これでは飛ばない!?アイアンのスイングで気をつけたい4つのこと

アイアンのショットで上手くボールを狙えず悩んでいる人もいるのではないでしょうか?今回はアイアンのスイングで気を付けたいことを4つまとめました。

体の上下動

アイアンのショットのミスは、体、特に上半身の上下動が原因で起こります。アイアンのスイングで重要なのは、体の上下動を抑えることです。アイアンショットは振り下ろして打つダウンブローなので、クラブを深く打ち込んでしまう傾向にあります。構えからバックスイング、フォローまでの間に上半芯が上下してしまうため、ヘッドの軌道がぶれてしまいミスショットにつながります。

上半身の上下動を抑えるには、集中しすぎて不要な力が入らないようにリラックスをする、ボールの行方を追うように打ってすぐに顔を上げないようにすることで、改善されます。

ダウンブローを心がける

アイアンショットは、振り下ろして打つダウンブローのスイングになります。ボールを空中に高く打ち出したいという意識から、ボールを当てる瞬間のインパクト前に手首の角度がほどけてしまう、体の軸が→足方向に傾いてしまうと、スイングの最下点がボールの手前になってしまうので、ミスショットの原因になってしまいます。

インパクトの時にスイング軸(背骨)をアドレスとほぼ同じ位置にする、ゴルフクラブを握っているテオ位置が、ゴルフクラブの先端よりもボールの飛ぶ方向になっているハンドファーストを心がけるようにしましょう。

リラックスをして必要以上に力を入れない

アイアンのスイング時にリラックスをして、必要以上に力を入れないようにしましょう。アイアンだけでなく、ドライバーやフェアウェイウッドでも同様のスイングが必要です。

リラックスをして体の力を抜くことによって、クラブヘッドの重さを意識することができます。力を入れず基本のグリップでアドレスをし、そのまま状態を起こしてクラブを持ち上げた状態はヘッドの重さを感じることができます。腕に力を入れて同様の動作をするとクラブヘッドの重さを感じなくなってしまいます。

スイング時には必要な箇所以外に、クラブヘッドの重さを意識するために力を入れないようにしましょう。

体の軸を意識してスイング

スイングを崩さずにボールを打つには、体の軸を意識することが重要です。スイングの基本は、腕の動きと上半身の体幹を意識しながら、体の軸を中心とした円運動です。円運動時の軸を中心として、上半身をねじり、その回転エネルギーをクラブヘッドに伝えてボールを打ちます。

クラブを構えてから、フォロースイングまでの間に体の軸がぶれてしまうと、クラブヘッドの軌道が変わりミスショットの原因になるので注意しましょう。

今回紹介した、4つのポイントを意識して、アイアンのスイングをしましょう!