ゴルフコーチ「スギプロ」さんが解説!スイング中の右肘の使い方【動画】

今回はプロコーチのスギプロさんが今回はスイング中の右肘の使い方を徹底解説!ピッチャーで言うとアンダースローの動きやフリスビーを動かす動きと同じと語る吉田一尊さんの解説は必見の価値あり!スイング中の右肘の使い方は是非、動画で右肘が効率的に動くイメージのコツをマスターしてみてはいかが?

右の肘をスイング中に外側に使わないということ

皆さんこんにちはスギプロです。

今回は飛距離を出すため、そして正確にショットを打つためにとっても重要な右の肘の使い方についてレッスンを行っていきます。

では、スイング中の右の肘の使い方です。大切なことはですね。右の肘をスイング中に外側に使わないということです。どういうことかというと、スイングをしてる際に、できるだけ内側に内側に使っていくということですね。

これを言うとよく勘違いするのは、じゃあ先生、あの~内側に使うってことは絞るんですか?っていうようなことをよく生徒さんに言われますけど、これはそういう意味ではなくてスイング中に例えばダウンスイングに入ってきた時に肘を外に向かってこうかぶせるように使わない。つまり、体に対して内側に使ってくることですね。これが正しい使い方になるんですね。

右肘の使い方がわからない人は円盤上げをイメージしよう

今回は具体的にわかりやすく説明するためにハガキをちょっと用事しました。

ちょっと昔の話になりますが、昔でいうフリスビーですね。いわゆる円盤を投げたりするような動き、ピッチャーで言うとアンダースローの動きとかになりますけど例えばですね。

こういったものを目標に向かって投げるとしますよね。そういう時にですねどういう肘の使い方をするかというと、投げるためにですね。まず、投げようとした時は多分、こういう風に手を使うと思うんですね。一旦、外に向かって動かす。そして、これを目標側に投げる時は外に使って投げる事はできないと思うんですね。

必ず肘を内側、体に対して内側に使うと思うんですね。つまり一旦、外側に使ったものを内側に使って、こういう風に投げる。これはですね、野球で言うとピッチャーの投げ方ですね。こうやって最初は本当に使って後ろが手を持ってきますけど投げるときは内側に使って投げるんではないかと思います。

自分はの野球はそんなに上手じゃないのでわかんないんですが、おそらくそういうことだと思うんですね。ゴルフの動きも一緒で向こう側に向かって、投げる際は肘を外に向けるように使ってクラブを降ろしてくる。例えばですね、これを肘を外側にこういう風に使っておろしてくると上手に力をクラブヘッドに伝えることが結構難しいわけなんですね。しかし、なぜか結構、皆さんはこの位置で既に肘が外を向いてしまってて、ここから肘を張るような感じで下ろしてる方がかなり多数いらっしゃいます。

肘を外側に使ってクラブを下ろしてくると、不可解な動きが入る

できるだけ肘は内側に使っていくということですね。こうすることでクラブヘッドに順番に力を伝えていく動きがしやすくなります。

これやってもらったら分かると思うんですけど、肘を外側に使ってクラブを下ろしてくると、どうしてもそこからボールを打つためには下からしゃくりの動きが入ってしまって振り遅れてしまう。ですので肘は必ず体に対して内側に使っていく。これはとっても大切なことですね。

こういった物を投げる時に外に一回、こうやって動かす動きっていうのはゴルフでいるところのパッシブトルクの動きですね。間違ってはいけないのはですね。クラブを内に引いていって外に動いて、ここから内側から下ろしてこようとするというのは動きとして少し複雑すぎるわけです。

外に肘を使って、投げるときは内側に使う。外に使って内側に使うっていう、こういう風な動きですね。このように肘を使うことでスイングの力の伝わり方がとてもよくなります。

ですので、必ず肘は内側に使う。外側、外側に使うのはバックスイングであげるところだけですね。ダウンスイングでは必ず内側に使ってくるっていうことを心がけてください。

ダウンスイングで肘を体につける必要ナシ。自然と付いてくるのが◎

あとはダウンスイングの時にですね。肘を体につける必要は全然ありません。ここに付くのはですね。体が先に先行していくので自然に体の近くに右の肘が入ってくるって言うだけで自分で取り付けてしまうと遠心力が働きにくくなります。

ですから体を回した結果、肘が体の近くに入ってくるというのはいいんですけど、自分で自らよくこういう風に体に付けてこようとする。これはスイングの軌道を乱すことになります。ですので必ず内側に肘を使って体が回った結果、肘が体の近くに入ってくるというようなスイングを行うと良いかと思います。

今回はですね、スイング中における右の肘の使い方についての重要性について解説させていただきました。スイング中に必ず肘を内側に使っていくことでスイングのバランスと距離、それから方向性が必ず良くなりますのでぜひ参考にしてみてください。

詳しい内容が知りたい方は画像をタッチで動画をチェック!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓