ヘッドスピードが上がる!青山香織プロが教える「左足」の使い方【動画】

今回は青山香織プロさんがヘッドスピードが上がる左足の使い方を徹底解説!飛距離を伸ばすには、左足の踏ん張りが重要です!あなたの左足はインパクトでどうなってますか?しっかり踏ん張るための練習ドリルも紹介してくれていますので、ぜひ取り入れてみてください!

上半身リラックスしていても十分にヘッドスピードは上がります

皆さんこんにちはプロゴルファーの青山香織です。今日はヘッドスピードを上げるコツについてレッスンしていきたいと思います。皆さんヘッドスピードを上げようと思う時にすごく上半身でガァっと力を入れてしまったり、もう本当に上半身にたよってヘッドスピードを上げようとしていますね。

そこでヘッドスピードをあげるコツなんですけど、上半身リラックスしていても十分にヘッドスピードは上がりますし、飛距離も十分に生み出せると思います。

左のつま先がめくれに要注意!ヘッドスピード減速の原因に!

まず一つ目のポイントとしては左の壁、これもよく聞くと思うんですけど、インパクトを迎える時に右に体重が残ってしまい左のつま先がこういうふうにめくれてしまう、そうするとやはりヘッドスピードをここでスピードがしっかり乗ってきたものが右に体重が残って、左のつま先がめくれてしまうことによって減速して、力が抜けてしまいます。

なので、しっかりこのトップからインパクトを迎える時に左のつま先をしっかり踏ん張って壁を作ることによって、一気にここでスピードに乗って、ヘッドが走ります。

左のつま先を踏ん張ってアドレスの状態をキープ

したがって、インパクトの時にこういう力が抜ける動きになってしまうとヘッドスピードも減速してしまいます。なのでしっかりトップから右足で蹴って、下半身を先行させて、ヘッド走らせて、さらにこのインパクトから先では左のつま先をしっかり踏ん張って、その反動でヘッドがスピードに乗って走っていくという、つま先が走らせるためのひとつのポイントです。

まず、左のつま先がめくれてしまってヘッドスピードが減速してしまうショットです。これではあまり距離が望めません。次にしっかりと左のつま先を踏ん張ってアドレスの状態をキープしたままの左のつま先、これだとしっかりとフィニッシュでも踏ん張れます。

青山プロ直伝!ボールをキープで覚える左の壁ドリル

ご自分で練習される時の気をつけるポイントがとても分かりやすくなる練習方法をご紹介します。まず、ボールをアドレスの時まず片手で構えていただいてボールを持ったままでアドレスの位置が決まったら、左のつま先の横に置いてみましょう。そしてこのボールが動かないようにします。ボールが変わらない状態です。

しかし、これがインパクトの時左のつま先がめくれてしまったりすると、このボールが動いてしまうのです。ですから、動いてしまうとこのつま先は方向の方に向いてしまって、ボールもこちらに転がってしまいます。アドレスを構えておいて、アドレスの先の方向が変わらないようにしっかりとこのボールがキープできると左の壁もしっかりできていて、かつヘッドが走りやすくなると思います。皆さんもこのボールドリルを是非試してみてください 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓