初心者必見!ゴルフスイングの縦振り・横振りってなに?

ゴルフのスイングは、人それぞれ異なりますが、スイング軌道は大きく分けて2つに大別することができます。今回はスイング軌道の特徴でもある「横振り」と「縦振り」の違いをご紹介します。

スイングの軌道は主に「縦振り」「横振り」に分かれる

まず、ゴルフのスイング軌道には「縦振り」と「横振り」という特徴的でかつ、違いがはっきりしている2種類のスイング軌道があります。この2つのスイング軌道をクラブごとに上手に使い分けができるようになると、ボールの飛距離は増し、安定感のある方向性重視のボールが打てるようになります。

当たり前の話ですが、ゴルフクラブのシャフトの長さは番手ごとに異なります。しかし、その違いに気づいているゴルファーはあまり多くありません。もう、お気づきの方も多いとは思いますが、長さが違う道具を使っているに関わらず、「同じ打ち方」で良いはずは無いのです。

例えば、長いクラブはスイングが縦軌道を描くとボールの飛距離が極端に落ち、ダフリなどのミスが増えてしまう傾向にあります。また、短いクラブはスイングが横軌道を描くと、ボールが高く打ち上がりすぎてしまうトップやスライスにつながります。つまり、ゴルフはクラブの長さに合わせて、スイング軌道を変える必要があるスポーツなのです。

縦振りは左肘を意識してスイング

アイアンやウェッジは縦振りスイングが基本です。縦振りは上から下に打ちつけるようなイメージでクラブを振り抜くため、スイングが描く軌道はトップダウン、つまりは地面に対して鋭角な角度で下りてくるスイング軌道となります。アイアンのクラブヘッドには実は角度がついており、横振りでスイングすると、狙った方向とは異なる方向へボールが飛び出し、飛距離をロスしてしまう原因となります。

縦振りスイングのコツは左肘を意識することが大切です。左肘をダウンスイング時に下に向け続けることで左腕は右側に折れ曲がることなく、脇が締まり、縦振りがしやすくなります。

横振りは骨盤を意識

ドライバーやフェアウェイウッドなど、ウッド系のクラブは、横振りスイングが基本です。横振りスイングはボールの斜め後ろから、ボール前方に向かって側面から一気にクラブヘッド打ち付けます。ただし、この時の横振りスイングとは、完全に横水平の軌道をクラブが描く訳ではないため、注意が必要です。

横振りスイングのコツは骨盤の向きを意識してスイングするのが、ポイントです。骨盤はややボール方向に少し傾けることでスイングが横振りのい軌道を描きやすくなります。

アイアンのように、縦振り軌道でウッド系のクラブをスイングしてしまうと、ウッド系のクラブヘッドはフェース面がフラットなため、ボールを潰してしまい、飛距離が伸びない原因となります。また、ドライバーはどうしても、ティーアップした状態でボールを打つため、ボールが高く上がり過ぎてしまいがちです。

振り分けるときはクラブごとの前傾角度に合ったスイングを意識

アイアンは大きい番手のクラブは別として、ウッド系と比べ、シャフトは基本的に短めです。したがって、スイング時の前傾角度がウッド系のクラブを打つ場合と異なります。

このように、クラブはなるべく、前傾角度に合ったスイングを意識することが何より大切です。前傾角度の深さを意識することで、縦振りと横振りのどちらが適しているのかが、その場で判断できるようになってきます。

前傾角度に合ったスイング軌道を描くには、スイング軌道の出発点となるバックスイングを強く意識してスイングをしましょう。この時、背骨に対して垂直な円盤をイメージしてクラブを上げるとスムーズなテークバックを開始することができるようになります。

アイアンとウッド系では、スイングの軌道が異なります。今回、紹介した内容を再度、確認し直し、自分のスイングに活かしてみてはいかがでしょうか?