今野康晴プロがスイング解説!ヘッドの走らせ方と飛距離アップのコツ【動画】

ヘッド走らせ方ってどうすれば良いのか、わからないですよね。ボディーターンとか体を軸にとか、色々言われる昨今のスイング理論ですが、体よりも先にヘッドを動かさないのは間違いなんだとか。今回は今野康晴プロがヘッドの走らせ方について語る動画をご紹介!

ヘッドを走らせるためには体よりも先にヘッドを動かさないといけない

みなさん、こんにちは。プロゴルファーの今野康晴です。えー、ヘッドの走らせ方をやりたいと思います。えー、ヘッドの走らせ方というのはヘッドを走らせる、そもそもヘッドを走らせるっていうことはこのフォロースルーでえっとヘッドと手と体を一緒に動かさないっていうことですよね。こーよく体の正面にクラブってよく言うんですけど、体の正面にクラブだとこれはヘッドが走ってないんですよね。ヘッドを走らせるためには体よりも先にヘッドを動かさないといけないんでそういうのでヘッドを走らせるので一番わかりやすいのはフォロースルーに行った時にこれだとヘッドが走ってないんで、この場合ここじゃなくてここにヘッドは来てないといけないんです。手元がフォロースルーでここにいた時にここにあるのとここにある。これがヘッドの走らせ方になるんでヘッドが走ってる人というのは、ほぼフォロースルー抜いた時にここにヘッドがあるんですね。ヘッドが走らない人ってのはこうなります。

手と体だけが動いちゃってヘッドが全然ついて来ない人が多い

もうね、一番良くないのはこうなんでもうヘッドが全く来ていない手だけが手と体だけが動いちゃってこういう風に行ってヘッドが全然来ない。これだと、どうしてもちょっと力が伝わりづらいんで、こういう風になっちゃうとドライバーの場合だとやっぱりどうしても右目に行きやすいとか、球が捕まらないとかっていう風になりやすいので、なるべくインパクトしてからフォロースルーでここにヘッドがくるようにイメージをしてね。それで、このままこうフィニッシュまで振ってあげるっていう感じになるとヘッドが走ってくると思いますね。

勘違いしがちなのはこっちでヘッド&クラブをタメてるんでここでヘッドが走るということですね。これをこっちでほどいちゃって早くほどいちゃってここでこういう風にするっていうのは一見ヘッドが走ってるように見えるんですけど、これだとちょっと引っかかるんでこの先がこういう風なフォロースルーの抜き方になっちゃうとどうしても引っかかるんでここまでなるべくダウンスイングのここまではクラブのコックのタメを作ってあげてタメを作ってインパクトをして振り抜くっていう感じです。

アイアンとドライバーの打ち方は一緒なのか違うのか、実は根本的に違う

それで、ここからが結構大事なんですけどよくアイアンとドライバーの打ち方が一緒なのか違うのかっていう話に良くなると思うんですけど僕はもう根本的にも違うと思っていてドライバーというのは今みたいにヘッドをこうなるべくを走らせるのが大事なクラブになってくるんですけど、アイアンの場合は同じようにヘッドをここで走らせてしまうとどうしてもかぶってくるんで今アイアンの場合はさっき言ったみたいに体の正面にクラブがあるっていうのがすごく重要になってきます。

アイアンの場合はタメをキープしながらインパクトしてから振り抜く

それでフォロースルーにいった時にこういう形ですよね。さっきのドライバーはこういうのはあんまり良くないって言ったんですけど、アイアンの場合はこういう風な形にインパクトしてから振り抜くっていうのがすごく大事なんですけど。その時にここまでドライバーもアイアンもここまでの形はもうほとんど一緒なんで、そんなに変わらないんですけどこっからの動きがもうアイアンとドライバーはもう決定的に違ってくるんでアイアンなんかはこのままここの角度とタメをキープしてインパクトしてあげるって言うのがすごく大事になります。でハンドファーストの形でインパクトをして、ハンドファーストキープして体の表面をキープして振り抜くというのがすごく重要になってくるんです。

ドライバーはなるべく早くリリース&ハンドファーストに。まっすぐ当てて、まっすぐ目に当ててヘッドを走らずように振る

けど、ドライバーでこれをやってしまうとボールがもつかまらなくて右に行っちゃうんでドライバーとかの場合はここまでの動きは一緒でいいんですけど、ここからなるべく早くリリースをしてあげる。

こういう形でハンドファーストになるべく当てないでまっすぐ当てて、まっすぐ目に当てててここからヘッドを走らずというのがすごく大事です。こうインパクトしてここから走らせるというのが大事です。これをさっきのアイアンみたいな感じでこういう風にインパクトをすると、ボールが右に行くんでここからいくら返してもボールが右に飛んでてしまってつかまらないんでスライスボールになりやすいです。なるべくここまでは同じでここからリリースをしてあげる。んでヘッドを走らせるという形ですね。ここからの動きがこういう風に動くのかアイアンの場合はここからこういう風に動くのかっていうのがもう決定的に違うのでこのへんはなるべく早く感覚的に掴んだほうがいいかなと思います。

インパクト のそのボールをとらえるポジションがアイアンはボールより左に手がくるようにするんですけどドライバーの場合にはなるべく左に出ないようにボールと同じところで手が来てここからヘッドが来て振り抜いてあげるって言う形になるのがすごく大事になるんでアイアンとドライバーのインパクトの場所は大体ですけどこれぐらい違うのかなと思いますそこら辺を気をつけてみてください 。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓