ゴルフスイング時の正しい右肘の使い方とは?スギプロが考えるインパクト時の右肘の使い方【動画】

今回はゴルフスイング時の正しい右肘の使い方をゴルフレッスンプロのスギプロがご紹介!スギプロさんいわく、右肘を体に付けて回転できるようになるとシャフトプレーンが安定してインパクトが良くなるそうです。最近、安定的にボールヒットできていない方は今回の動画を参考にしてみてはいかがですか?

右の肘を体に付けて回れ本当に正しいのか?付けるのはなぜ付けるのか?

いつもスギプロチャンネルをご視聴いただきありがとうございます。 PGA ティーチングプロのスギプロです。

今回はですね。ゴルフを始めた頃によく右の肘を体につけれとかいうレッスンとかを上手な人から教えを受けたことがあると思うんですけど、この右の肘を本当につけていいものなのか、スイング中にですね。もしくは付けるのはなぜ付けるのかについて解説を行ってきたいと思います。

初心者の頃にですね。ダウンスイングに入ってきたら、右の肘をつけて打ちなさいと言われた事がある方は多いと思うんですけど、これはですね。右の肘をつけるか、つけないか。これはもうほとんどのプロは右の肘がついて体についてインパクトします。ただしですね。これは手をこういう風に体に無理やりつけてるわけではないんですね。

どういう風なことかというと、バックスイングからトップの形。そしてここからダウンスイングに入ってきた時に実は下半身から動かしてきて、それから上半身が動いてきてそれから手が動いてそれからクラブヘッドが下りてくるわけなんですけど、この時にですね。順番に回転することで手をこういう風につけるんじゃなくて、下半身から回してくることで右の肘が自然に体についてきてインパクトを迎えるというわけですね。

横から見るとトップからダウンでここから下半身が切れて腰が回ってきて、肩が回ってきて腕が降りてきてインパクトを行うことでこの時に自然にここで離れていた右の肘がですね。

これが自然に体についてくるということです。

ですので無理やり手をこういう風に右の肘をつけて下ろしてくるっていうわけではないんですね。それはそれとですね。こういう風な鋭角なダウンスイングになりすぎて、特にドライバー打つ時はこれすごい打ちにくい動きなってしまいます。

ですから、まず右の肘は腕でつけるんではなくて、体の回転、順番は足、腰、肩、腕という順番でくると自然にこういった感じでついてくるようになるということですね。

右肘を付けて回ると、スイング中にシャフトプレーンのガイドが出来上がる!

あと次にですね。右の肘をつけて打ったほうがなぜいいのかについて説明します。インパクトの形で腰が切れてこういう風にして順番に動いてくると右の肘がついて右の脇腹の辺ですね。

この脇腹の前の辺がついてインパクトをこういう風に行う理由なんですけど、これはですね。スイング中のガイドになるということですね。自分がよく言っている構えたときのこのシャフトのプレーンですね。

この角度に沿って下ろしてくる時に右の肘が付いて下りてきたほうがしっかりとしたシャフトプレーン取るということとダウンスイングでもしこれで右の肘が離れてしまう。

そうするとクラブをリリースする動きになりますし、クラブが遊びすぎるわけですね。ですのでダウンスイングでしっかりと体の回転で右の肘が自然にここについてくる状態ですね。

体の脇腹の少し前の辺りに自然についてきて、ここからはついたまま自然に回転起こしていきます。こういった感じですね。ここからは付いたまま回転して、そしてインパクトすると同時に離れていく感じですね、

右の肘をつけたまま、実際にスイング。ボールも打ってみよう

それではあの具体的ですね。右の肘をつけて打つ練習法がありますのでご紹介します。まずアドレスを普通に取りますね。そしてこの状態で腰を一度切りますね。こういう風に切ります。そしてその時に右の肘をつけた状態ですね。

それでバックスイングから行なっていくんですけどトップのところは若干離れてもいいです。そして戻してくる時にここのハーフウェイダウンに来た時にですね。シャフトのプレーンに乗った時、ここからはですね。右の肘をつけたまま、スイングを行います。では実際にやってみます。

腰だけを切って、右の肘をつけたままインパクトですね。はい、今みたいな形でですね。ハーフウェイダウンのここの腰の高さに来た時に右の肘を付けたまま、腰を切ってこうやってスイングをする。

こうすることでスイングが安定して、右の肘がガイドになるわけですね。そうするとこのシャフトのプレーンに乗ってインパクトが出来るので安定したスイングができるということですね。

はい、今回はですね。スイング中に右の肘をつけてスイングする、なぜスイングするのかということについて解説レッスンを行いました。

まず一つ目は体を下半身から順番に動かしていくことで自然に右の肘が付くようにすること、二つ目は右の肘をつけてそのまま体を回転してインパクトを行うことで安定的にボールヒットできるということですね。

スイング中に右の肘が体から離れてしまう方は今回の動画を見て是非参考にしてみてください。スギプロでした。

これからもですね。スギプロチャンネル皆様のゴルフの役に立つ動画をたくさん作っていこうと思いますのでこれからも是非よろしくお願いします。いつもご視聴ありがとうございます。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓