ゴルフスイングの右肘の使い方ってなに?宮本プロが考えるザ・右肘論!【動画】

今回はゴルフスイングにおける右肘の使い方ついて、神戸大阪ゴルフスクールの宮本プロが徹底解説!テークバックやダウンスイングで右肘の使い方が分からない方、そもそも右肘をや右脇を閉める動作に疑問を持っているかたなど、是非参考にしてみて下さい。

バックスイング上げてダウンスイングで右肘はどういう風に使うの?

みなさん、こんにちわ。実は右肘を構えてる時の位置からバックスイング上げてダウンスイングでどういう風に使うのっていう質問が SNS を通して結構ありました。ありがとうございます。なので今回は右肘の使い方、正しいポジションについてなどちょっと質問について色々お答えしようかなと思います。

あとは肘とも連動してるのですが、右脇を絞るとかそう言った言葉、肘って体にくっつけるんですかとか、そういった言葉で結構惑わされてる方もいらっしゃいますので、その言葉とか動作についての疑問っていうのもお答えしていこうと思っております。

今日はそのいろんな質問にお答えさせていただいて、最後には正しい宮本式スイングのご説明もさせて頂きますので最後まで見てみてください。

バックスイングやアドレスで右肘をつけたままにするのは間違い

それでは、まず右脇右肘ってバックスイングの時に体につけるんですかとか、アドレスの時から体につけたほうがいいんですかっていう質問があるんですけれども。まず、結論から言いますとつけません。ただし、体格的な問題とかで肘が体の一部に触ってしまう方、骨格もそうですね。ちょっと、あの腕が極端な猿腕なってるよ。とかっていう方とかもそうですけれども。

力入れて構えた時に触れてしまうような方は触れててもいいんです。けれども基本は左肩から真下に左手があって、アドレスをしてそれに合わせて右手を構えます。ダラ~と下ろしてるので肘は体につかないんですね。脇を締めるっていうのは、よくこれ悩まれてる方いらっしゃるんですが、これは脇が閉まってるんじゃないんです。脇はくっつけてるだけなんです。これが脇が閉まってます。これ不思議ですよね。これはちなみに脇開いてます。これは脇閉まってます。これは開いてしまってます。肘が真下に向いていて、クラブをヒョイと上に持ち上げるような状態でこのような角度で保っていれば、脇は閉まってるよって言うんですね。

でも、ここ結構言葉でやっぱり間違ってしまってる。勘違いしてしまっている方多いんです。けれども、肘を真上に前腕を上げた時に折れて下を向いた状態を脇が閉まってるといいます。ただ、それでも体の回転を伴って体を90°回して、体の正面に肘がある形でトップが作れれば、これが一番良い形なんです。

この体の位置の外側にこのように肘を下に向けてるよって言っても体の外側にいますよね。

こういう方も脇は外れている、 肘が外れてっていう風な表現になりますので、ここはご注意下さい。

また、右肘を使って私の冒頭で右肘の使い方という表現はしましたけれども、右肘を使ってどうやってスイングしたらいいですかというような質問もいただいたんですけども、これも結論から言います。右肘は使いません。という風に言っても、肘を使うっていうのはまぁ言葉の上でですよ。言葉の上で考えていただくと分かるんですけども肘っていうのはあくまで関節なので使うっていうのは筋肉のはずなんですよ。関節は筋肉が上手く使えるためにいい位置にいなければいけないものなので、それを使おうとするとゴルフ肘になったり、肘を痛めたりすることがあります。そう言われると納得してしまう方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

私自身もプロのようなインパクトをと思って研修生の時にダウンスイングからインパクトって言って、ここで腕を伸ばすもんだと思ってビッて伸ばしてしていたことがあります。また、ダウンスイングではここでタメがあるから、肘はこうやってたまってくるからって言って、ダウンスイングで自分で一生懸命に練習していてこうだ!こうだ!とあばらにどんどん肘をぶつけていたら、実は私肘であばらにヒビを入れたことがあります。という風に間違っていたんですね。今はこのくっつける動きだとか、こっから絞って押し込むんだとかっていうことは一切やらずにこのままスムーズにスイングしていれば、この時にたまってきてそこから振っていると。それでこの時に体に触れてるんじゃないのって言われるんですけど、触れてると思います。ただ触れさせてはないんですよ。

結果的に正しいスイングの動きをした時に構えて、体を回転させてインパクト。っていう時に肘が体に触れながらきていますが、これはあくまで身体をインパクトに向かって体を回転させた時に腰だけが45°先行した形になって、インパクトされるので。そうすると腰が45°先行するとこのお腹もつられて胸の横あたりも少し前に出てきますよね。

肩関節はまっすぐをキープすることはできるんですが、構えている時よりはこの様に前に出てきます。そうやっていただくと分かると思うんですけども、ここ肘が触れるんですね。なので、トップで捻転差ができた時にアドレスの時は捻転差がありません。なので、肘は触れていません。

ここからトップ作った時に45°の捻転差があり、ここでは軽く触れそうな感じがあってここからよりインパクトに向かって回していくと肘が近づいてきてしまうので触れてるだけになります。これはインパクトの回転のせいなんだよっていうところで肘をくっつけてくるわけではないんですね。

あくまであげたものを回転して戻そうとしてるだけで腰が45°先行したせいで触れてるだけなんです。また、ここからインパクトがよく見ていただくと右肘が曲がっています。

これ私だけじゃなくて世界のトッププレーヤーもインパクトで右肘伸びてる人っていないんですね。是非見てみてください。ドライバーでもです。

右肘がやや曲がった状態からインパクト直後にぐっと押し込むように伸ばされてるんですがこれはあくまでクラブのヘッドの遠心力につられて腕が伸ばされてるだけで自分で伸ばしているわけじゃありません。自分で伸ばすとやってみると分かるんですけど、反り返るような動きになるんでこれがゴルフ肘になったりするんですよね。テニス肘とか、ゴルフ肘ですよね。

伸ばして使おうとすることで逆に関節が行かないところ以上に行こうとして痛めてしまっています。なんで引っ張られて伸びるのはいいけれども自分で伸ばしちゃいけないよってことなんですね。ここは是非確認をしておいてください。

やはり見た目に惑わされたり、言葉に惑わされてしまって違う表現で受け取ってしまうと見た目は似てるかもしれないけどやってる内面が違うんで、ケガや大きなミスに繋がったりすることがあります。

特に怪我ですよね。私も散々ケガで泣いてきた一人なんであなたには怪我をして欲しくないですし、ケガをしたら間違いなく下手になってしまいますので注意してやってみて下さい。

今は言葉について質問が多かったこの二つですね。この質問ありがたいことに結構きました。なのでこの二つについてお話をさせてきました。

肘の平行移動でトップを作ろうとすると、肘が抜けたトップになりやすい

あと、私から見ていて多くの人がやってしまっている肘の使い方、よくトップでこうやって肘が抜けてしまってプロのように肘が下向かなくて、こういうかっこいいトップにならないんですけどっていう相談も受けるんですけれども、これやってしまってる方ってトップが悪いんじゃないんですよ。

この姿、トップの姿が悪いのはそこにいくまでの過程が絶対悪くて、どこで悪いかと言うと「始動」です。「始動」の部分で構えてバックスイングをあげるときにクラブと手を特に肘を平行移動させてこのように持ち上げて、このままトップを作ろうとするとこのような 肘が抜けたトップになりやすいんですね。

この後、正しい動きを説明させていただきますけれども、 肘とクラブを同時に動かすということはクラブが主役なはずなのにあなたが動いてしまってるせいでクラブは大した運動量にならないよって言うのポイントなんです。

クラブを最大限効率よく使いたいのであれば、あなたも最小限で動かなければいけない。ここもキーワードとしてあります。覚えておいてください。ではトップの位置ですね。

 プロのようなトップですね。私も肩の高さまでは肘をあげています。ただ基本のトップはここだという風にアドバイスをしています。右肩の前に両手がある位置ですね。

ここからスイングした方が絶対的に安定感があるという風にアドバイスをさせて頂いてるんですけども最初はこれでゴルフスイングを作った方が絶対にいいです。

ただ、慣れてきたらこのちょっと手の位置はあげて、ハイトップ大きなトップを作って、ここから体重移動グッと入れた瞬間に手が自然に落ちてきて、ここから加速して、インパクトに繋げる。これが特に重要でこのハイトップを作ってもいいんですけれども、ハイトップを作ったんだったら、体重移動してる間に肘っていうのはすぅっと自然と正しい位置まで戻ってからスイングを始めれば、インサイドから綺麗に入っていくんです。けれども、このハイトップ作ってここから体重移動せずに体の回転で肘を横に使おうとしてしまう方がいます。こうすると、アウトサイドインしかならないですよね。このパターンの方も結構多いですので、この高いトップを作ってるんであれば、しっかり体の向きを後ろに整えたままで体重移動します。そうすることで肘が自然と下がって、そこからすぐにスイングにつながってきて、インサイトから綺麗に振れるようになります。この肘の使い方も覚えておいて下さい。こういったことが今回、私がご質問を受けた言葉のよくある間違いパターン。そして動きのよくある間違いパターンですね。レッスンやっていて特に多かったパターンというのを色々とご説明させていただきました。

右肘は上手に使えば、最小の力でボールは飛ぶ。片手でも当たる。

最後に正しい右肘の動きについて説明させていただきます。まず、アドレスを取っていただいて、アドレスの時は1回、右手だけでアドレスをしていただいて、この時に右肘の下に左手の甲を入れるようにしてあげてください。そうすることで少し空間が生まれます。

さらに、肘を引いて、このようなアドレスをするんじゃなくて、腕を軽く伸ばして体の前で肘の下に空間があるようにして構えてあげる。ここからこの手の位置と肘の位置がズレずにこのまま体を回転させながらクラブをあげる。そうすると、肘から下の前腕だけがヒョイとクラブを担いだ形ですけれども、この動きだけでクラブヘッドってトップの位置までいってますよね。

でも、体の動きって肘から下の前腕までしか動かせないんで、肘から下はこうやってあげてるだけです。これを体の回転と合わせると、このようにクラブをあげてるように見えるんです。

けれども、これが体の動きとしては最小でクラブの動きが最大に動いてるから最大のエネルギーが出やすいっていうポイントなんですよ。また肘の位置が上下左右に動いてないから体を正しく軸回転して回して戻すことができれば100%当たります。

肘を中心として持ち上げて、下ろす。そうすると、このように持ち上げて肘を中心として持ち上げて、下ろす。このようにやっていくと軸回転を中心として持ち上げて、下ろす。こうすると片手でも当たるんですね。

ただし、これは握力とか、腕力がないとできないことなので肘を痛めてる方とかはあまりこういう練習はなさらないでください。ただこういう風にすることもできるんだよっていう今私のパフォーマンスですね。これ是非参考にしていただければと思います。このイメージを持ちながら今ぐらいの感覚で今ぐらいのスイング力で是非両手で構えておろす。

右肘を中心として右膝の下には空間があって、ただ体を前からずらさないようにして体を回転させながらスイングを作っていく。そうするとこのように当たってきます。

まずはこれぐらいができるようにしていただいてしっかり上げて下ろす。これができるからこそ、大っきく早く振ってもちゃんと当たりますし、さらにそれができたらハイトップもやってみて下さい。

この基本の動きっていうのはすごく大切にしていただきたいです。右肘は結構、言葉で惑わされてしまって肘の使い方を間違えちゃうことでスイングが安定しない方もいらっしゃるのでぜひ今日のこの右肘の動画を参考にして頂いてゴルフスイングを安定させてみてください。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓