これがゴルフスイング右肘のたたみ方だ!竹内雄一郎プロが教えるバックスイング時の正しい右肘の使い方【動画】

今回はゴルフスイング右肘のたたみ方をミウラゴルフの竹内雄一郎プロがご紹介!バックスイング時の正しい右ひじ使い方を覚えることで正しいスイングプレーンをなぞるスイングを身につけることができます。是非参考にしてみて下さい。

左腕を主体にバックスイングすれば、右肘の角度は自然に決まる

皆さんこんにちは。本日のレッスンはバックスイングでの右のヒジの動きについてです。

この右の肘の動きというのは、バックスイングでこの右の肘が原因で変なトップを作ってしまったり、また正しい軌道で振れなかったりといった動きを作りやすい場所になってきます。

基本的に単純に考えると左腕を主体にバックスイングを作って右手を支えれば、基本この右の肘の角度というのは決まってきます。

左腕を伸ばしている状態、なるべく伸ばしている状態で右手を作る。このように握れば、角度はキープされます。ただ右手を右手だけで意識して上げていく方というのは、この肘の角度というのもそもそも安定してきません。微妙な曲がり具合というのは非常に難しくなってきます。

例えば、このように曲がりすぎてしまったり、また今回のバックスイングしたときに伸び過ぎてしまったりといった形になってしまいます。

左腕を主体にして右の手を握る。そうすると勝手にこの右の肘の角度というのは決まるんですが、この動きを左腕をもちろんバックスイングで意識してほしいんですけども右の腕の動きというのも一度覚えておいてください。

肘が下を向いた状態で手のひらは上を向いているのが正しいトップの形

バックスイングしていく際に右のヒジというのはアドレスの視線で下を向いています。このような状態で下を向いています。なのでこのままこのまままっすぐ左腕を上げていけば自然と肘の形というのは下を向いている状態が作られます。

なのに右の手の握り過ぎてしまうとこのように肘が外に抜けてしまう形になってしまったり、この右のヒジが高く上がりすぎてしまってこのようなバックスイングになってしまいがちです。

なので右のジジというのは下を常に向いている意識を持ってください。このように肘のラインというのは下を向いている意識を持つことでこのトップ、正しいトップというのは作りやすくなります。

このように肘が下向いている形で手のひらは上を向いてくる形へというのがトップで正しい形になります。

この状態の時に腕に力が入ってしまって肘をこのように引いてしまったり、また上にあげなきゃいけないと思って肘を上にあげるとすると肩が引っ掛かってしまったり、様々なNGな動きを右腕は作ってしまいます。

なのでこのシンプルに右の腕、アドレスを作ったらそのまま捻転していく。肘は下を向いている状態というのを作れるようにしてください。

バックスイングで右のヒジを脇にくっつけるのは絶対NG

雑誌なので右肘をこのように脇を締めてくっつけてバックスイングを上げろとレッスンをされている方がいますが、このようになってしまうと見てわかるようにスイングプレーンがかなりフラットな状態になってしまいます。

なので右のヒジを脇にくっつけるという意識はやめてください。この右のヒジを下に向けるという意識を持ってスイングをつけることで正しいスイングプレーン作ることができます。

肘をこのようにくっつけてしまうと真正面から見ても小さなスイングしか作ることができません。右のヒジ、下を向けている意識でバックスイングを作る。これをですね。今回のレッスンでは覚えていただきたいポイントになります。

以上で本日のレッスンを終わります。右肘の使い方しっかりとマスターして正しいスイングを身につけましょう。最後でご覧頂きありがとうございました。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓