右曲がり?左曲がり?ショットのときのゴルフボールの3つの軌道

ボールの軌道は、ティーグラウンドからグリーンまでボールを運ぶときに重要です。意図しない方向にボールが飛ぶのは原因があります。今回はゴルフボールのショット時の軌道を3つまとめました。

ゴルフの軌道は大きく分けて3種類

ゴルフボールの軌道は大きく分けて、「ストレート」「スライス」「フック」の3種類があります。

ストレート曲がり幅の少ないボールの軌道、スライスは右曲がりのボールの軌道(右利きの場合)、フックは左曲がりの軌道(右利きの場合)です。

ボールの軌道を確認することで、初心者にありがちなボールの軌道から、上級者になるために必要なボールの軌道にするための練習方法を見つけやすくなります。

スイングの軌道は、体の軸や手首の動きなど、体の動きに全て関わってきます。自分のスイング時の体の状態を確認することで、スイング軌道を修正することができ、ボールの軌道を変えることができます。

曲がり幅が少ないストレート

ストレートは曲がり幅が少ない、目標方向までボールがまっすぐ飛ぶボールの軌道です。少ない打数でボールをカップに入れるには、思った方向へボールを運ぶ必要があるので、曲がり幅の少ないストレートの軌道は上達するために必要不可欠です。コースの設計によっては、ストレートの軌道がリスクを伴うことがあります。

ストレートボールを打つには、ボールを飛ばす方向(飛球線)に対して平行に立ちます。クラブの面であるフェース面の向き、両肩、両肘を結んだラインは非急性と平行にセットすることがポイントです。

ボールが右にいってしまうスライス

スライスとは、右利きの人で左から右に大きく曲がっていくボールの軌道のことです。スライスは、初心者に多く見られる、ボールの軌道です。ボールの軌道がスライスになる原因は、フェースが右を向いたままでボールに当たっている、外側(アウト側)から内側(イン側)に斜めに動くヘッド軌道のアウトサイドインのスイング軌道になっているなどが挙げられます。

フェースが右に向く直し方は、クラブヘッドが頂点にあるトップの時点で右脇が開いてしまわないよう意識しましょう。左脇を締める意識をしてスイングをすると自然と右脇が締まります。

アウトサイドインの軌道は、アドレスで構えたときの目の位置を動かさず、振り抜くまでボールを見ると改善されます。