JPDAドラコンプロの松本一誠さんが解説!ヘッドの走らせ方のコツ【動画】

ヘッド走らせ方ってどうすれば良いのか、わからないですよね。ボディーターンとか体を軸にとか、腕を積極的に使ってとか・・・。色々言われている昨今のスイング理論ですが、大事なのは松本さん曰く「止める」ことなんだとか・・・。今回はJPDAドラコンプロの松本一誠さんが徹底解説する動画をご紹介!

自分で腕を振って加速させようとしてもヘッドは走らない

ヘッドが走らない人っていうのは自分で腕を振って自分で加速させようと思ってる人、これ意外と早く振れないんです。それで、どうすればいいかと言うとですね。最終結論から言いますと・・・。 

JPDA ドラコンプロの松本一成です。今回はですね、ヘッドの走らせ方、ヘッドの走る原理だったりとかを皆さんにレッスンさせて頂きます。

実際にヘッドが走ってる走ってない人というのはどういう風になってるかっていうのをまず説明させていただきます。

ヘッドが走ってるっていうのはこうあげて、ヘッドが自分の手元を追い越して加速していくようなイメージですね。

逆にヘッドが走らない人っていうのは自分で腕を振って自分で加速させようと思っている人。これ意外と早く振れないんです。

ヘッドを走らせる。結論から言うと、止めればいいんです。

でどうすればいいかと言うとですね。最初に結論から言いますと、止めればいいんです。

そうすると勝手にヘッド、自分の手元追い越しますから、あげたのここで止める練習、だから思いっきり振るのと逆でここだけ振ってみて下さいダウンスイング。であとは惰性で打つ。

アドレスはいつも通りにしてください。そしてテイクバックを上げる。でダウンスイング、ここで止めるんで、右手を離しちゃってください。1、2でスイング!ここで離す!

ふざけじゃない!右手を一気に離そう!そしてビタ止め

これなんかふざけてるように見えるかもしれないんですけどもヘッドを走らせる練習としては自分の手元を加速させたと同時に止める。この動作が必要なってきます。

上げて振る。これができてきましたら右手を話さずに止める。上げる、そして止める。

それでここだけ振る。

 それに自分の本来降ってる体の使い方加えていくと、ヘッドが走る状態になります。そうすればヘッド走りますので、 この段階を踏んで皆さんも練習してみてください。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓