分かりやすい!プロコーチの吉田一尊さんが教えるヘッドを走らせるコツ【動画】

プロコーチの吉田一尊さんが今回はヘッドを走らせるコツを徹底解説!濡れたタオルやコマ回しがヘッドスピードアップのコツと語る吉田一尊さんの解説は必見の価値あり!ヘッドの走らせ方でお悩みの方は是非、動画でヘッドが走るイメージのコツをマスターしてみてはいかが?

ヘッドが「走る」とはグリップがヘッドを追い越すということ

【解説】

みなさんこんにちわ。今回はヘッドを走らせるコツをご説明したいと思います。よくヘッドが走るっていう言葉があるんですけども、走るとどういうことかと言いますと速度がブッと速くなる感じですけども、どういうことかというとヘッドがグリップを追い越すことがヘッド走るってことなんですね。それで以前に腕を振ってはいけないという話もしたと思うんですけども腕を振ってしまうと腕がどんどん動いてくるんでヘッドが追い抜けない、なんでヘッドが走らないなんてことがおこるんですね。だからどうしても結局腕を振るスイングだと、ヘッドが走る速度が上がらないということになる訳です。

濡れタオルやコマ回しの感覚がヘッドを走らせる感覚につながる

【解説】

以前も説明したことあるんですけども、そういったことを詳しく説明していくと一番わかりやすい操作としてあるのが、例えば濡れたタオルがあります。濡れたタオルをピシッとやるとそのタオルがギュッと加速して痛い、なんて遊びをお風呂場でやったことがあると思うんです。あとはコマ回しですね。コマを投げて最後にちょっとギュッと引きますよね。そうすることでコマが加速して早く回転する。それら全ての動作っていうのが、左方向に対して力を加えたものを最後に引く動作が生まれると、結果的に引いた瞬間、または追い抜いた瞬間に加速して速度が速くなるんですね。それで実際のゴルフスイングもそれと同じ動作をすると、ヘッドが走って加速しやすいです。で、どうするかというと、ゴルフクラブはちょっと重さがあるし、長さもあるので手首だけでやってしまうと手首痛めてしまう可能性があります。なので、身体全体を使ってそのタオルを回すような、コマ回しをするような動作をするんですね。

体が左にいって戻る、この感覚を覚えることでヘッドは走る!

【解説】

具体的にどういうことかといいますと、まずバックスイングが上がって、身体全体で左に引っ張る。それで最後にコマを引っ張るような動作と一緒で体が一瞬右に戻る。そうすることによってヘッドが追い越すんですね。ではここで一度打ってみたいと思います。体が左にいって戻る、そうすると、手の力を全然使ってなくても、勝手に体が戻った瞬間にヘッドが追い越すんですね。この感覚を身につけていただくとヘッドを走らせることに腕の力は全然必要なくなるという感覚が分かってくるんですね。それを全然クラブを握ってなくても体の動きひとつで追い越すことができる。なので、腕をローテーションで返すんではなく自分が戻ることで結果的にヘッドが返る。これもいつもお話ししている踏み込みの動作にも繋がるんですけどもバックスイングが上がって、体が左に行って戻る。その体が左に行く動作っていうのが、踏み込む動作、さらに足を蹴ることによって、左肩が上に上がる。その時にほんの少しだけ逆方向に蹴り返すことができれば、体が右に戻る動きが生まれて結果的にヘッドが走る。ヘッドを走らせると腕を使って走らせるんではなくて体が左に行って右に戻るだけ。その動きで勝手にヘッドが走る。そして、走ることによってクラブを追い越すことで勝手にローテーションが起きる。そうすると、腕を返すっていう作業を考える必要がなく結果的にローテーションしてくるんですよ。

ローテーションは重要!手の動きではなく体の動きで角度をコントロールしよう!

【解説】

ローテーションという動作は非常に大事なんですけども、意識してやってしまうとどのタイミングでどれぐらい返すかってことがなかなか自分ではコントロールができないんですね。それが体の動きで勝手に返るようにすれば、その返った時の角度によって打ち出しが多少に変わる。のであれば、握り方を変えることやバックスイングのフェイスのトップの位置のフェース面の角度を調節する。なのでスイングのダウンスイング以外の部分で調整した方がスイングは簡単になるんですね。なのでインパクト付近に関していうと、このローテーションに関する意識はなるべく持ちたくない。勝手に帰れというのが理想的な状態なんですね。そのためにも、この体が左に行って帰る左に行って帰るという動作を繰り返すことによって自然とヘッドが走る動作が覚えれると思います。この道を試していただければ本当に感覚的な部分で大きく変わってくるんです。この感覚は一度覚えると忘れないと思います。自転車乗ったらもうそれそれ以降ずっと忘れませんよね。それと同じですのでまずは感覚を覚えることだと思いますので是非試してみてください。

詳しい内容が知りたい方は画像をタッチで動画をチェック!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓