ゴルフコーチのカイトさんが解説!ゴルフスイング中の右肘の使い型【動画】

ゴルフスイング中の右肘、使い方どうすれば良いかわからない時ありますよね。・・・。昔は右肘を90°曲げろと言うプロが沢山いましたが、大事なのはカイトさん曰くそれは絶対事項ではないんだとか・・・。今回はゴルフコーチのカイトさんが右肘の使い方を徹底解説する動画をご紹介!

トップの位置では右肘が90°曲げろは間違い?

ものを片手で強く振ろうとする時に肘って曲がらないです。これを曲げて早く振る。ぎこちないですか、これ。なので、そもそも人間の骨格上、力強くクラブ、ものを振っていう動作には右肘が過度に曲がる動きは適してないです。

皆さんこんにちわ。ゴルフコーチのカイトです。今回はみなさんが陥りがちなヘッドスピードをロスしてる動きについてお伝えていきたいと思います。

バックスイングの時の右肘の角度に注目したことありますか。プロゴルファーのイメージとアマチュアの方が取り組んでるイメージってかなり乖離があります。アマチュアの方がどういう風なこの右肘の角度、またはイメージ、誤認してるか、認識がずれてるかと言うと、構えて皆さんトップの位置では右肘が90°曲がるようって教わった形だったり、認識してる方多いと思います。これはですね。飛ばなく動きなんですよね。

プロゴルファーは手と胸の距離を意識、距離は遠く遠くに

プロゴルファーの場合は基本的にこの右肘の距離は遠く遠くに作ります。こうすることによって右肘が遠いまま切り返すことによって、切り返しでしっかりシャフトに負荷がかかってしなりが生まれます。

このしなりがインパクトの時にバチーンと戻ってくるのでヘッドスピードが上がって飛距離が出ます。右肘が90度に曲がってしまうとなんで飛ばないかと言いますと、まぁちょっと皆さん試して頂きたいんですが、クラブを反対側に持って右片手だけで持ってビュンビュン振ってみてください。こうする時に自分の右肘の角度を鏡越しにちょっとチェックしてみて欲しいんですよ。ものを片手で強く振ろうとする時に右肘って曲がらないです。これを曲げて早く振る。ぎこちなくないですか、これ。はい、なのでそもそも人間の骨格上、力強くクラブものを振るっていう動作には右肘が過度に曲がる動きは適してないです。

プロゴルファーの場合には手と胸の距離がですね。遠く遠くバックスイングして右肘の角度もそこまで曲がらないイメージで振っています。手と胸の距離が変わらずに振っているイメージですね。でも実際はバックスイングでクラブを振り上げている時点でもうクラブにもここにヘッドが走るのでこの走ったぶんだけ、肘が曲げられてるっていう状態なんですね。

なので実際はプロゴルファーほとんどの方がここを意図的に曲げるっていう意識はないです。プロゴルファーの連続写真とかを見ると見た目は90°度になってるように見えるんですけれどもその人のイメージだったり、体の中で起こってる反応っていうのは手と胸の距離が遠くに遠くに動いてるようなイメージですね。

右肘がほとんど曲がることはないですね。このテンションがあるおかげで切り返しで下半身が踏み込めたり、シャフトにしなりを生んだり、ヘッドスピードを上げる動きができてくるので皆さんもそれを真似して距離アップが望めるスイング目指してやっていきましょう。

肘を曲げる振り方と曲げない振り方のスピードの違い

ではですね、実際に僕が肘を90度に形作ろうとして曲げてみて思いっきし振ってみます。それと伸ばしたままのイメージできるだけ手と胸が遠く遠くのイメージでスイングした場合、どのくらい変化があるか見ていきましょう。

まずは肘を曲げるパターンです。行きます。これマックスです。この状態で今度は右手遠く遠くのイメージと手と胸の距離が遠く遠くのイメージで振ってみます。このような感じですね。やっぱり後者の方がしっかりスイングにテンションあって力強く振れているようにみえると思います。

この右肘の適正な角度、どうやったら身につくかと言うと、片手で一度左にポーンとクラブを振り上げます。早く戻してビタっと止められる位置ですね。この時にしっかりクラブをリリースして走らせてしっかりと止めるようなイメージ、この時に耐えられる右肘の角度がクラブに一番テンションをかけられてヘッドスピードをMAXに出せられる角度なんで。この角度でみなさんも振ってみてください。

なのでこの状態に左手を持ってくるようなイメージですね。この形から切り返していく。飛距離を伸ばしたい方は遠くに遠くにバックスイングにて肘はなるべく意図的に曲げない。クラブの走りによって曲げられる状態でスイングする、またドライバーショットできるように頑張ってみてください。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓