ゴルフスイングの基本、アイアンってどうやって打つ?中井学プロが教えるテクニック!【動画】

今回はゴルフスイングの基本、アイアンってどうやって打つのか。レッスンプロの中井学さんが徹底解説!そもそもアイアンの使い方がよくわかっていない方や日頃、練習場で迷いながらもアイアンを黙々と打っている方など、是非参考になることがあるかも。

アイアンは正確な軌道でかつ、スイートスポットで捉える意識が必要

今回はアイアンの基本についてご伝授したいと思います。まず、アイアン。やはり地面の上のボールを直接打ちます。

ですから、やはりドライバーフェアウェイウッドに比べると、難しいというイメージを持ってる方が多いんです。

では、どのようにすればこのコースにおけるアイアンショット安定するのかというところですが、まず何よりも必要なことというのはミート率なんです。

ドライバーの場合、ヘッドスピードを意識して早く振れば飛ぶというイメージが強い方も多いと思います。しかし、ことアイアンに関しては確実にヘッドのスイートスポットに当て、かつヘッドが正しい軌道を描く必要があります。

手の力を使ってクラブを戻す。だからミート率が半減する。

また、アイアンの場合は上から打ち込むでもなく、 すくい上げるでもなく、クラブの入ってくる角度が緩やかにボールに当たって、その前の地面に着地するダウンブローである。

この形を作ること、これが1番アイアンにとっては大事なことになります。

多くの方がアイアンでミスする場合というのはやはりボールが下にあります。上から打ち込んで球にスピンをかけてあげていく。そういうイメージをお持ちの方が多いです。

ですので、この状態から腕を使ってクラブをこのように上げていって、その後に体が回転していく。下半身からダウンスイングを戻してきます。しかしながら、腕でテイクバックを上げているわけですから、下半身を戻してきても腕は自然には降りてきません。

その分どうしても手の力を使ってクラブを戻さなきゃいけない。これだけでミート率は半減してしまいます。逆に今度はダウンスイングでやはり綺麗に打ちたいと思うがあまり、上体から先にスタートしてしまう。

そのことによって下半身と下半身が同時にインパクト。そしてフォロー方向に開いてしまう。それによってクラブがカット軌道に入ってしまう。

もしくは手前をダフる。手元をあてがいにいってトップしてしまう。そういったいろんなエラーが起こるんです。

クラブと腕は一体化。常に体の正面に固定しよう!

そこで、どのようにイメージしてゴルフ場でこの球を打てばいいんでしょうかというところなんですが、まずクラブと腕というのは常に体の正面に固定をしておきます。

ですのでクラブと腕はこの胴体が右左に動くことによってその位置を変えてるだけで決して腕自体が大きくこのように単独で動いているイメージはありません。

実際アイアンを持つとほとんどの場合、大体は胸を右に向けてあげることによってこの肩の高さまで手元の位置が上ってきます。

このまま、今度は胸を左に向けていくことによって、フォロー方向もこの肩の位置まで手の高さが上がってきます。これがまず基本形です。

あとはクラブの番手の違いによって、だんだんと長くなってくればクラブヘッドの惰性が上がってきます。ですからテークバックは肩の高さですが、フォローの大きさが自然に変わってくる。

この腕と体、そしてクラブが常に体の正面にあるとこの認識だけを持っていただくことによってアイアンの正確性は必ず向上します。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓