ゴルフスイングでヘッドを走らせるコツを今野康晴プロが解説!飛距離アップスイングを覚えよう!【動画】

今回はプロゴルファーの今野康晴さんがヘッドの走らせ方を徹底解説!今野康晴さんの話によると、体よりも先にヘッドを動かさないといけないんだとか。手と体だけが動いちゃってヘッドが全然戻って来ない、そんな問題で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

フォロースルーでヘッドと手と体を一緒に動かさない

皆さんこんにちはプロゴルファーの今野康晴です。今回はヘッドの走らせ方をやりたいと思います。ヘッドの走らせ方というのは、ヘッドを走らせ、そもそもヘッドを走らせるっていうことはこのフォロースルーでヘッドと手と体を一緒に動かさないっていうことですよね。

よくクラブの体の正面にクラブってよく言うんですけど、体の正面にクラブだと、これはヘッドが走ってないんですよね。ヘッドを走らせるためには体よりも先にヘッドを動かさないといけないので、ヘッドを走らせる方法として一番わかりやすいのはフォロースルーにいった時にこれだとヘッドが走ってないんで、この場合ここじゃなくてここにヘッドは来てないといけないんです。手元がフォロースルーでここにいた時にここにあるのとここにある。これがヘッドの走らせ方になるんで、ヘッドが走ってる人というのは、フォロースルーを抜いたときにここにある。逆にヘッドが走らない人というのこうなりますね。

手と体だけが動くだけではヘッドが全然戻って来ない、だから力が伝わりづらい

一番良くないのは、ヘッドが全く来ていない、手だけが手と体だけが動いちゃってこういう風にいって、ヘッドが全然来ない。これだとどうしてもちょっと力が伝わりづらいんで、こういう風になっちゃうとドライバーの場合だと、やっぱりどうしても右目に行きやすいとか頭が捕まらないとかっていう風になりやすいんです。

なるべくインパクトしてからフォロースルーでここにヘッドは来るようにイメージをして、それでこのままフィニッシュまでいってあげるという感じになると、ヘッドが走ってくると思います。勘違いしがちなのはこっちでヘッドクラブをためてるんで、ここでヘッドが走るということですね。これをこっちで解いちゃって、早く解いちゃって、ここでこういう風にするっていうのは一見ヘッドが走ってるように見えるんですけど、これだとちょっと引っかかるんです。

この先がこういう風におろす抜き方なっちゃうとどうしても引っかかるので、ここまではなるべくダウンスイングのここまではクラブのコックはためた状態を作ってあげて、タメを作ってインパクトをして振り抜いていくっていう感じです。

アイアンとドライバーの打ち方が一緒なのか、それとも根本的に違う?

それでここからが結構大事なんすけど、よくアイアンとドライバーの打ち方が一緒なのか、違うのかっていう話によくなると思うんですけど、僕はもう根本的には違うと思っています。

ドライバーというのは今みたいにヘッドをなるべくを走らせるのが大事なクラブになってくるんですけど、アイアンの場合は同じようにヘッドをここで走らせてしまうとどうしてもかぶってくるんです。

だから、アイアンの場合はさっき言ったみたいに体の正面にクラブがあるって言うのがすごく重要になってきます。それでフォロースルーいった時にこういう形にする。

さっきのドライバーはこういうのはあんまり良くないって言ったんですけど、アイアンの場合はこういう風な形にインパクトしてから振り抜くっていうのがすごく大事なんです。

その時にここまでドライバーもアイアンもここまでの形はもうほとんど一緒なんで、そんなに変わらないんですけど、こっからの動きがアイアンとドライバーはもう決定的に違ってきます。アイアンなんかはこのままこの角度とタメをキープしてインパクトしてあげるっていうのがすごく大事になります。

インパクトの手の位置はアイアンはボールより左に、ドライバーは左に出ない

ハンドファーストの形でインパクトをして、ハンドファーストをキープして体の表面をキープして振り抜くというのがすごく重要になってくるんですけど、ドライバーでこれをやってしまうとボールが捕まらなくて右に行っちゃうんです。

ドライバーとかの場合にはここまでの動きは一緒でいいんですけど、ここからなるべく早くリリースをしてあげる。こういう形ですよね。ハンドファーストになるべく当てないで、まっすぐ当ててまっすぐ目に当てて、まっすぐ目に当ててでこっからヘッドを走らすというのがすごく大事です。

これをさっきのアイアンみたいな感じでこういうふうにインパクトすると、ボールが右に行くんでこっからいくら返してもボールが右に飛んでしまって捕まらないんですし、スライスボールになりやすいです。

なるべくここまでは同じでここからリリースをしてあげる。それでヘッドを走らせていう形ですね。ここからの動きがこういう風に動くのか、アイアンの場合はここからこういう風に動くのかっていうのはもう決定的に違うので、なるべくこういう風に動かすドライバーとこういう風に抜くアイアンというのがもう違うので、そこはなるべく感覚的に早くつかんだ方がいいかなと思います。

インパクトのボールをとらえるポジションがアイアンはボールより左に手がくるようにするんですけど、ドライバーの場合にはなるべく左に出ないようにボールと同じところで手がきて、こっからヘッドが入ってきて振り抜いてあげるっていう形になるのがすごく大事になります。

アイアンとドライバーのインパクトの場所はこれぐらい違うのかなと思います。皆さんもそこら辺を気をつけてみてください。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓