スコアアップを目指せ!ゴルフボールを芯で捉える3つの打法

ゴルフクラブの芯でボールを捉えたショットは気持ちが良く、飛距離を伸ばすことができます。今回はボールを芯で捉える打ち方を3つまとめました。

芯は飛距離に関係あり

クラブヘッドの面であるフェースには、スウィートスポットと呼ばれる点があります。スウィートスポットはゴルフでよく耳にする「芯」のことです。スィートスポットで打つことによって、ボールを当てる瞬間であるインパクトでのエネルギー効率が最大となるので、飛距離を伸ばすことができます。

スウィートスポットは、ヘッド内部にある重心点からフェースへ伸びる垂線が、フェースに交わる場所にあります。ドライバーはフェースの真ん中、アイアンはフェースの下部にあることが多いです。

スウィートスポットの位置を知る方法は、フェースを上に向けて、上からボールをぶつけると見つけることができます。グリップを握っている手に伝わる衝撃が一番小さくなる場所が、そのゴルフクラブのスウィートスポットです。

ティーアップの高さに注目

ゴルフボールを芯で捉えるには、ティーアップの高さに注目すると良いでしょう。ボールを芯で捉えるには、ティーアップが高すぎると、上手く捉えられないことがあります。

ティーアップがボールがヘッドよりも2/3以上でているような高さの場合、クラブを持って構えたアドレスの場所にインパクトでヘッドが戻ってしまうので、ボールが芯に当たらず打ち上げたようなショットになり飛距離を稼ぐことができません。

ティーアップを少し低くすると、芯でボールを捉えやすくなります。

オーバースイングになりすぎない

芯でボールを捉えるためには、大きなスイングであるオーバースイングになりすぎないようにしましょう。飛ばそうとする意識や、ボールに上手く当てようという意識は、オーバースイングになりがちです。芯にボールを当てるためには、コンパクトなスイングを心がける必要があります。

また、オーバースイングは振り遅れの原因にもなってしまうので、芯にボールが当たらないだけなく、ミスショットの原因にもなるので注意しましょう。

ゆっくりとしたスイングを心がける

芯で捉えた打ち方は、ゆっくりで確かなスイングを心がけるようにしましょう、良いゴルフスイングとは、十分なヘッドスピードでクラブヘッドが安定した動きをする、フェースがターゲットを向いている時間が長いスイングです。

ゆっくりとしてテンポのスイングを心がけることで、芯で捉えた良いゴルフスイングをすることができます。インパクトの瞬間やその直前に飛距離を伸ばすために、急にスピードを上げてしまうと不要な力が入り、ボールに上手く当たらなくなるので注意しましょう。

今回紹介した3つの打ち方で、芯で捉えた気持ちのいいショットをしてみてはいかが?