スギプロが解説!ゴルフスイング中の右肘の使い型【動画】

ゴルフスイング中の右肘の使い方、どうすれば良いかわからない時ありますよね。・・・。昔は右肘は外側に使うとフライングエルボーとか言われますが、何が悪いのか良くわからないですよね。大事なのはスギプロ曰く内側に使うことがポイントなんだとか・・・。今回はスギプロさんが右肘の使い方を徹底解説する動画をご紹介!

ダウンスイングでは肘を外に向かって使わない。内側に使え!

みなさんこんにちわ。スギプロです。今回はですね。飛距離を出すためにとあと正確にショットを打つためにとっても重要な右の肘の使い方についてレッスンを行なっていきます。ではスイング中の右の肘の使い方です。大切なことはですね、右の肘をスイング中に外側に使わないということです。

どういうことかって言うと、スイングをしている際にできるだけ内側に内側に使っていくということですね。でこれを言うとよく勘違いするのはじゃあ先生あの〜内側を使うってことは絞るんですかっていうようなことを生徒さんによく言われますけど。これはそういう意味ではなくて、スイング中に例えばダウンスイングに入ってきた時に肘を外に向かって使わない。体に対して内側に使ってくるってことですね。

アンダースローの動きで内側に使う感覚を養う

はい、では分かりやすく説明するためにハガキをちょっと用意しました。えっと昔でいうとフリスビーですね。円盤を投げたりする動きですね。ピッチャーで言うと、アンダースローの動きとかになりますけど。例えばですね、こういったものを向こう側にむかって投げてあげるとかそういう時にですね。どういう肘の使い方をすると言うと、投げるためにまず、投げようとした時はこういう風に使うと思うんですね。肘を一旦外に動かす。

そしてこれを向こう側に投げる時は外に使ってなげることはね。投げることはできないと思うんですね。必ず肘を内側、体に対して内側に使うと思うんですね。こういって一旦外側に使ったものを内側に使ってこういう風に投げるんです。これはですね、野球でいうとピッチャーのですね。こうやって最初は肘を外に使って後ろに使ってますけど、投げるときは内側に向かって投げるかと思うんですね。自分はそんなに野球が上手じゃないのでわかんないんですけど、おそらくそういうことだと思うんですね。

パッシブトルクの動きは振り遅れる

ゴルフも一緒で向こう側に向かって投げる際は肘を外に向かって使ってクラブをこういう風にして下ろしてくる。例えばですね。これを肘をこういう風に使っておろしてくると上手に力をクラブヘッドに伝えることが結構難しいわけなんですけど、これなぜかですね。結構皆さん、常に肘が外を向いてしまってて、ここから肘をこいういう風な感じで下ろしている方がかなり多数いらっしゃいます。出来るだけ肘は内側に使っていく。こうすることでクラブヘッドに順番に力を伝えていく動きっていうのができやすくなります。これやってもらったらわかると思うけど外に使ってクラブを下ろしてくるとどうしてもここからこういう風な動きなってしまって振り遅れてしまうんです。ですので肘は必ず体に対して内側に使っていく。これとっても大切なことですね。こういったものを投げる時に外に一回こうやって動かす動きっていうのはゴルフでいうところのパッシブトルクの動きですね。

自分で付けると遠心力が効かない。結果的に肘が体の近くに入るのが良い

間違ってはいけないのはですね。内に引いて一旦外にやってここからこういう風に動かすっていうのは複雑すぎる。外に肘を使って、ここから投げるときは内側に使う、外に使って内側に使う。こういう風に使うことでスイングの力の伝わり方がとても良くなりますので必ず肘は内側に使う。外側、外側に使うのはバックスイングの上げていく時だけですね。ダウンスイングの時に体につける必要はありません。トップダウン、ここに付くのはですね。体が先に先行していくんで体の近くに右肘が入ってくる。

自分で体に付けにいくと遠心力が働きにくくなる。ですので体を回した結果、肘が体の近くに入ってくるってスイングを行っていくのが良いのではないかと思います。今回はスイング中における右の肘の使い方について解説しました。スイング中に必ず肘を内側に使っていくことでスイングのバランスと方向性、そして飛距離がからなず良くなってくるはずですので試してみてください。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓