ゴルフスイングでヘッドを走らせる、エムトレーサーを使ってヘッドを走らせる方法を堀尾研仁プロが伝授!【動画】

今回はレッスンプロの堀尾研仁さんがエムトレーサーを使ってゴルフスイングでヘッドを走らせる方法を伝授!菅原さんによると、ヘッドが走らない人は振り子の視点が止まっているからなんだとか。加速と減速、急アクセルと急ブレーキの感覚がとても重要なんだそうです。手元が動きすぎ、軸ぶれで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

ヘッドが走っているかどうかは、エムトレーサーで調べられる?

みなさんこんにちは勝又優美です。アシスタントの堀尾研仁です。よろしくお願いいたします。今日は何をやりましょうか。あーそうなんですけど、アシスタントさんの方からお願いします。

えー今回はですね。ナチュラルアンコック、このエムトレーサーの一番すごいところでもあるんですけど、ヘッドの走り度、どれだけヘッドが走っているかというのを調べる機能がついているのですが、そこをどう変えていくかというところを紹介したいと思います。

これね。僕らが今までレッスンででこうやってる時に今ヘッド走ってないですねってもうちょっと力抜いてビューンと走らせましょう。そうそう今の走ってるいや今のダメですよ。みたいなすごくアバウトだった部分を数値化したものなんですよ。

ものすごい優れた点なんですよ。だからそれをアップする方法を紹介します。

ヘッドが走らない人は振り子の視点が止まっている

ちょっとまず早速ですね。ヘッドが走らない人のスイングをやってみます。ちょっとセンサーを立ち上げてもらって、実際に走らないスイングをしてみます。でー、えっと置いてください。

ヘッドが走らない人というのはこの振り子の関係で言ったら視点が止まっていると走るけど、視点が動き過ぎると走らないですね。

ですからこれが手元が動きすぎてしまっている、または軸がぶれてしまっているという人なんです。

ちょっとやってみます。僕らだったらね。これすぐにコントロールできるんです。まず初期設定して、はい。えー、まぁあとグリップが固い。ものすごい強く握って手首が全然折れない状態から体がこんな風に回っちゃう人いますよね。

で、こんなのをちょっと見てみると、こんな感じいきなりこのスピード、例えばこの画面を見せてあげてください。皆さん、こんな感じでですね。

ここではナチュラルアンコックが10.5って出てましたけど、ちょっと詳しく話をするとこの下の青い斜線の部分がグリップスピードなんです。

それで上の青い線がヘッドスピードです。そしてこのナチュラルアンコックっていうのはどういうことかと言うと、このポイントがありますね。このポイントがグリップスピードの頂点なんです。

皆さんインパクトまでヘッドスピードを加速するためにグリップも体もスピードアップさせようと思っていると思いますけど、まずそこがそもそもの間違い。

体が減速する。最初に切り返しで体のスピードがマックスになります。これが減速

して次にこのグリップが減速します。さらに、切り返しのあたりでこの後にグリップが減速するとヘッドが加速するんです。

加速度というのは中央から外に移行していくんですね。それで、この青いポイントのグリップスピード最高点からインパクトのこの最低点までの差を見ているんですね。ですから、ちょっとやってみますね。

加速と減速、急アクセルと急ブレーキが飛ばしには重要

例えば、ここで釣り釣り竿をイメージしてみてください。釣り竿をビューンと投げるとしたら、手元がしならずウーンってこれだったら投げられないですよね。

でも手元をパッっと早く加速させて、その後に止めると竿がしなってね。すごい飛んでくわけです。先が。

だからこのガァッていう加速と止める動き。加速と減速、急アクセルと急ブレーキが飛ばしには重要なんです。

皆さんは旧アクセルのまま、一番飛ばそうと思ってるから球がなかなか捕まらない。でこれをですね。ちょっとアップする練習をしたいと思います。

これはまさにさっきやった単純に振り子の動きなんです。支点が止まっていれば、止まっているほど、ヘッドが走るんです。支点が動けば動くほど、ダメなんです。

それで、一番簡単な練習はグリップを左手を普通に持ちます。それで右手をこのエムトレーサーの下で持ちます。スプリットハンドです。この状態でイメージは左手を支点、右手はアクセル。こうするとこうだったら絶対捕まらないわけで左を止めておくと、ヘッドがこう走る。追い越す感じになって、これ

ナチュラルアンコックが上がっちゃう。だからこれでもうパーセンテージもあがるし、ヘッドを走らせ感をつかんでほしいと。まぁ実際のスイングとはちょっと違いますけど、ちょっとやってみましょうか?とってみましょうか?

片手で振ると、支点が動かずに手首が折れてヘッドが走る!

それじゃと落としてですねもう一回立ち上げて計測をします。ここでね。ハンドファーストにもハンドレイトにもしない。今は練習なので、右手を下に持ちます。

こんな感じで左手も動かさないでヘッドを走らせます。ボールはどこに行っても良いので、こんな風に走らせて、こんな風にして振っていきます。

この状態で計測値を見てみると、おおおお!すごいことになってます。

もらうこれはアンビジュアルというか、こんな数字が出ました。73点です。これね、50%くらい出るといいんです。飛ばし屋って言われる人が大体50%ぐらいです。で~普通にふったらね。まあ皆さんだったら、30%超えたらすごくいいと思います。

でもこれは今軽く振っているので、中心の視点がすごく止まって体の回転が遅い中でヘッドを走らせたので、その結局、差が強くなった。急ブレーキしたんだと思います。

でも、こうするとアップするって分かりましたよね。多分みんなね。これどうやったら上がるんだろうと思ってね。今までずっと悩んでたところだと思うんですけれども、これでうまくいくわけですから、ぜひみなさん、こんな感じででヘッドを走らせるというところをやってもらいたいです。

最後にあの片手のちょっと片手打ちの話なんですけど、片手打ちも片手でスイングしようですけど、ヘッドが走らないので振りづらいですし、苦しい。でも、これは片手で振るとこういうふうにして支点が動かずに手首が折れてヘッドが走る。

これなんですねということを初回のですね。この手首の使い方がねかなりね。重要になってくるんですよね。コックとアンコックだから、今回やったポイントはアンコックリリースですね。折ったのを戻すっていうことができるとアップするということなんです。

じゃあ皆さん是非これエムトレーサーを使って、頑張って練習をしてください。

堀尾研仁でした。勝又優美でした。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓