ゴルフスイング中の右ひじを伸ばすのか、伸ばさないのか?坂本龍楠プロが解説!【動画】

今回はゴルフスイング中の右ひじを伸ばすのか、伸ばさないのか。ティーチングプロの坂本龍楠プロが解説!アドレス時の右肘の使い方や左肘の動作について疑問を持っている方は是非参考にしてみて下さい。 

アドレス時の右肘は伸ばす?曲げたまま?どっち? 


本日もご質問が来たのでお答えしたいと思います。トップの形から右肘を伸ばして打ちに行くとのことですが、左肘を引くことで右肘を伸ばすと考えても良いでしょうか。イメージとして右肘を伸ばすのか、左肘を伸ばす、引くと考えたら良いでしょうか。 

また、左肘のアドレスのところで伸ばすのが良いのか。左肘を曲げたまま、左に引きながら、ロフトを立てて、インパクトにもっていくとどちらが良いのかというご質問でした。 

左腕は緩めておいて、どんどん先に進ませるのが理想 

これはですね。左肘の曲げとその右肘の伸びの問題になります。ご質問は左肘のことと右肘が伸びるということについてだと思います。 

本来皆さんのイメージだと左肘を伸ばして、左で引っ張ってきて、右肘をいつ伸ばすかという形になってしまいます。 

そればかりやっているとどうしてもかなり体の反射が良くないと右サイドが潜り込んで肩が下がったような状態でその状態で打つと体が開いたり、クラブを煽ったりという状況が起こります。 

したがって、自分自身の考えとしてはあまり左腕はすごく伸ばすというよりは緩めておいて、どんどん、どんどん先に進ませてあげる。その間にこの懐のスペースがありますのでそのスペースの間に右腕が伸びている。 

右腕が伸びていることでその左腕もどんどん前に進んでいくっていうことでいわゆるハンドファーストではないですけど、クラブがどんどん進む。そして手元がどんどん進むということでその間にこのように打撃ができるようになります。 

左腕を緩めておけば、その間に右肘を伸ばせる 

自分自身で引っ張ってしまうと残っていたクラブを最後に出さなくてはなりません。したがって、そのような目的で肘を曲げてリラックスした状態からクラブを振ってもらった方が優しいですよというお話になります。 

ご質問はやはりどう使うかっていう迷いの中の話だと思います。ですが、左肘はリラックスして感覚としてはあまり伸ばしていくという状況を作らずにもう感覚としては曲げたままの形で回して頂く。 

その間に右腕は伸ばせれば、右腕の間隔を使って打つ前にしっかりと伸ばして打てるようにしていただくということが大切になります。 

ですので左肘は曲げたままの感じで右肘でどっちかというとボールに対してこのように地面に届くかどうかというのを図りながらスイングしてもらった方が良いと思います。そこを注意して練習してみてください。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック) 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓