ゴルフスイングの右肘の絞り過ぎに注意!吉田直樹プロが教えるバックスイング時の右肘の使い方【動画】

今回はゴルフスイングの右肘の絞り過ぎの危険性についてティーチングプロの吉田直樹プロが解説!テークバックで右肘を絞るとダウンスイングの切り返しでスティープに入ってきやすく、フェースが開いて当たりやすいんだとか。興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

右肘は右のポケットの真上または少し中にあればいい

こんにちわ。ティーチングプロの吉田直樹です。今回はトップでの右肘の位置についてもう少し詳しく説明したいと思います。

右肘はですね。前も話ししたと思いますけども、この右のポケットの真上または少し中にあればいいです。あまりこのようにむしろに外れてしまいますと切り返しで右肘が体の後ろに回ってしまいますので右のポケットの真上かちょっと中に入れるようにして下さい。

その時にですね。それを過剰にしてしまいまして右肘をこうやって中に絞りすぎてしまう方もおられます。結構、これでしたら右のポケットよりもかなり前になりますね。こういう風になってしまいますと左脇が過剰に空いてしまいまして、ここからダウンスイングの時に逆に右肘が入らずに外にこうやって開いてしまう方がおられます。

そうなりますと、切り返しでクラブはシャローにこういう風にならずにスティープにこういった形になってしまいますのでダウンスイングの切り返しでスティープになると、後半で後ろに倒れてまたいつものように手を返す。

またフェースが開いて当たってしまいます。ですので右肘があまり絞りすぎて中に入れすぎないことも大切です。

右肘の位置は適度に少しスペースがあると綺麗に切り返しが入る

ここから切り返しで右肘が体の中に入っていったとしても正面から見た場合、このようにここでは一見よく見えるのですが、切り返し直後でこうやって右肩が落ちやすくなります。

ですので右肘の位置というのは適度に少しスペースがあるようにしましょう。そうしますと空いてたところから綺麗に切り返しで入ってきます。

あまり閉めてきますとこのようにテイクバックから閉めて中に入れるとで手が浮いて、クラブがインサイドに入って、右肘を閉めすぎてこのようなフラットなテイクバックの途中の形になってしまい、レイドオフにしようと思って最後にはクロスするという風な形になりやすいです。

ですので右肘ははこの側面から出ないように気をつけて手をなか、ヘッドを外でテークバックして、そこからこのような形であげてください。

初期動作が大事、右肘を絞って外旋させないように!

初期に右肘を絞ってこのように外旋しないようにしましょう。そこで初からテークバック初期から右の肘がですね。このように前腕も外旋し始めるとこういった形にフラットになりすぎます。そうしますと結果、このようにシャフトが寝過ぎてしまって切り返しで立つような動きになりやすいんですね。

右肘をある程度柔らかくしてそしてこの胸骨から手の距離を保ったままトップまで言ってもらえればいいかと思います。あまり窮屈にこのような形で絞らないように気をつけましょう。

それだけでも切り返しがシャローになってくると思いますし、右肘や右肩が落ちずに切り返せると思いますので自分のトップがどうなっているのか、なんか絞りすぎていないのが、適度な角度を保てているのか、チェックしてみてください。

ご視聴ありがとうございました。 

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓