ゴルフスイングの基本、スイング軌道ってなに?山本道場が教えるスイング論!【動画】

今回はゴルフスイングの基本、スイング軌道ついて、ゴルフTV山本道場の山本プロが徹底解説!そもそもゴルフスイングの軌道って何なのか、よくわかっていない方や日頃、疑問に思って練習場に通っている方など、是非参考にしてみて下さい。

ミスショットなぜ起こる?アウトサイドインが原因?

今回はミスショットの大きな原因の一つと言われているアウトサイドインの軌道を修正する説明をします。

まずゴルフで言われるアウトサイドインの軌道とは、トップオブスイングから切り返した時のクラブシャフトの角度が飛球線後方の角度から見て、右肩の位置よりも前に来ている状態のことを言います。

この付近をクラブシャフトが通ってしまうとインパクト直前ではボールに対して、クラブヘッドが右斜め前にからくる形になり、インパクトは左斜め後ろに抜けていきます。

この状態で打たれたボールには右回転のスピンが多くなり、スライスの大きな原因となってしまうのです。

プレイヤーはインパクト直前のクラブヘッドの動きをコントロールすることはできません。なぜなら、ゴルフスイングとは一瞬の動きだからです。

バックスイングまでが肝心!トップまでの動きを見直そう!

そのためにプレーヤーができるチェックポイントはトップオブスイングまでの動き、つまりバックスイングの動きです。

トップオブスイングまでの動き方が正しければ、切り返しでクラブシャフトが右肩を超えることは絶対にありません。

そのために行うバックスイングの練習法を伝授します。まず右手でグリップをして、その右手でクラブヘッドを感じておいてください。その時にリストを使ってクラブヘッドを左右に動かしてみると良いでしょう。

その右手で感じたクラブヘッドと右肩の動きをシンクロさせて、テークバックしてください。

その時に若干クラブヘッドの動きの方が早くても構いません。あくまで右手で感じたクラブヘッドと右肩の動きを合わせるだけで結構です。

その動きが出来たなら、鏡やビデオカメラで撮って、確認をしてみてください。アウトサイドつまりクラブシャフトが右肩の前に出る動きはなくなっているはずです。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓