ゴルフスイングは右手首を意識せよ!スギプロ流、右手首の使い方【動画】

今回はゴルフスイングは右手首の使い方がテーマです。スギプロの話によると、テークバックからインパクトまでの右手首の使い方は専門用度を使って解説すれば、誰でもわかりやすくなるとのこと。右手首の使い方はどうすればいいかイメージが沸かない方や悩みがある方は是非参考にしてみて下さい。

テイクバック時の右手は腰の高さまでは背屈、その先は撓屈という動きを使う

今日はスギプロです。今回はですね。コッキングのやり方というか、手首の使い方ですね。主にまぁ右手の使い方になるんですけど、手首の使い方について説明します。

まずアドレスからのバックスイングですね。テイクバックをする際に右手の使い方は右手の甲の内側に折るような感じで(クラブを)上げていきます。

最初は右手の甲を少し折るような感じですね。これを背屈と言います。背屈という動きです。その背屈の動きで上げていくわけですけど、この時にこういう風にローテーションを起こさないように、ここから背屈した状態、ここで上げていくわけですけど、この時に腰の高さに入ってくる時に大体45°ぐらいの角度がつくイメージで(クラブを)上げていきます。

そうすると、どうなるかと言うとですね。普通、この手首の形を何も使わなかった場合、肩を回して手首を一切使わない場合は肩がですね。90°回って、やっとクラブが腰の高さに来るようになります。

これはもちろん手首を一切使わない訳なんで。ここからここが0度だとすれば、ここから上がってきて、肩が90°回った時にやっとクラブヘッドも90°に来るという感じになります。

こういう風にすると効率がものすごく悪いので、上げてくる時は右手の甲を内側に折る背屈という動きでバックスイングを取っていきます。まず、バックスイングで右手の甲を内側に折る背屈という動きですね。そして腰のラインまで持っていきます。

この時に手の平が前傾姿勢と同じ角度になるようなイメージであげていきます。こういった感じですね。ここからですね。さらに背屈、この手の甲側に折る動きが強まりながら、トップを作っていく訳なんですけど、背屈っていうこういう風な動きだけではなくてですね。

今度は撓屈っていう動きですね。撓屈という動きは手首を縦に使う。縦に親指の方向に使う動きを撓屈といいます。逆にこっちに使う、横に使う時は尺屈と言うんですが、(クラブは)撓屈、親指の方に動かすようにして上げていくようにします。

そうすると、バックスイングでは背屈を45°です。ここからさらに背屈をさせながら、撓屈というこういう動きも使いながら、トップの形を作っていきます。なのでイメージとしては腰の高さまでは手の甲の内側による背屈、ここからは今度は撓屈という動き、右の親指の方向に主に動かしながら、背屈もしますが撓屈という動きを使ってトップの形を作るようにします。

ダウンスイング時の右手首は背屈と若干の撓屈を維持したままインパクト

はい。ではこのトップの形からダウンスイングですね。ダウンスイングに動いてくる時にどういう風な動きを右手がすればいいかということです。

ここからトップ。トップからダウンスイングの時はこの形をですね。あまり動かさない状態です。右手の手の甲の方に折る背屈という動きとここの親指の方に折る動き、撓屈ですね。この動き、この形を維持したままインパクトまで持ってくるイメージで下ろしてきます。

実際には若干、尺屈という、こう手がですね。少しずつこういう風に戻ってくる動きは発生する訳ですけど、基本的にはトップからダウンスイングに入ってくる時は出来るだけこの形を維持してさらに深くなってくるようなイメージでこの縦の動きと横の動きですね。この動きが深くなるような感じで下ろしてきます。

そして、インパクトの時にはまだ右手の甲が折れた状態、背屈の状態と 撓屈の状態をできる限り維持をしながら、インパクトをします。例えば、右手の甲が戻ってきて、インパクト。あるいは、この撓屈という動きが解けてしまって、こういう風になってしまう。そういう風になると、スイング軌道なので狂ってきますのでトップで維持したその右手の角度をですね。角度を保ったまま、インパクトまで持ってくるようなイメージにします。

手首の使い方は腕の動きや肩の動きとの連動を意識する必要がある

この手首の使い方はですね。実はこの腕の動きですね。腕の動きとですね、かなり連動してる訳なんですね。手首だけの動きであれば、これは背屈からの撓屈。背屈からの撓屈っていう動き。横に動いてからは主に今度は縦に動くっていう動きなんですけど。

今度は実はそれだけじゃなくて、この腕それから肩ですね。肩の回転が入ってきて、初めて綺麗なトップを作ることができます。今回は手首の動きだけを説明しましたが、次の動画ではこの腕の動き。それから肩の動きですね。それとこの肘の動きを主にこれと今の手首の動きを当てはめながら、解説を行っていきますのでご興味ある方は引き続きご覧ください。

右手首が手の甲側に折れることを背屈と言います。逆に手のひら側に折れるの掌屈と言います。「掌」は手、手のひらという意味ですね。親指の方に折れるというのを撓屈と言います。逆に小指側の方に折れる。遠くから見るとこういうね。こういう風に小指側の方に折れるのを尺屈と言います。なので(動きで表すと)背屈、掌屈、撓屈、尺屈ですね。こういう風な用語を覚えるといじめ説明をするのに結構、自分の頭の中でも分かりやすくなりますので覚えてみてください。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓