になります。

3: 母指球で体重を支えるイメージ

アドレスの時に体重を踵で支えると、体重が後ろ側にかかりやすくなります。このような場合、上半身が起き上がり、前傾姿勢の維持が難しくなります。そんな時は母指球(足の親指の付け根)に体重をかけることで、重心が前に行きやすくなり、前傾姿勢を保ちやすくなります。また、バックスイングでは体が起き上がりやすくなるため、腹筋と背筋に力を入れて、スイングすると、前傾姿勢を保つことができます。

前傾姿勢の維持は慣れるまで難しいですが、維持できればミスショットの少ない、安定したスイングを身につけることができるようになります。トップやダフリなどのミスショットが目立つ人は、上記3つのコツを意識して練習にトライしてみてはいかがでしょうか?