ゴルフスイングでヘッドを走らせる、上半身の脱力方法を伝授!上半身の前傾キープの意識が上達への近道!【動画】

今回はレッスンプロの菅原daichiさんがゴルフスイングでヘッドを走らせる、上半身の脱力方法を伝授!上半身の前傾キープの意識が上達への近道!菅原さんによると、腰を開くと下半身も開き、上手に体が回転しない問題を解決するには、お腹と胸が下に向けたまま回す意識大切なんだとか。球が捕まりづらい人は必見です!ぜひ参考にしてみてください!

腰を開くと下半身も開き、うまく体を回転できない?

どうもゴルフレッスンプロの菅原daichiです。今日も横浜ハンズゴルフクラブからお送りしています。そういうことで今回は質問に一つお答えしたいと思うんですが、以前にですね。ハンドファーストに関するまぁドリルとかでやはり下半身をしっかり開かないとハンドファーストっていうのができなくて、ほとんどのハンドファーストのエラーっていうのは下半身が開かない、腰が回っていかないことによって、エラーが起きてしまいますよって言うの説明をさせていただいたきました。

ただ、その中の質問の一つに腰を開くと下半身も開いてしまって、うまく体を回転できませんって言うねコメントがあったんですけども、そのコメントに対して簡単にお答えしていこうと思うんですが、この腰をを回す、体を回すってことに関してままぁ一言でいえば、あの簡単な表現なんですけども、実際にはどう回っていくのかに関して今日は説明いたします。

他の動画でも言ったことがあると思うんですが、体を回すっていうのはまぁ要するに体を開くということなんですけど、良くない開き方っていうのは、この胸やお腹おへそが上に向いちゃう訳ですね。まぁ開くような、身体が開くとスライスするみたいなレッスンは結構多い訳ですね。レッスン本みたいな。

お腹と胸が下に向いたまま回そう!まずはイメージトレーニングから

スライスの原因は体が開くからです。肩を閉じましょう。みたいなレッスン本がですね。結構も多くあると思うんですけど、私はそのレッスン本こそがですね。腰を開けないゴルファーが多く生まれてる原因なんじゃないかなと思うんですけど、一時的な応急処置であったり、イメージの一つとして確かにあったりするんですけどね。

腰を開かないと、とにかくクラブが腕がリードされてこないんで、だから手打ちになっちゃうっていう、まぁ多くのゴルファーが悩んでるところだと思うんですけども~。

ちょっと話は脱線しましたが、どうやって体を開くかってことに関してには要するに上を向くんじゃなくて、胸とおへそですね。それがずっと下向いたまま、回っていけばいいんですよって感じなんですね。お腹と胸が下に向いたまま回すっていう、まずそういうイメージトレーニングをしてあげることですね。

腰を回せ!ではなく、足の力で下半身は回転する!?

開くっていうと肩だけ開くみたいなイメージがあるかもしれませんが、腰から開く、性格にいえば、もっと足からです。足から動かして、足の力、右足の力で体ってのは回っていきます。

つまり、右から左に力が移動して、その足の力で下半身というのは回転していきますので、とにかくお腹、胸が下向いたまま回るって言う事に関しては前から動画でも言っている通りです。

じゃあ骨盤の傾き、骨盤の前傾が大事だよねとか、足に構えた時に足に力が入ってることが大事だよねとか、背中が丸くなってないことが大事だよねっていうのは、そこが構えの話に繋がってきます。

また、構えはある程度はいいのにダウンスイングで体が良くない開き方をしてしまう方はバックスイングでこの軸がちょっと起き上がってくるみたいな、左肩が起き上がってきてダウンスイングでもこう右肩が下がってみたいな動きをしてくると体は上に開いてしまいます。

だから、いかにおへそや胸が下を向いたまま、引きつけられるかって言うとまぁこういう素振りとかをですね。あの鏡の前とか、ビデオ撮ったりしてめちゃくちゃやったほうがいいですね。

めちゃくちゃやった方がいいんですけど、全然やってない方が多いのでやっぱりやったで方がいいですね。わかるまでボールなんて打つもんじゃないと、ちょっと噛みましたけどね。ボール何て言うもんじゃないと思っております。

シャドースイングやイメージトレーニングで体の傾き、軸の作り方を覚えよう!

とにかく前からここ最近、動画で結構よく言ってますけど、素振りしましょうってスクール生には言ってるんですが、全然しないって言うね。

今回はその体が開いちゃう、良くない開き方はこう上に向くっていう、そもそも前傾がちゃんとできてない方は絶対に上向きます。

ですので、まずは前傾、骨盤の前傾、この足に力が入る形、踏ん張れる形、下にクラブを引き寄せる形、足に力が入るからそういった構えを作ってお腹が上を向かずに下向いて開く分にはいくらでもいいですよっていう、クラブをちゃんと引っ張ってこれますよね。 

今めちゃくちゃ意識して開いていましたが、このようにクラブが下に向かって開くと、腕クラブがこう引き寄せられてきて、巻きつく動きになってくるんですけども、振り遅れてもですね。まぁボールは捕まってくれるというね。そんな感覚になってくるのでまぁ、ここら辺は難しいですけどね、ここまで到達するには。

だからこそ、素振りやイメトレでクラブを持たずにどうやったらお腹やおへそが下向いたまま、肩が下向いたまま回っていくのかなってことを考えながら、最後はインパクトで左に体重が残ってると姿勢は自然と起き上がってきます。

まずはゆっくりと鏡の前とかでシャドースイングやイメージトレーニングを行って正しい体の傾き、軸の作り方っていうの学んでいきましょう。特にクラブがない状態だとそういう動きはわかりやすいかなと思います。

ということで、今回は簡単にはなりましたが、腰を開こうとすると上に向いちゃうっていう方関しては捕まえ方、動き方の軸のキープを説明いたしました。アプローチとか、素振りとかからでいいと思いますのでとにかくフルショットしないことってのもありますね。何か変えたいと思うときはそういうところから頑張ってみていただければと思います。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓