捻転差がパワーを生む!ゴルフで肩を回すために知っておくべき4つのこと

皆さんは練習場やコースでゴルフをしている時にスイングのことで上級者やプロなどから「肩が回っていない」「肩の入りが浅い」などというアドバイスを受けたことがあるという経験はありますか?でも、なぜ肩をしっかり回さなくてはならないのでしょうか?今回はスイングで肩を回すために知っておくべき4つのポイントを解説します。

素振りの時はなんとなくできるけど、いざ目の前にボールを置いて打つとなると肩がどうしても縦に動き、横にクルリと回転するイメージが出ない。そんなクセが身についてしまっているゴルファーってたまに見かけますよね。いわゆるギッコンバッタンのスイングなどと揶揄され、自分ではそんな振り方をしていないつもりでもなぜか両肩はそんな風に動いてしまう。これは単に肩の回し方に問題があるんです。おそらく、そんな悩みを抱えている方の多くがこの記事を読んでくださっているのではないでしょうか?

スイングは肩の回転を意識するだけであなたのスイングは激変します。理由はとてもシンプルです。肩がしっかり回ったテークバックができているスイングというものはそれだけで上半身と下半身との間に捻転差が生まれ、飛距離を最大化できるからです。また、両肩が中途半端にしか回転していないスイングに比べて肩がしっかり回転したスイングはシンプルでムダな動きが少なくなるのでボールが曲がらず、方向性も良くなります。

①手打ちには限界がある!もっと飛ばしたいなら肩を回そう!

ボールは体を使って打っていけ!手を使うと曲がりが大きくなるし、ボールは遠くへとばない!そんなアドバイスを受けたことがあるという方も多いでしょう。でも手でボールを打たずに体でボールを打つといっても初心者の方にとっては、どういう意味なのか、それが全然わからないのではないでしょうか。

実は私自身もこれはとてもまっとうな感覚ではないかと思っています。特に自然とボールを飛ばそうとすれば、野球のピッチャーが肘や手首を柔らかく使って早い球を投げようとするのと同じ感覚で2本の腕を柔らかく横方向ではなく、縦方向にしなるムチのように勢いよく使ってボールを打つ。そんなイメージで振ればヘッドも走って飛ぶと考える方も案外多い気がしてならないのです。

しかし、そんなスイングをした結果、打った球はどんな風になるかというと、実際には球の勢いはつくがものの、ミート率が落ちて上手くヒットできない。またはヒットは出来たものの、トップ系のあたりばかりでボールがライナー性の当たりで飛んでいってしまう、だいたいはそんな結果になってしまうことがほとんどだと思います。

でも、この手を早く動かして球を遠くに飛ばそうという感覚は実は間違っていないのではないかというのが私の持論です。ただ、野球のバット素振りなどを思い出してもらえば分かる通り、ホームランバッターの王貞治さんや松井秀喜さんなど、プロ野球選手のバットの振りかぶり方と比べて、あなたのスイングはどうでしょうか?

両選手のスイングをじっくり見ると、しっかり肩が回転してタメを作り、そこから下半身が先に高速で回転して最後に手が遅れてくるからバットが高速でしっかり回っていますよね。だからこそあれだけのパワーをボールに伝えることができているんです。

確かに両肩が回転していない状態でもそこから、手先の動きだけで高速でクラブを振り戻してくればボールというのはそこそこ飛んでくれます。でもそれはたまたま当り方やタイミングがぴったり合ってうまく行っただけとも考えられ、いつも同じように手首の力だけで安定的に曲がりにくく飛距離も出るボールを打ち続けるのは難しいでしょう。

言い方は少し悪い表現になりますが、そのようなスイングでは「まぐれ当り」に他なりません。いつも遠くへもっと真っ直ぐなボールを飛ばしたいと考えるのならば小手先の力だけでは限界があります。トップで肩をしっかり回転させてパワーをためる、いわゆる捻転力でボールを飛ばすテクニックを習得できなければ、きっとあなたは壁を超えることが出来ないでしょう。

②縦方向?それとも横方向?肩の回転でボールを打つってどんな動き?

肩を回せと言われると、どうしても真横に肩を平行に回してしまう方が多いのですが、回転を言葉どおりに解釈してしまうと少し間違った動きになってしまいます。そこで最初の段階であらかじめ少し説明を加えておきます。

まず、テークバック時の両肩というのは横方向ではなく縦方向に動いていきます。この段階で行き詰まっているゴルファーが本当に多いのですが、これはスイングを後方が見ると単純になぜそうなのかが理解できます。

例えば、地面にあるボールを打とうとする時、ほとんどの方がそうだとは思いますが真っ直ぐ棒立ちになった状態では地面にあるボールはさすがに打てませんよね。人間は地面にあるボールを打とうとすると、自然とクラブを構えたアドレス時点で前傾角度が形成されるのでその分だけ少し前かがみになります。これは自然現象です。

一方でプロ野球選手のバットスイングをよーく観察してみるとどうでしょうか?テークバックからトップそしてダウンスイングとバットを振り戻すときに両肩、特に右バッターなら右肩を下げてスイングする人ってあまり見かけませんよね?つまり、野球のスイングは地面よりもより高い位置でボールを捉えるスイングになるので右肩を下げず、肩をより平行に近いイメージでスイングするのが正しいスイング軌道となります。一方、ゴルフはとなると地面にあるボールにヒットさせる必要があるので前傾している分だけ軌道はやや縦振り、右利きであれば、前かかみになっている分だけテークバックでやや右肩が下がり、ダウンスイングでは左肩やや下がり気味になるのが理想的な両肩の軌道ということになります。

よくレッスン書などではトップの「位置」や「型」の作り方が紹介されていますがトップの作り方に関してはいわゆる野球のピッチャーが両足を仁王立ちの状態で正面のベースに向かってボールを投げるときのトップ位置(ちょうど頭の真後ろに手が来た時)というのをイメージすると分かりやすいのではないかと思います。このような姿勢で投げるときの両肩はちょうど90度くらい回転した状態ですのでこの格好をイメージしながらクラブを握ってトップの形を作ると肩の回転が深く入った綺麗なトップを作ることができます。

巷ではよく横方向、縦方向などという表現がなされていますが、両肩の回転イメージというのは実はそういう動かし方ではなく、正確には前傾角度と平行に回転する形で両肩が動いていくのが正しいバックスイング時の両肩の動かし方となります。

③肩の回転が浅い場合のミスショット

ここまで、両肩をしっかり回転させなければならない理由と回転させるための具体的な方法について色々と解説してきましたが、最後に回転が浅い場合にどのようなボールが出やすいのかを説明しておきたいと思います。

まず、ゴルフスイングというものは両肩の回転が浅いと、ダウンイングでしっかりとした捻転差を作ることができずに下半身が先行して動いてしまうことになります。こうなるとダウンスイングで腰の動きに合わせて腕の動きが必然的にワンテンポ早くなってしまいますのでトップボールに上手くヒットさせるのが非常に困難になってトップやカットなどのミスショットが連発します。

ゴルフスイングというのは腰の回転スピードと上体の切り返しのスピードがなるべく同じスピードで回転するのが理想です。しかし、肩の回転がが浅いと振り急ぎやすくなってしまうのでスイング軌道自体がアウトサイドイン、それを回避しようととすると今度は直前でフェースが開いてしまうので当り損ないのチョロスライス、もしくは超低空のトップボールといったミスショットが出やすくなります。

逆に両肩の回転が深く入った綺麗なトップを作った状態から腰を切り返してくる場合、上体と下半身との間に綺麗な捻転差によるタイムラグが発生します。このようなスイングであれば、極端な振り遅れは起こりにくいので「間」と「タメ」がある状態ですし、懐にも余裕が出てきます。

さらに、この状態からダウンスイングで手元を真下に落とすイメージで正面にあるボールに向かって腰の回転力を使って真横から払い打つイメージのインパクトが出来れば、ボールはこれまでにないくらい遠くに飛んでいきますし、しっかりと真っすぐ飛んでくれるでしょう。

ちなみにどうしても肩の回転が浅い、上手く回す方向が分からないという方はクラブを正面の胸で抱きかかえるようにクロスした状態で持ち、胸を前傾角度と平行な角度でグッと回転させる練習を鏡の前や腰を真後ろの壁につけた状態で回す練習をするとしっかりと両肩が回転したテークバックのイメージというものが作りやすくなりますよ。是非試してみて下さい。

④欧米型スイングで肩を回転させる方法

D・ジョンソン選手やJ・ローズ選手など、欧米のスイングコーチであるジョージ・ガンカス氏など、最新鋭のゴルフメソッドを自身のスイングに取り入れようとする動きがここ数年、急激に加速してきています。

これらのスイングは、テークバックの両肩の使い方にも独特な動きがあり、それぞれ①ローリング②サイドベンド③エクステンションという3つの特徴があると言われています。

それぞれを事細かに見ていくと、ローリングとはいわゆる肩を真横に回転させる動きのことで、サイドベンドとは肩を水平に「Tの字」型にした状態で腰はそのまま固定したまま動かさずに、テークバックでは右手右肩を上に動かし、ダウンスイングでは左手左肩を下げるといったイメージで上下に大きく縦揺れさせてトップスイングを作っていく動きが入るそうです。

とにかく、これまでのスイング理論ではタブーだったことが正しいとされるこの理論は実践しているプロを中心に結果が出てきている段階ですが、試す価値十分ありそうです。しかし、ローリングさせながら、サイドベントの動きを両立するのは少し難しいテクニックですし、ある程度の練習量が必要になってくるでしょう。

ちなみに、3つ目のエクステンションとは胸をしっかり張って上体に張りを持たせる動きのことで、それぞれ①②③の動きを組み合わせると、弓矢をボールに向かって引くような動きでテークバックするようなイメージの両肩の使い方になるそうです。我こそはという方がいましたら、是非挑戦してみて欲しいものです。今回も最後までご一読下さいましてありがとうございました。