スコアが伸びる!ゴルフの「オンプレーン」ってなに?

オンプレーンは基本的なスイングプレーンです。オンプレーンのスイングができると、アドレスと同じ姿勢でインパクトを迎えられ、ボールをまっすぐ飛ばせます。今回はオンプレーンについてまとめました。

「オンプレーン」とは?

スイングを目標方向に対して真後ろから見た時のクラブの軌道をスイングプレーンといいます。オンプレーンは真後ろから見た時、クラブヘッドとボールと首の付け根の3点を結んだ三角形の中にクラブが収まるスイングプレーンです。オンプレーンでは、アドレス(構えたとき)の姿勢と同じ姿勢でインパクト(ボールとクラブヘッドが当たる瞬間)を迎えます。

オンプレーンを直訳すると「平面上」であり、スイング軌道が平面的な軌道をとることが由来です。

できていないとどうなるの?

オンプレーンで打つと綺麗なスイングとなり、ボールがまっすぐ飛びます。またオンプレーンを身につけると毎回安定したスイングを再現できます。逆にオンプレーンができないと、スイングが乱れ様々なミスにつながります。

真後ろからスイングを見た時クラブヘッドが前方に飛び出ている場合、アウトサイドインの軌道になりやすく、スライス(ボールが意図せず右に飛ぶミスショット)につながります。また真後ろから見た時クラブヘッドが後方にずれている場合、インサイドアウトのスイング軌道になりやすく、フック(ボールが意図せず左に飛ぶミスショット)が出やすいです。

うまくできない原因

スイングプレーンが安定しない原因は、腕のねじれに問題がある場合が多いです。

ゴルフのスイングでは体の動きに合わせて腕を動かし、クラブをコントロールします。スムーズに腕をねじることで、体と腕の動きが連動したスイングができます。しかし、腕のねじれのタイミングが早すぎたり遅すぎたりするとスイングプレーンが乱れ、ミスショットにつながります。

ねじれのタイミングが早い場合はクラブヘッドが体の後方にずれフックにつながります。ねじれのタイミングが遅い場合はクラブヘッドが前方にずれスライスにつながります。

「オンプレーン」のチェック方法

オンプレーンができているか確かめるには、目標方向の後ろから自分のスイングを撮影することをおすすめします。動画で確認することで、自分のバックスイング(振り上げ)の軌道を客観的に見て改善できます。

後ろから見た際、アドレスしたシャフトのラインと首の付け根とボールを結んだラインの間にバックスイングが収まっていればオンプレーンのスイングです。動画ではオンプレーンの範囲内にクラブが収まっているかどうかを確認します。

オンプレーンのスイングを身につければ安定したスイングができ、見た目にも綺麗なスイングができます。オンプレーンのスイングを身につけて、かっこいいスイングをしてみてはいかがでしょうか?